Fender、いろいろ

「Telecaster」と「Stratocaster」という二枚看板があまりに有名な Fender ではございますが
60年代当時、それらは普及版ギター。

実はもっと上位機種に当たるものがあったのでございます(^^)


皆さん、「Stratocaster」のシェイプを覚えてるでしょうか?
ボディのクビレの部分の位置にご注目ください。
6弦側と1弦側は同じ位置にありますよね。
(もし、位置が違って見えたら、明日は眼科に行ってくださいねw)

これに対して上位機種である「Jaguar」や「Jazzmaster」という機種は、位置がズレてまして
「オフセット・コンターボディ」と呼ばれていました。
今見れば絶対に「Stratocaster]のシェイプのほうがカコいいと思うんですが(笑)、当時は
なぜかズレてるほうが高級だったんですね。

この関係はFender社のベースにも見られますが、それはまた後日ww


では、今でもマニアックなファンが多いこれらのギターを見てみましょう♪

◆Jaguar◆

d0021258_22354796.jpg

d0021258_2236739.jpg

このギターはFenderにしては珍しくミディアム・スケールを持っています。
ようするにGibsonギターと同じスケールです(注1)
トレモロ・ユニットは「Stratocaster」のソレと違い「フローティング・トレモロ」という構造になっ
ていて「弦」と「スプリング」で保持する原理は同じものですが、構成方法は全く異なります。
(注2・・・・は、かんさんにお任せしようww)
ピックアップ・セレクターはトグルSWではなく、3つのスライドSWですがコレでスピーディな
切り替えって出来たのかな?というのが正直な感想ですね。
また他にトーン・プリセットSWなるものが付いていて、けっこう多彩な音作りができました。

◆Jazzmaster◆

d0021258_22362946.jpg

d0021258_22365132.jpg

当時の最上位機種である「Jazzmaster」は他のFenderギターと違って幅が広いピックアップ
が搭載されています。
どちらかといえばGinsonのソープバーに近い形状・・・FenderもまたGibsonを意識していた・・
という証拠でしょうかね。
スケールは「Stratocaster」などと同じロング・スケール。
他のパーツ類は「Jaguar」と共通ですね。

◆Mustang◆

d0021258_22371411.jpg

d0021258_22373618.jpg

「Char」こと、竹中尚人氏の使用で有名な「Mustang」。
他のFenderギターに比べたら小振りなボディでスケールもムディアム。
トレモロは「シンクロナイズド」でも「フローティング」でもない・・・名前忘れた(笑)
これもボディのクビレは「オフセット」されてますし、ピックアップ・セレクターもスライドSW。
明らかに上位2機種の流れを汲んでますね。
(その証拠に少し前、「Jaguar」だったか、「Jazzmaster」だったかと融合した機種が発売さ
れましたw)
70年代にはボディに写真のようなストライプが入ったものも登場しました。

d0021258_22375714.jpg


◆Electric XII◆

d0021258_22381660.jpg

「天国への階段」といえば、Gibsonの「EDS-1275」・・・というのは、ライブでのお話。
6弦と12弦の音が混在するこの曲では、ライブで持ち替えているヒマがあるはずもなく、
必要に迫られて「Wネック」を使用していましたが、もともとスタジオ録音時は別々に録音
されているため、パート毎にギターを替えています。
で、「Electric XII」か、リッケンバッカーの12弦を使っている、ということですが、もともとは
「Telecaster」の音が好きだったペイジのこと、この「Fender Electric XII」を使用したという
のが通説になってます。
「Wネック」に比べたら一本のギターとしての完成度は明らかにコチラが上。
バランスもいいですしね(^^)


こんなふうに Fender という会社はけっこう面白い楽器をいっぱい作ってるんですよね。
「エレクトリック・マンドリン」とか・・・ww
それらはまた・・・「マニアック」でありながら、楽器として完成された名品でもあるんです♪


最後にオマケ・・・

コレは50年代のFender社のカレンダー・・・・・なんで、裸の女性がいるんだ?(爆)

d0021258_22385596.jpg



(注1)
スケール、というのはギターにおける有効弦長。
Fenderのソレは、Gibsonの一般的なスケールより長めなんですね。
それでもやはり例外というのはありまして、今回の「Jaguar」や「Mustang」のようにFender
でも「ミディアム」のものもありますし、Gibsonでも「Hummingbird」のように「ロング」のもの
もあります。
しかし私のように、指が短いうえにFenderのような長いスケールだと、リフが辛いのですw

[PR]

by shika_monologue | 2006-06-13 00:01 | 音楽・楽器の話 | Comments(1)

Commented by かんくん at 2006-06-13 19:32 x
ムスタングはダイナミック・ビブラートだよん♪ 調べたけど仕組みはいまいちよくわからなかった(^^ゞ 滑らかなアーミングがポイントとか書いてあったけど、シンクロナイズドに比べるとぜんぜんかかりが悪くって、ムチャクチャ動かさなければならないらしい。で、チューニングは思いっきり狂う、と(爆) ジャズマスターらのシステムはいつか特集するね!

べるさん、gooへいらっさい。いっぱい絵文字で荒らしてあげまつ( ̄ー ̄)v
名前
URL
削除用パスワード