”TELECASTER”のヴァリエーション

バインディング等については、かんさんち「補完」を参照してくださいね(^^)


1950年に誕生したテレキャスターは、現在もその形を変えずに存在していますが
50年以上も変わらないものって楽器くらいじゃないでしょうかね。
たとえばもっと歴史の古いヴァイオリンなんかも、誕生以来普遍なわけで・・・

とはいっても、そこは信長時代の人生より永い歴史を持つテレキャスター。
そのあいだには様々なヴァリエーションのものが登場しています。


◆THINLINE◆
「スィンライン」と読みます。
「Thin」とは「薄い」という意味ですが、このモデルは「薄い板」によって作られた
テレキャスター、すなわちボディ内が空洞になっているものです。
そのため重量も軽くなり、ソリッド・ギターでは比較的軽いテレキャスターの中に
あって、さらに扱いやすくなってるんですね。
さらにこの「THINLINE」には2タイプあって、普通のテレキャスターと同じシングル
コイル・ピックアップを搭載したものと、ハムバッキング・ピックアップを搭載した
ものがあります。

d0021258_22412026.jpg

d0021258_22415074.jpg

構造的には「箱鳴り」が生じるのでハムバッキングのほうがしっくりくるかもしれま
せんが、そこはやはりテレキャスター・・・できればシングルコイルを使ってみたい
ですね。

◆CUSTOM◆
本来、テレキャスターのコントロールは、ピックアップ・セレクター/マスタートーン/
マスターヴォリウムの3つだけですが、このモデルはレスポールなどと同様に、
フロント・リアの各ピックアップに対応したヴォリウムとトーンを備えています。
さらにフロントピックアップにハムバッカーを使用。
当時、人気のあったレスポールやSGの回路をテレキャスターで実現しようとした
結果生まれたモデルと言えるのかもしれません(コントロールの配置も似てます)
レギュラーのテレキャスターと、下のデラックスの中間的なモデルですね。

d0021258_22421457.jpg


◆DELUXE◆
カスタムと同様、こちらはリア・ピックアップにもハムバッキングが使われています。
より、Gibsonギターに近い回路になっていますね。
ちなみに、このデラックス・・・これだけ他のモデルとヘッドの形が違います。
これはストラトキャスター(後日登場)の”ラージヘッド”と呼ばれるタイプのネックが
使用されているためで、アッセンブルの比較的自由なFenderギターならではの組み
合わせといえるのかもしれません。

d0021258_22424683.jpg

Fenderのハムバッキング・ピックアップはGibsonのそれと違い、ポールピース(注1)
が低音弦と高音弦で分かれて見えています。
さらにマウントも4点止めのため弦に対する角度の調整がしやすいんですね。
これはハムバッキングとしては後出のため、Gibsonに対抗したものと思われます。

◆ROSEWOOD FINGERBORD◆
前にも書きましたが、Fenderギターといえばメイプル指板がトレードマークのように
なっていますが、年代によってはローズウッドを使用したものがあります。

d0021258_22432489.jpg


◆その他◆
他には特殊なペイントを施した「ペイズリー」や「ブルーフラワー」(青い花柄w)、

d0021258_1144846.jpg

d0021258_115298.jpg

ギター全部をローズウッドで作成した「オール・ローズ」、Fenderギターには珍しい
バインディング(注2)を施したもの、などなど。
これだけの歴史があるとけっこう変り種も存在したりします。
ここでは全ては紹介しきれないので、またまたご自分で検索お願いしますね(爆)


(注1)ピックアップの表面に出ている、ネジによって弦までの間隔を調整するた
めのパーツ。
カスタムやデラックスのピックアップで3つづつ並んでいるのがソレ。

(注2)ボディの角のところに、材を貼り合せた部分を隠すために取りつけられた
セルロイドの薄い板、元来ワンピース構造のFenderギターには無意味なんです
けどねww

[PR]

by shika_monologue | 2006-05-31 00:06 | 音楽・楽器の話 | Comments(11)

Commented by かんくん at 2006-05-31 07:04 x
やはりバリエーションで来ましたネ? ( ̄ー ̄)ニヤリ が、オイラのいちばん欲しいセルバインディングの写真がない~! ってことで、今日も補完予定(笑)

ペイズリーなんかは、むかし初めて見たときはサイケでキモッ!とか思ってたけど、今見ると青いのなんて逆に今風というか、おしゃれ。カスタムといえば、それはもうテレキャスのドン、ご存知キース・リチャードのモデルなわけです。

そういえばフェンダーのハムPUって、ギブソンのと比べてなにかわかりやすい音の特徴ってあるんですか? ←フェンダータイプはシングルPUしか触ったことがない人w
Commented by かんくん at 2006-05-31 09:01 x
補完しぅりょうw ふう(^^ゞ でも楽しい(笑)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-05-31 21:24 x
↑お疲れ様~♪(^0^)
Commented by secretary-a at 2006-05-31 22:26
またまた素朴なギモンですが。
サウスポーの鹿さんはギターも逆にお持ちになるんでしょうか。
それとも、他の方と同じように一般的な持ち方ですか?
Commented by 奈良の鹿 at 2006-05-31 22:47 x
えー、左利きの私ですが、右でしか使えないものが4つあります。
お箸、ハサミ、毛筆、そしてギターです(^^)

他の三つはどうでもいいですが(笑)ギターに関しては・・・
兄貴がフォークギターを持ってまして、それで練習したから右利き用
だったんですね。
Commented by 奈良の鹿 at 2006-05-31 22:49 x
かんさん>

GibsonのもFenderのも、音的にはそんなに違わないと思いますよ。
同じメーカーの同じモデルでも微妙にキャラクターが違うこともあるし
その範囲内かと。
Commented by かんくん at 2006-06-01 06:38 x
そか~。基本は、高出力で中域に特徴があるというハムバッカーなわけですものね♪ てゆ~か!左利きだったっけ?ww レフトハンドモデルを練習してほしかったとも思いますがw、利き手を指運に使うわけですから、逆に上達も早かったのでは?と推察します。てゆ~か!(くどいw) 箸もペンも右手なのに、左利き、なの?(爆)
Commented by かんくん at 2006-06-01 06:41 x
ん? ペンではなくて、毛筆に限る、の? (-_-; ワケワカメ
Commented by 奈良の鹿 at 2006-06-03 01:59 x
毛筆の毛先の角度は左手では無理なのさww
Commented by 秘書A at 2006-06-03 11:17 x
半分だけ左利きの秘書Aです。
かゆい場所をかく時の微妙な感覚と力の入れ具合は、左指でないとダメです。
鹿さんは、かゆい時はどちらの手ですか? 笑
Commented by 奈良の鹿(仕事ちう) at 2006-06-03 12:37 x
お茶碗を持つほうだよっ!(^0^) ←右利き用w
名前
URL
削除用パスワード