私的・女性ヴォーカリストの系譜

先日いろんな女性アーティストについて名前があがってましたが、皆さん
サスガに渋いところを聴いてるな~と感心しきりw

そのときも書きましたがカーリー・サイモンの「うつろな愛」やカーラ・ボノフ
の「ウォーク・イン・ザ・ルーム」など、今でも好きな曲は数多くあります。

実際、女性ブォーカリストってソールフルな人がけっこう多くて長いバンド
活動の中には女の子をブォーカルに迎えて曲を演奏ったりしました。
(実は今もジャニスを演奏ろうという計画が浮上しているw)

でね、上記の二人以外にもお気に入りが何人かいますんでそんな方々を。


まずはやはり女性ブォーカリストといえばこの方は外せないので(^^ゞ

若くしてこの世を去ってしまったことが未だに悔やまれますが、その声は
魂に満ち溢れ聴くものにダイレクトに伝わってきました。
昔ね、日本の演歌歌手がよく「○○のブルース」ってやってたでしょw?
幼いながらも「どのへんがブルースやねん!」とツッコミを入れてたんです
けど要因はこのへんにあるのかもしれません(^^)
たしかに演歌って日本のBLUESなのかも知れませんが「演歌は演歌」、
別物ですw
「MOVEOVER」なんかのイントロを聴くと今でも鳥肌が立ちます♪

ではお次です。

エルトン・ジョンの秘蔵っ子としてデビューアルバムが大ヒットしたこの方。
「The Kick Inside」って最初出たときはケイトの顔がアップでドーンと載って
たんですが、今はこんなジャケットになってたんですね、知りませんでした。
初版のジャケットのほうがなんか迫力あって好きなんですが、このアルバム
に収録されている曲は今もいろんなCMや番組に使われて既にスタンダード
になってますね(^^)
この方の声は独特なハリというか、上のほうから突き刺さってくるような・・・
それでいて心地いいような不思議な魅力がありました。

最後はこの方w

同時期にデビューしたマドンナと比較されることの多かったシンディですが
私はあちらは好きになれなかったです。
この人はデビューも遅くこのアルバム出したときはけっこういい歳だったん
ですがw、そんなの関係無いくらいに元気にブッとんだ感じが好きですね。
デビュー曲の「ニューヨークはダンステリア」(なんでアノ原題がこうなる?w)
を初め、「タイム・アフター・タイム」や「トゥルー・カラーズ」など心に響く曲も
多くその見た目とは裏腹に実力派シンガーです(^^)
日本でのライブで演奏った「トゥルー・カラーズ」は今でも目に浮かびます。


この「私的・○○○の系譜」シリーズ、たぶん続きますw


【こぼれ話】
この他にのハートやジェファーソン・エアプレーンといった女性ブォーカルを
フューチャーしたバンドにもお気に入りはいっぱいあります。
日本だと前回の話に出てきたカルメン・マキ&Ozやチャクラといったバンド
も好きだしサディスティック・ミカ・バンドも好きです♪
(しかし、よく臆面もなく↑このバンド名つけたもんだな~w)
[PR]

by shika_monologue | 2005-04-27 00:41 | 音楽・楽器の話 | Comments(15)

Commented by かんくん at 2005-04-27 01:47 x
こりゃまた渋い!(・∀・) 確かに演歌で言うブルースはBluesぢゃないねw タイム・アフター・タイムを後にマイルスがカバーしてたのは、やっぱ彼女の影響力が大きかったんだな~と実感。ハートは荒削りな感じがカコイイ!そそ、1人目の人は名前知らないので教えていただけます?

最近気になってたまに聴くのは、だいぶ趣向は違うけどビョーク(^^ゞ あの年齢不明ないでたちと、搾り出すように歌う声、歌姫というよりイタコ?(爆) でも妙にハマる。サウンドはシンセが主なんでバンドではないんですが、モノによっては超ヘビ~で(・∀・)イイ!!
Commented by 奈良の鹿 at 2005-04-27 01:51 x
ホンマやっ!ジャケに名前書いてないっ!w

一人目はね、かの有名なw ジャニス・ジョプリン です(^^)
この人も麻薬で逝っちゃった方の一人ですね、誠に惜しいです。

ビョーク、子供にも見えるし、おばさんにも見えるし・・・不思議な方ですねw
Commented by かんくん at 2005-04-27 01:55 x
爆!それならわかる(^^ゞ 一度ちゃんと聴いてみたかった人でつ♪
Commented by かんくん at 2005-04-27 06:21 x
吉田美和さんと、ひととよーさんを忘れちゃダメダメw あとジャンルちょっと違うけど「涙そうそう」歌ってた人(思い出せないw) 沁みる。

逆にすんげーベテランだけど、ウマいとは思わない人。美○憲一、和田ア○コ、など。(ヤバヤバw)
Commented by 奈良の鹿 at 2005-04-27 06:40 x
↑夏川りみ だよ~ん♪ 私ゃ大好きなのさっ!(^0^)

日本人が歌って一番上手く聴こえるのはやっぱり日本語の歌やねw
歌ってね・・・ていうか音楽って「上手い」と「いい」は別物だとおもうのね(^^)
                        ↑なんかの布石なのかっ!w
Commented by かんくん at 2005-04-27 07:00 x
そーそー!(≧○≦) いーよねー! 別物ってオイラなりの解釈で言わせてもらうとあれだな、ユーミンや中島みゆきや矢野顕子みたいな個性派と、岩崎ひろみや吉田美和や夏川りみのような正統派、だな。え?違う?(^^ゞ
Commented by かんくん at 2005-04-27 07:15 x
SHUREといえば!ボーカルマイクの58ってまだ現役? >鹿サン 今はカラオケ屋さん行ってもワイヤレスだしな~。あと汎用で57も有名だったですよね。SHURE以外ならゼンハウザーとかAKG(←当時うちらでは「アカギ」で通ってたw)とか。懐かしいな~またこれだけでスレ立つな~w
Commented by 奈良の鹿 at 2005-04-27 07:23 x
この分野はこのカテゴリで大丈夫そうだな・・・よかった、増やす必要なくてw
58ってハンドマイクじゃなくて昔ながらのアノ形のヤツでしたっけ?
いつの世もいいものは残るんで今でもあるかもしれないですね(^^)
ワイヤレスも音質劣化しないからイイコトはイイんだけど、なんか味気ないよねw
Commented by かんくん at 2005-04-27 07:54 x
そーそー、シールドに脚を引っ掛けて転ぶこともできない(爆) や、ガイコツじゃなくて普通の。丸いメッシュのカバーで、よく唇が感電するヤツ(笑) キャノンコードならではのボーカリストのステージアクションって特にないけどw、マイクスタンドは、クルクル回すわギターに見立てて構えるわといろいろあって見ていて楽しいよねw あ、あった、コードのほう持ってマイク振り回すの(^^ゞ
Commented by 奈良の鹿 at 2005-04-27 08:03 x
↑で、コード伸ばしすぎて床に当たって「ガゴーーーーーーンッ!!」てw
それでミキサーさんに怒られたヴォーカリストをいっぱい知ってる(爆)

58ってあれだったか(←感電で思い出すあたり・・・w)
ヴォーカルマイクにしても、ギターにしても、シールドが拾うナチュラルノイズっての?
アレがけっこういいエフェクトになったりしてたよね(^^)
なんでもかんでもクリアなのがベストなわけじゃない!ってのが正直なトコロw
Commented by かんくん at 2005-04-27 08:15 x
わははは!はいはい! ですよね、レコーディングとかならともかく、ステージではハウリングとかハムノイズも、それはそれで味ってもんですw
Commented by 奈良の鹿 at 2005-04-27 12:51 x
CDになったとき、全部買いなおしたもんね(T-T)
Commented by かんくん at 2005-04-27 19:03 x
うんうん(^^ゞ SHUREってオイラもカートリッジのメーカーって認識が最初だったす。よくは知らないけど、MMとMCってあったよね。アンプにも切り替えスイッチがあったなあ。電圧とかが違うんでしたっけ?
Commented by shika_monologue at 2005-04-28 04:19
マグネットとコア?だったかな、どっちかはトランスが必要なんですよね。
切り替えスイッチのあるアンプにはこのトランスが内臓されてたようですが
私は昔のセパレート型の「ステレオ」だったためw、そこまで拘らなかったな(^^;)
Commented by かんくん at 2005-04-28 07:07 x
オイラも実家にあったチューナーともいっしょになった、なんつったかな、レシーバー?だったんで、たぶんMM専用だったと思う。電気屋さんでカタログ集めては妄想に浸る少年ですた(^^ゞ 結局自分専用のマシンはモノラルのテレコだったんだよねw で、FMのエアチェックにハマる、と。
名前
URL
削除用パスワード