☆おさらい☆ (その3)

1980年(昭和55年)の「ウルトラマン80」以後、等身大ヒーローにその座を譲っていましたが、
「ウルトラシリーズ」の絶え間ない再放送は続いており、けっして巨大ヒーローが忘れられて
いたわけではありません。

またアニメ作品でも、デフォルメされたウルトラのキャラクター達がより親しみやすいキャラ
として登場し「光の国」は過去のものではなく、現在進行形として受け継がれていました。


そして年号も「平成」と変わり、環境問題も深刻度を深めていたなか資源エネルギー庁との
タイアップによって作成されたのが「ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦」でした。
環境問題とそれを受けての未来におけるエネルギー問題を軸に描かれた作品によって、
「ウルトラセブン」は20年ぶりにその雄姿を現します。
ウルトラ警備隊ではフルハシ隊員が隊長に出世していて(笑)、アンヌ隊員は退職して結婚、
一時の母となっていました。
エネルギー問題が核となっているだけあって、登場するのはピット星人とエレキング。
ただしモロボシ・ダンは登場しません、セブンの声とナレーションのみでした。


同年の秋には同様のタイアップにより「ウルトラセブン 地球星人の大地」が登場。
今度はゴミ問題が軸として描かれていますが、ナゼかここでメトロン星人が出てきます。
ゴミとメトロン星人って、なんか関係があったっけ?
そりゃ、彼は薄汚れた和室のアパートに潜伏してましたけどね(笑)
この物語ではモロボシ・ダンがちゃんと登場します。
が、最後にメトロンの基地で起こった爆発に巻き込まれてまたまた行方不明になっちゃうん
ですよね(^^;)


この「平成セブン」シリーズはその後オリジナルビデオとして継続していきますが、ここでは
TV放映された作品についての☆おさらい☆となってますので割愛しますねw
でもって1990年代の後半から「ウルトラマン」は新たな物語として新装開店することになり
ます。


まずは「ウルトラマンティガ」
昭和のウルトラマンがM78星雲「光の国」出身(レオなどの例外あり)だったのに対し、平成
のウルトラマンは、古代の文明とその住人の守護者だった「光の巨人」が新しい時代を迎え
ようとしている人類を守るために復活した、という設定です。
だから「光の国」は出てきませんし、もちろん「ウルトラ兄弟」も登場しません。
また、能力に応じて3つのタイプにチェンジするという新しい概念も採用されました(「ティガ」
とはインドネシア語で「3」の意味です、なぜインドネシアかって?それは円谷プロにw)
チームの隊長(?)さんが女性ってのも時代ですね~(^^)
話題としてはハヤタ隊員役の黒部さんの娘である吉本多香美さんがレギュラーで出てました。
「初代マン」から30年が過ぎており、当時TVを見て熱狂していた世代が番組作成に携わる
ことで逆に「過去の栄光」に縛られることなく新しい「ウルトラマン像」が確立された作品とし
て高い評価を得てます。
怪獣たちも一時期のオチャラけたものと違い、硬派に戻ってますww
おふざけが増えすぎた「ゴジラ」が怖くなって帰ってきたのと一緒ですね(^^)


「ティガ」の7年後の世界として純粋に続編として描かれたのが「ウルトラマンダイナ」
ここでは「A」でのヤプールと同様にシリーズを通した敵として謎の生命体スフィアというの
が登場しますが、これも「ヤプール」とは違い硬派です(爆)
この設定はこの後のシリーズにおいても同様のものが出てくるので「平成シリーズ」の共通
する特徴といえるかもしれません。
「ダイナ」も「ティガ」と同様に3タイプに変身することができますが、「ティガ」が自由に変身
できたのに対し「ダイナ」は一度だけ、1タイプのみという制限があります。
だから「どのタイプにチェンジするか」という見極めはけっこう大事だったんじゃないですかねw


「ダイナ」が「ティガ」の続編だった(時代設定も21世紀)のに対して放送当時の1990年代を
舞台とする新シリーズが「ウルトラマンガイア」
ゆえに科学的考証や人間関係が「現在進行形」で描かれよりリアルになってます。
さらに「ガイア」のライバル的存在として二人目のウルトラマン「アグル」が登場し対立。
人類を守る「ガイア」に対して、人類は地球にとって害であるとする「アグル」。
が、根源的破滅招来体の罠に気づいた「アグル」は自らの光を「ガイア」に託して消えてい
くという・・・こりゃまた感動的なエピソードもありーの(笑)
(後に「ガイア」のピンチに光を取り戻して復活しますけどね)
後半では「怪獣も地球生物の一種である」(根源的破滅招来体に操られているだけ)という
解釈のもと、むやみに倒さなくなり、最後は「ガイア」と「アグル」が怪獣から光を貰う展開
があったりします(これは「コスモス」に通じる設定ですね)。


この「ティガ」~「ガイア」で「平成3部作」といいますが、新しい「ウルトラ」の概念を確立
したシリーズとして人気があります。
これ以降に作成されるシリーズとともに、この「平成ウルトラシリーズ」は昔懐かしい大人
たちからも、新しくファンになった子供たちからも支持されていきますが、それは次回の
記事ということで(^^)

                                            (つづくw)


ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦(平成ウルトラセブン テレビスペシャル):1994年3月21日
ウルトラセブン 地球星人の大地(平成ウルトラセブン テレビスペシャル):1994年10月10日
ウルトラマンティガ:1996年(平成8年)9月1日 - 1997年(平成9年)8月30日放送。
ウルトラマンダイナ:1997年(平成9年)9月6日 - 1998年(平成10年)8月29日放送。
ウルトラマンガイア:1998年(平成10年)9月5日 - 1999年(平成11年)8月28日放送。
[PR]

by shika_monologue | 2006-08-08 00:02 | 雑学的な話 | Comments(2)

Commented by JAM at 2006-08-08 17:39 x
こっからは全然知らないのですが、平成7に興味津々っ!あとでぐぐるぞ~!

人類が地球にとって悪であるて・・・・・・・、ある意味真理だわなw。
Commented by shika_monologue at 2006-08-08 18:52
JAMさん、消しといたヨ(^^)
名前
URL
削除用パスワード