☆おさらい☆ (その1)

円谷プロの「ウルトラシリーズ」が放送開始されてから、もう40年が経過してます。
記念すべき第1作は日本版「トワイライトゾーン」ともいうべき「ウルトラQ」であったことは皆さん
ご存知のことでしょう(^^)

日常のちょっとした事件(ホントはぜんぜん「ちょっと」してないけどw)から人々がアンバランス・
ゾーンに落ち込んでしまうわけですが、玄関の戸を開けたらラゴンが立ってたらどうしよう、とか
トイレに入ってて窓からケムール人が覗いたらどうしよう、とかw・・・当時のモノクロ映像も相ま
って怖かったですね~(^^;)
一番印象に残ってるのは「悪魔っ子」ですかね。
幽体離脱して罪を犯す・・・人間の本質が「幽体離脱」という設定で描かれているのでは?など
という難しいことは判らないなりに、当時けっこう怖かったです。


続く「ウルトラマン」では初めて「銀色の巨人」が登場して怪獣たちと戦います。
凶悪怪獣「ベムラー」を追って地球に飛来したM78星雲の宇宙人が、科学特捜隊のハヤタ隊員
と合体して変身し地球上で活動出来るようになる・・・しかしその時間は3分間だけ。
このハラハラ感が設定として秀逸でしたね♪、以降この設定は引き継がれていくわけですが。
「初代マン」といえば、やはり「バルタン星人」と「ゼットン」ですかね(^^)
「バルタン星人」の造形は、その後登場したどの怪獣・宇宙人よりも秀逸で「ウルトラシリーズ」
でも度々登場しますね。
ただし、登場のたびにだんだんコミカルさを増していってるので(笑)やはり初代のバルタンが
好きです♪


「ウルトラマン」の終了後、次の作品に向けての橋渡し的に放映されたのが「キャプテンウルトラ」
しかしこれは東宝作品であるため、現在は「ウルトラシリーズ」には属しません。
(凝った特撮のため撮影が間に合わなくなり、急遽「キャプテン・・・」が放映されたという噂も)
宇宙を舞台にはしてますが巨大ヒーローは登場しません。
どちらかといえば一匹狼的な存在で凶悪な宇宙人や怪獣と戦いますね(ハン・ソロ風?w)
ともに行動するのがキケロ星人の「ジョー」とロボットの「ハック」。
ん?・・・「ジョー」と「ハック」??・・・沙悟浄と猪八戒か???(爆)
ちなみに主人公である「キャプテンウルトラ」の本名は「本郷武彦」と申します(^^)
この番組、監修として私が好きな推理小説家である「都築道夫」氏が関わってます。


こうして半年間の充電期間を経て再び巨大ヒーローとして登場するのが「ウルトラセブン」
私が一番好きな番組ですね♪(^^)
「初代マン」が怪獣中心だったのに対して、コチラは「宇宙人」が続々登場します。
中にはほとんど能力を持たない宇宙人もいて、アイスラッガーで一刀両断されちゃったりww
大体が力任せの怪獣に対処した「初代マン」は「知力」による対応をしていたのに今度は反対
に「知力」を駆使した宇宙人にたいして「セブン」は「体力勝負」なところがあり、肉弾派戦士だ
ったんですよね(笑)
「セブン」の特徴としては「地球人との合体」ではないこと。
「モロボシダン」は実在wの地球人を参考にした「セブン」自身の変身姿ですね。
だから普通は「ウルトラマンが故郷に帰った後、合体していた地球人は残る」んですが、ダン
はいなくなっちゃいます。
最終回でダンがアンヌ隊員に正体を明かしてパンドンに戦いを挑むシーンは感動的ですらあ
りました。
また、この「セブン」、もともとは「3分間の縛り」はありませんでしたが、ポール星人が登場し
たエピソードで太陽エネルギーを使い果たし、以降他のシリーズと同様に「3分間」のタイム
リミットが発生することになります。

「セブン」の中では一番すきなのは「ガッツ星人」ですね。
一度は策略にハマって倒れるセブンですが、最後にガッツ星人の円盤を破壊するとき光弾
をアイスラッガーとともに飛ばす技はカッコよかったです(^^)


一年間に渡り放送された「ウルトラセブン」の後、人間犯罪ドラマとして登場したのが昨日の
記事にも出てきた「怪奇大作戦」でした。
これについては前記事をご覧いただければと思います(^^)


まあ、「Q」~「セブン」までが「第1期ウルトラシリーズ」と呼ばれておりまして、このあとしば
らくの期間が空きます。
「セブン」から3年の後に文字通り「ウルトラマン」は帰ってくるわけですが、それは次回の
記事といたします(^^)

                                             (つづくw)


ウルトラQ:1966年(昭和41年)1月2日 - 7月3日(最終回は1967年(昭和42年)12月24日)放送。
ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生:1966年(昭和41年)7月10日放送。
ウルトラマン:1966年(昭和41年)7月17日 - 1967年(昭和42年)4月9日放送。
ウルトラセブン:1967年(昭和42年)10月1日 - 1968年(昭和43年)9月8日放送。
[PR]

by shika_monologue | 2006-08-06 00:01 | 雑学的な話 | Comments(5)

Commented by 奈良の鹿 at 2006-08-06 13:32 x
←の「最新のコメント」欄を見てたんだけど・・・

「kankun2006」と「kamata2006」って区別しにくいゾww
Commented by 奈良の鹿 at 2006-08-06 13:43 x
・・・・・・・・・・・・ぉぃw・・・(-_-;)
Commented by JAM at 2006-08-06 17:06 x
むぅ、ウルトラマンは再放送で見たの覚えてるのですが、セブンってリアルだったのかな?年齢的に微妙w。
最終回も覚えていますよ。「明け方に上っていく流れ星が僕だ」みたいな台詞でしたよね。

ところであの頃の毒蝮三太夫さんの名前って確か違うんでしたよね。
なんだっけ?
Commented by 奈良の鹿 at 2006-08-06 17:50 x
「石井伊吉」さんです(^^)
Commented by kamkun2006 at 2006-08-06 23:13 x
↑ホントだww

オラ新マンがリアルだなきっと。夏休みとかに再放送してたから初代も知ってるような気になってたんだと思うし。でも円谷や石森の実写ヒーローは、その後のアニメヒーローほどは熱中しなかったんだなぁ。今にして思えばもったいない選択をしたと思うしww
名前
URL
削除用パスワード