ソリッドボディって重いんですw

ソリッドボディのエレキ・ギターってね・・・とぉー・・・っても、重いんですよ(^^;)

そりゃそうですよね~、あれだけの容量を持つ「木の塊り」なんですからw
しかも「そんじょそこらの木」じゃない・・・「銘木」と呼ばれる材質ですからね!

ギターの材になるような木材は、目が詰まってて、ものすごく硬いんですよ。
目が詰まってる、ということは「重い」ってことです。

代表的なところをちょこっと紹介すると・・・


◆メイプル◆
Fenderギターのネックや、レスポールのトップ材。
ホントに硬くて重いですw
だから、普通はギターの一部にしか使われません。
もしギター全体をこの材で作ったら・・・・・人間に扱えるものではなくなるで
しょう(爆)
響きはその硬さゆえ、シャキッとした高音域が強調されたものになります。
この材にはいろんな仲間がおりまして・・・
「バーズアイ・メイプル」=その名のとおり「鳥の目」のような杢目が入って
るもので、通常のメイプルよりさらに硬くギターの材としては高級品です。
もひとつ「カーリー・メイプル」=一般には「トラ杢」と言われてますが、この
模様(?)は木としての杢目とは違う方向に入っているものでヴィンテージ・
レスポールのトップで超有名(^^)

◆マホガニー◆
なかでも”ホンジュラス”マホガニーは高級品、最近じゃなかなか手に入り
ません。
主にGibsonギターのボディやネックによく使われています。
メイプルより、ちょと柔らかくて軽め(といっても重いですがww)
だもんで、響きも少しウォームな感じ。
ハムバッカーには一番合っている材ですね。
同じようにボディ材に使っても、レスポールはバックがマホガニー、トップ
がメイプルという複合構成になっているため、SGのような全部マホガニー
のギターに比べたら音の粒が立っている印象を受けます。

◆アッシュ◆
これも比較的軽めの材なので、Fenderギターのボディによく用いられて
います。
綺麗な杢目を持っているのでクリア塗装のボディではその美しさが発揮
されます。

◆ローズウッド◆
メイプルと並び、硬くて重い材です。
ほとんどは指板に使われる程度ですが、Fenderは全てこの材を使った
テレキャスターを作ったことがあります。
サスガにソリッドボディにすると重すぎたのか、セミソリッド構造でしたがw

◆エボニー◆
和名を「黒檀」といいます(ローズウッドは「紫檀」)。
「黒檀」と言っちゃうと日本人はお仏壇を思い浮かべてしまうので、皆さんは
「エボニー」と言ってあげてくださいww
ローズウッドよりさらに硬くて重い・・・まるで指板になるために生まれて来た
様な材なのです。


ま、他にもバスウッドやらスプルースやら・・・ギターには様々な材が使われ
ていますがヴィンテージものには上記のような材が多いです。
「トラ目の入った、59年のレスポール・スタンダードを持っている」と言ったら
ミュージシャン仲間からうらやましがられます・・・たぶん(爆)
[PR]

by shika_monologue | 2006-05-28 00:07 | 音楽・楽器の話 | Comments(12)

Commented by tomoshi-bi at 2006-05-28 09:40
学生時代に、友人の家で初めてエレキ・ギターなるものに触らせてもらったとき、予想外の重さに驚いたことがあります。中に何か入っているんじゃないかと思ったりもしたのですが、あれは木の重さだったんですね。でも、木っていうのが、あんなに重いというのも意外な気がします。
Commented by かんくん at 2006-05-28 19:10 x
考えてみれば、高い家具は良い木材が使われていてすごく重いですよね。通販で買った組み立て式の合板家具のつもりで持ち上げると、間違いなく腰を痛めます(笑)

エレキの場合はボディが思った以上に厚いということも、重さに拍車をかけていますね。座って弾くぶんには問題はないのですが、ストラップをかけて立っての演奏は、肩に予想以上に食い込みます。慣れの問題でもあるので、肩を鍛えるためにもw、立って弾く練習もしておいたほうがいいとまで言われます(^^;
Commented by tomoshi-bi at 2006-05-28 19:32
ジミ・ヘンとかが、ネックを持ってエレキ・ギターを振り回し、挙げ句にステージに叩き付けたりとかしていますが、考えたらあれはすごい力が要るんですよね。^^;
Commented by かんくん at 2006-05-28 20:10 x
クソ重くてやってらんね~ぜ! って投げたわけではないはずですが(爆)

彼のストラトはね、軽いほうですよ。ボディの肘やお腹のあたるところが斜めに削られていたり、ビブラートのためのアームのついたブリッジを載せるために、ボディ裏にスプリングを収納する大きな穴が開けられていたり、材自体の体積が小さいんです。何よりも、材の中では軽いほうとされるアルダーやアッシュが使われていたので軽々と放り投げることが出来たのでしょうね。

リッチーもよく投げたそうですが、壊れたギターでいいから俺にくれ、って何度思ったことか(笑)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-05-28 21:21 x
でも・・・リッチーが投げたギターのヘッドに「何も書かれていなかった」のを
見たことがある・・・(爆)
Commented by tomoshi-bi at 2006-05-28 21:33
リッチーって、「リッチー・もっと黒く」さんですよね? 昔、渋谷陽一さんが FM で言ってましたが、渋谷さんが深紫だったか虹だったかのライヴに言ったときの話です。渋谷さんの席はかなり前で、しかも端っこの方だったとのこと。リッチーがノリノリ状態でステージ端に置いてあったスピーカーの裏の方に行ってしまったらしいのですが、渋谷さんの位置からは、スピーカーの陰に隠れて大きなアクビをしている彼の姿がよ~く見えたとか・・・。^^;
Commented by かんくん at 2006-05-28 22:02 x
う~ん、いかにも興行って感じ(笑) ツアーも、こなれてくると中だるみになっていくものなのかもしれません(^^ゞ

最近ラジオを聴く機会はめっきり減りましたが、渋谷さん、まだやってますかね? こないだBSだったかな? ビートルズ解散後の4人の活動をMTV絡めて紹介する番組に、松村さんと出てたのを見て、お~ひさしぶり~、って思いましたよ。渋谷さん、収録スタジオで後姿ばかりでしたけどね(^^ゞ
Commented by かんくん at 2006-05-28 22:04 x
壊れてても、無印ストラトでも、もっと黒くさんが弾いたギターなら・・・ (゚⊿゚)イラネ (爆)
Commented by shika_monologue at 2006-05-28 23:56
ともしびさんにこんなことは釈迦に説法でしょうけど、紙の重なりである
本でもある程度の冊数になると重いですよね。
それが木の塊りともなると・・・・・けっこうなもんなんですよ(^^;)
Commented by tomoshi-bi at 2006-05-29 00:07
あぁ、なるほど! 本を例にして頂くと、実感として非常~に良く分かりました。正に、腑に落ちた感じがします。^^
Commented by tomoshi-bi at 2006-05-29 00:22
> 渋谷さん、まだやってますかね? 
私も、あまり FM は聞かなくなりました。最近のラジオでかかっている流行の音楽に付いていけないんですよね。^^; 上に書いた渋谷さんの件は、相当昔の話です。今もまだやっておられるのかどうかは良く知りません。^^;
Commented by かんくん at 2006-05-29 00:34 x
ですよね~、確かオイラ高校生くらいだったと思いますもん。最終回は渋谷氏らしく、ヘビーにZEPPでしたよね♪ 彼が紹介するアーティストは聴くべきだ!とけっこう貪欲に受け入れてた時期でもあります(^^ゞ 創刊時のロッキング・オンもしばらく読みつづけてますた。FMを離れてからですね、自分の本当に好きなアーティストを探し始めたのは。同時にトレンドもわからなくなりましたが(爆)

今でもどこかでやってるならたぶん聴いちゃうな。でも部屋にステレオはおろかラジカセもないしなぁww つ~か、みんなFMって今の時代、なにで聴いてるんでしょ? クルマってのは無しよ(^^ゞ
名前
URL
削除用パスワード