違うんですよ・・・

動かない」と「動けない」は、同じようでも違うんですよ。

ほとんどの「金縛り」は「動かない」ものだと思います。
例の「入眠時なんとか」ってヤツですね。

これは、ただ動かないだけ・・・その他の要素はありません。
呼吸も普通に出来るし、別に苦しくも無い。
しかしホントに「動かない」んで、体験者は焦ります。
寝る前にコワい話なんか読んだ日にゃ、なおさらです(笑)
そうすると、いつも見慣れてている天井の節穴までが不気味に見えてきますよね。
で、そのまままた眠りに入ってしまうことが多いんです。

この「動かない」金縛りをそういった不思議なことに結びつけるのは大体が後付け
によるものです。
誰でも一つや二つはそういった思い当たる節があるので、強引にそれに関連付け
ようとするのです。
たぶん、十中八九は思い込み・・・ですね(^^;)


ところが中にはそうでないもの・・・「動けない」金縛りがあります。
それが、出先のホテルや普段の生活の場ではないところで起こるとコワいですよね。

でもホントにコワいのは日常生活の場・・・自分の部屋なんかで起こることです。
自分はそこを拠点に活動しているわけで、逃げられるものではないんですから。

この「動けない」金縛りの場合、苦しいんですよ。
息ができない・・・からだの一部が、ときには全身が異常に重い・・・
ときにはその重さの原因が見えたりします。

それはただ黒い塊りであったり、明らかに人間の形をしていたり。
知った顔であることも・・・

こうなると「心当たり」どころでは済まなくなりますよね。
ですが、そんなときほど「思い当たること」がない・・・これはマジでコワいですよw
また、この場合「起きたまま」金縛りが解けることがほとんどです。
何かの瞬間にフと黒い影が消え、体が動くようになります。

「動けない」とは「全く」ではなく、「思うように」なんですね。
だから多少はジタバタできるもんなんです。
そのジタバタがきっかけとなって金縛りが解ける・・・ささやかな抵抗ですが(^^;)
できることはそれだけ。

皆さんもそんなときは、できるだけジタバタしてくださいね(笑)

d0021258_024182.jpg

[PR]

by shika_monologue | 2006-06-25 00:03 | 怪異の話 | Comments(6)

Commented by wall at 2006-06-25 17:37 x
「金縛り」も「霊感」も何も経験した事がないのです(^^;)
昔、夜中、来たっ~!っておもったら足がこむら返りしてたんです....(^^;) 
一度は経験してみたいものやら・・・・ 
でもマジで、自分の顔のすぐ横に、人の顔がへばり付いてたりとかあるんでしょ!?(^^;)
Commented by かんくん at 2006-06-25 18:37 x
オイラもないんですよね。どちらも経験したくないです(笑)
カラダが疲れているときになりやすいって聞いた気がしますがホントすか?
(エッチングのツェッペリン号、(・∀・)イイ!!)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-06-25 20:19 x
wallさん>
本来焦点が合うはずもないくらい近距離にある顔のディテールが全て
くっきり解かったりする事があります。
中には息遣いまではっきりとね・・・(^^;)

かんさん>
それは「動かない」ほうですね(^^)
逆に脳だけが眠らないことが多いのでよく聞きます。
(LZ-127・・・いつか買いたいと思ってるんですがww)
Commented by secretary-a at 2006-06-25 23:11
おじいさんの咳払い、いびき、キッチンから歩いて来る音は経験ありますが(汗)、金縛りは未だに経験ありません。
めったなことでは起きませんので、気付かないだけかしら。。
近距離で息づかいは怖いですね。
Commented by JAM at 2006-06-26 18:40 x
子供の頃から何回も金縛りにはあっているので怖くないもんっ!(ぶりっ)
昨夜もなりました。気合で金縛りからの復帰も自由自在ですよw。
体力使うけどね・・・・。

どうやら脳が起きている(と言っても見えている「視覚情報」は脳内での想像みたい)状態で身体は就寝状態だと金縛りになるみたいですね(経験上)
腹筋背筋に力を入れて「いきむ」様にすると金縛り状態から復帰して目覚めます(あくまでJAMの場合です)
Commented by かんくん at 2006-06-26 19:22 x
ふむ~。脳(&目)と、カラダが同期してないっつ~か、
目「だけ」覚めているという状態なのかな。恐ろしい。
でも逆だとただの夢遊病だよね(爆)
名前
URL
削除用パスワード