動物愛護

動物を可愛がる、ということ。
バランスが大事ですね。

意味もなく動物を虐待する・・・むしゃくしゃするから。
今の世の中、動物だってたぶんむしゃくしゃすることあるでしょ。
でも彼らはその表現手段をしりません。
たまに人間が襲われることがありますが、アレはただ外敵から身を守ってるだけ。
自分に危害が加わるかもしれないから反撃してるんですね。

でも人間は違います。
ただ「気に入らない」という理由だけで虐待する。
最近じゃ、その対象が「動物」だけではなくなってきてます。
自分の肉親でも「むしゃくしゃする」から傷つける・・・他人ならなおさら。

「情操教育」というものは、今は昔。
現在の教育は「情報教育」・・・「心」を置き去りにした教育です。
だから「他に対しての思いやり」という部分が欠けた人間が出来上がります。
自分以外は全て「物」なんですね。

彼らにとっては「人」や「動物」は「死ぬ者」ではなく「壊れる物」にすぎない・・・・・
そんな気がします。


で、話は戻って「可愛がる」こと。
これも間違った解釈をします。

「ウチの子は寒がりだから」と服を着せる。
それはホントに「可愛がっている」んでしょうか。
もともと犬はソリを引いたり、雪の中を駆け回ったりと寒さに強い動物です。
無理やり服を着せて「喜んでいる」と思うのは、飼っている人間の思い込み。
正しい「可愛がり方」は動物を、その生き方の自然の中で必要十分なことをして
あげることだと思います。

そんなこというと、「ウチの子は犬じゃない、息子です!」なんていうおばさんが
いますが、あなたが飼っている犬は確実にあなたより先に亡くなるし老後の面倒
は見てくれません。
ペットを心の拠り所にするのは大賛成ですが、勘違いはペットにとっても迷惑な
だけではないでしょうか。


このように両極端な側面を見せる現代人、凶悪事件や経済的な局分化と似てい
るような気がする今日この頃です。
[PR]

by shika_monologue | 2006-07-11 00:02 | 雑学的な話 | Comments(15)

Commented by 奈良の鹿 at 2006-07-11 15:32 x
でも、それもおかしな話ですよね。
それじゃ世に出てる人気のある犬は、すべて「雑種」ってことになっちゃう・・・
なら「血統書」って何?ってことになっちゃう。
たとえばビーグル。
もともとは猟犬だったはず、けして犬小屋の屋根の上で寝そべってた
犬ではない(笑)
猟犬として野山を走り回っていた「純血種」が寒さに耐えられないはず
はない・・・はずw
ボルゾイとか北方出身の犬もそうですし・・・かれらはお座敷犬ではない
・・・はずww
もともと交配して新しい種を作るというのは「より強い」ものを作るための
ものだった・・・はずwww
実際に「狩に役立つため」とか・・・そういう理由で交配が進められてきた
・・・はずwwww
Commented by 奈良の鹿 at 2006-07-11 15:37 x
いや、お座敷犬でも実際に外に出したら走り回ってますしね。
だからもし、環境に耐えられないような種がいるとすれば・・・それは交配に
よるものではなく「人間が甘やかしてきた」結果に他ならない、と思います。

彼らの本来の能力を損なうような「可愛がり方」にこそ、一番の問題が
ありそうですけどね(^^;)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-07-11 15:43 x
昔は「ペットを飼う」って一大決心のもとに行われることでした。
おいそれと手に入るものではなかったから。
だからそのペットが亡くなった時には悲しかった・・・
でも今は一匹の犬が亡くなっても、すぐ次が手に入る・・・オモチャと同じ
ようにね。
それこそ「壊れたから新しいのを買う」という感じ。
そこに本当の愛情というものが感じられないんですよ。
「そのものの命を預かっている」という意識が乏しいように思います。
ペットが亡くなって泣くときも、「彼らが死んだから」ではなく「自分の物が
なくなったから」泣いているようにしか見えない・・・それって・・・ね。
Commented by 奈良の鹿 at 2006-07-11 15:44 x
あ、最後にひとつだけ(^^ゞ

よく愛犬を抱きかかえり、バッグから顔だけ出して連れ歩き「散歩だ」といい
はっている人がいますが・・・あれってどうよ?って感じです・・・
Commented by 奈良の鹿 at 2006-07-11 16:15 x
だからなおさらその環境を探してでも遊ばせてあげなよ、って思うのね。
「生き物を飼う」ってことには、ソレくらいの覚悟がいると・・・
たとえば山と平野の国、日本だとちょっと車を走らせりゃ川原があるし
せめて休日にはそういうとこで目いっぱい走り回らせてあげるとか。
その覚悟もなしに、ただ「自分が楽しみたいから」ってだけで安易に飼う
なよっ!ってね(^^ゞ
Commented by wall at 2006-07-11 17:06 x
最近ではホームセンターなんかにもペットコーナーとかあったりして、犬や猫が狭っ苦しい部屋に入れられて(まるで独房状態)・・・ あれもどうかなとおもうんですけどね! 
そんなペットを買(飼)っても大事に育てられるとは思えないです。←また、大事という発言にも矛盾はありますが・・
Commented by JAM at 2006-07-11 17:27 x
とても面白い(興味深いって意味ねw)話題ですね。

人間が変わって交配による選択の目的が変わったのも犬が軟弱になった理由のひとつでしょうね。

猟犬が目的なら優れた猟犬の資質を持った個体を交配してきた訳ですが、わが国wではその様な目的でビーグルは存在価値が薄いというコトでしょう。んで、見た目が「ビーグルの中のビーグル」んでも猟犬の資質はない・・・・、てコトじゃないでしょうか?

あとね、あくまでわしの考えですが、本来「子供」ってとっても残虐だと思うのです。

皆さんもそうではなかったですか?

アリの巣を水攻めにしたり、バッタの脚もいだり・・・・・。

今の世の事件って子供時代にそういう体験しない(出来ない)っていうのも原因の一つじゃないかと思っています。

Commented by wall at 2006-07-11 17:28 x
いえいえ、僕はペットは無理です! なぜなら動物をペットとして見れないのです(^^;)  たまに敵意すら覚えることもあるのです(笑) 
いいように言うと同じ動物とでしかおもえないのです(^^;) 
「やられたらやりかえす!」「目には目を」精神ですね!(爆)
だからペット達は僕に懐いてくれないのです。(;;)
Commented by JAM at 2006-07-11 17:34 x
あとね、これもわしの考えですが、「犬」って本能的に人間が好きなんだと思います。
それでも人間が虐待する話があるので、やりきれないんですが・・・・・・。

狼(かな?)の中の人間が好きな個体が交配されて今の「犬」の祖先になったのではないでしょうか?

最初は偶然獲物を人間の集落に追い込んで、その集落の人間も少し狼に与えたのが始まりじゃないかな?(JAM説)

奴らの知能なら、人間の集落に追い込めばおk~♪ってなったんじゃないかと・・・・・。
Commented by JAM at 2006-07-11 18:03 x
↑ってあーた、今ドコやねんw。
Commented by 奈良の鹿 at 2006-07-11 18:29 x
ストーカー・・・(-_-;)
Commented by ともしび洞 at 2006-07-11 19:08 x
 つい先日テレビのニュースでやっていましたが、最近のペット・ブームで、珍しい毛並みの犬が高値で売れるため、珍しい個体を作り出そうと、一部業者がかなり無理な交配をさせているのだとか。その結果、先天的に奇形を持った犬や抵抗力のない病弱な犬がたくさん生まれているのだそうです。そんな犬たちを待っている運命は・・・。
 引き取り手がない犬は、「殺処分」だそうです。もちろんそんな奇形の犬を引き取ろうという人は、多くはありません。こんな身勝手な話があるでしょうか。
Commented by 奈良の鹿 at 2006-07-11 22:27 x
そういや、ぬこの人のコメントがないなww
Commented by 奈良の鹿 at 2006-07-12 03:22 x
そうそう毎日、ネッ茶行ってられないかww
Commented by かんくん at 2006-07-13 01:37 x
(T-T) ←完全に乗り遅れた人ww 漫喫はあの日だけですよ!>か氏
名前
URL
削除用パスワード