・・・・・

例の一件以来、なにかとニュースになるエレベーターやエスカレーター。
不備、不具合も続々と報告され社会問題となってきている。

聞けばその問題点は以前から頻繁にあったということ。
ならばなぜ、今回の事故が起こるまで表面化されなかったんだろう?

何かがきっかけでそういうものが表面化することは悪いことではない。
が・・・


どこかのスーパーで、エスカレーターの事故があり、男の子が手すりと天井に
はさまれて意識不明である、とのこと。
男の子は手すりに跨って「遊んでいた」らしい。

ニュースでは「本来、負荷がかかると止まるはずだったエスカレーターが止まら
なかった」として、機械の安全性を言及している。

それも重要なことだろうが、はたしてそれだけでいいのか?

手すりに跨って「遊んでいた」男の子には一切の原因はないのだろうか。
ひいては、そんなところで「遊んでいる」男の子をそのままにしておいた保護者
に責任はなにもないのだろうか??

その傾向はずいぶん以前からあった。
道端で話に夢中になって子供はほったらかし、でもその子供を自転車なんかで
ひっかけようものなら鬼の形相で文句を言ってくる・・・
こっちはちゃんと避けてるのに、子供のほうが走りまわってぶつかってきたにも
拘わらず、である。

そんなことが最近では「命にかかわる」シチュエーションでも同様である。
もちろん、とある状況で「強者」が「弱者」を気にかけ守ることは当然であるが、
同時に「弱者」は自身を守ることにも「注意」すべきではないだろうか。
たとえばエスタレーター、機械的にどんなに安全に気をつけても、最後に身を
守るのは自分自身の「注意」である。

近頃、自分の「義務」に関しては棚に上げ「権利」のみを口にする輩が非常に
目に付く。
社会全体がそういう風潮にある中で、今回のような事故はなくならない気がする。



【同様に】
コンピュータ・ウィルスの問題にしても、「防衛」という意識の低下が一番の原因
ではないか、と思う。
機械にしても、コンピュータにしても、そのうえで稼動しているソフトにしても・・・
完全無欠なものなどなにひとつない。
「ウチはウィルスソフト入れてるから大丈夫」などと安心している人はまさに「ザル」
状態である。
店にもウィルスソフトを買いに来る人は多いが、そんなとき必ず「一番大事なのは
ヘンなソフトは使わない、ヘンなサイトには行かない、ヘンなメールは開かないと
いうことですよ」と念を押している。
[PR]

by shika_monologue | 2006-07-05 00:01 | 閑話休題 | Comments(3)

Commented by JAM at 2006-07-05 07:19 x
人間って自然の摂理からかなりかけ離れてしまった結果ですね。

本来「危険を察知」する能力が低下している個体は生存率→子孫を残す数が減少→これがその種が自然淘汰される条件のはずですから。

別にそういう方々が邪魔って言っている訳じゃないですよ~w。
Commented by shika_monologue at 2006-07-05 23:54
「郷に入っては郷に従え」の言葉通り、環境や状況をわきまえずに
我を通すことは時に反感を買いますよね。
周りに合わせる、というのは別に「なあなあになれ」ということでは
ないと思うし、協調しながらも自己を表に出すことは不可能じゃない
とも思う。
「聞く耳持たず」というのが一番やっかいな気がします。
Commented by かんくん at 2006-07-06 08:08 x
お~。ひさびさに鹿節&かま節炸裂!(・∀・)イイ!!

自分の話で恐縮ですが、かつて購読者に契約の延長などのお願いに訪問する仕事があったわけです。景品として定番の洗剤を持って。何ヶ月なら何個と決まっているのですが、予定の数は間違いなくオーバーします。これしか差し上げられません、と突っぱねたところで、客を他紙に奪われるだけですので無下に断れません。そんなとき、顔は笑っていますが心では、この乞食野郎(#゚Д゚)凸!となるのです。ストレス溜まりますww なもんで、営業や集金に忙殺される特定の店の専業の道は避け、配達専門の今の仕事に落ち着いたというわけです。
名前
URL
削除用パスワード