私的・アメリカンロックの系譜

アメリカンロックの魅力といえば、その風土に根付いたカラッとした楽曲。
晴れ渡ったカリフォルニアの空を思わせるその曲は野外ライブが似合うんですねw

もともとアメリカンから始まったというのは既に書きましたが、実はその後ブリティッシュ
に傾倒し始めてからはしばらく離れていました。
(たまに友人の家で聞く程度にね)
そんな私を、また積極的に聴くように引き戻したのはやはりギタリスト・・・

そんなこんなで、やはりこの方のギターは好きでしたね♪

カルロス・サンタナに認められ若くしてその一員となって以来、そのテクを余すところ
なく発揮してきたニール・ショーンがスティーブ・ペリーという、これまた素晴らしい
ヴォーカリストと出会って結成されたこのバンドは近年のアメリカンロックというもの
を位置付けたような気がします。
中でもやはりこの2枚はお気に入り♪
「ドント・ストップ・ビリーヴィン」や「セパレイト・ウェイズ」は名曲、今でもCMなどで
使われますんで聴いたことあると思います。
(しかし、この辺の曲がすでにスタンダードになりつつある・・・歳とったなw)

で、サスガにアメリカンといえばこの二つは外せない(かなりミーハーw)
一つ目は、

「しかもコレかいっ!」って怒らないでねw
やっぱりね、いいものはいい!ということでこのアルバムは名作です。
もちろん「ならず者」とかの荒々しい感じイーグルスも好きなんですが、後期の完成
された曲も捨てがたいです(^^)
ギタリストが複数いるというのもこの頃のアメリカンロックの特色でしたがこの曲で
聴けるツインリードによるソロは美しいんですよね♪
(イーグルスのメンバーがリンダのバックを演奏ってたのは有名な話・・・どおりで
リンダのアルバム、バックが上手いはずだw)

二つ目は、

こちらもベタですねw
「チャイナ・グローヴ」や「ロング・トレイン・ランニング」といった曲が収録されている
このアルバム、やはり名作w
ドゥービーズにおいてはドラムも複数いたりして大所帯ですが、それゆえに厚みの
あるサウンドというか、ブリティッシュのストレートさとは別の魅力をイーグルスととも
に教えてくれたバンドでした。
「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」でのコーラスは最高ですね(^^)
フェアウェル・コンサートで歴代のメンバーが集まったときは涙モノだったのを思い
出します。


どのバンドにも共通して言えることは、ロックというものの素晴らしさをパフォーマンス
もさることながらその楽曲で教えてくれるということ。
今の若いバンドにはないその魅力は時代を超えても変りません♪


【こぼれ話】
ここでは書きませんでしたが、トリプルギターというこれまたスゴイ構成で観客を魅了
したレイナード・スキナードなど他にもいいバンドは多いです。
マーシャル・タッカー・バンドなんかもその一つ。
昔wのアメリカンロック・・・今からでも是非聴いて欲しいジャンルですね(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2005-04-28 04:17 | 音楽・楽器の話 | Comments(11)

Commented by かんくん at 2005-04-28 06:55 x
おはようさんだす♪ これらは「昔」なのかと小一時間・・・ w

ニヤケ顔が素敵なwニールも好きです、TOTOのスティーブ・ルカサーのブギーアンプのサウンドはも~っと好きです~♪ (そんなCMあったかもw) ていうかTOTOはジェフ・ポーカロでしょう。あの6連で刻むリズムをロックに取り入れた功績は大きい。ロザーナのイントロは有名すぎます!でも早死にしちゃったんだよな~・・・。天才は早く死んじゃうね(T.T)

イーグルスは、かつてギターコピーしようと思って聴いてて、「何本あるんだよ!」ってキレかけたことがあって(爆)、聴くだけにした(^^ゞ 彼らもそうだけど、西海岸のバンドってカラッとしたのもあれば、妙にジメ~っとしたのもあって両極端な気がしません?ちょっと前に流行った「王様」wのホテル・カリフォルニアの和訳、聴いてて大笑いした(^^ゞ
Commented by 奈良の鹿 at 2005-04-28 06:56 x
後年、イーグルスが万博公園で野外ライブやったとき会場警備
(ようするに観客席の前で抑えてるバイトw)やりまして・・・・

実際演奏する姿はチラチラとしか観れない葛藤にジレンマを
感じつつも背中に広がるゾワゾワとした感動を覚えました(^^)
Commented by かんくん at 2005-04-28 07:01 x
おおお!真後ろに彼らが? 逆向きに立ってちゃいけないの?(^^ゞ
Commented by 奈良の鹿 at 2005-04-28 07:05 x
元締めに怒られるの・・・・・(T-T)
Commented by かんくん at 2005-04-28 07:09 x
元締め(爆) つらいねぇ(^^ゞ
Commented by かんくん at 2005-04-28 07:48 x
おータイムリーな(^^ゞ でわさっそく「マニア」モードに・・・ w
Commented by 手水の鹿 at 2005-04-28 12:02 x
INAXもあるよ~♪(^0^)
Commented by 奈良の鹿 at 2005-04-28 15:56 x
ちょっと話を戻してみよう・・・(^^ゞ

TOTO(バンドのほうw)もどちらかというとそれまでのバンドとは一味違ってて
けっこう流れを作ったというか、新しかったね(^^)
こっから連想するのにエレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO)があるんだけど
どっちが古いんだっけ?
Commented by かんくん at 2005-04-28 18:26 x
うん。ググッたらELOは'72年、TOTOは'78年だった。ハイドラ?とターン・バックはLPで持っていた気がする。
Commented by 記憶違いの鹿 at 2005-04-28 20:54 x
へ~、ELOってけっこう古かったんですねw
72年か・・・・まだ生まれてなかったから判らないや~(^0^)
Commented by shika_monologue at 2005-04-29 00:02
せめて民事にして・・・・(T-T)
名前
URL
削除用パスワード