mp3 と jpeg

先日より話題に上っておりますw、デジタルオーディオとデジタルカメラ。
それまでの「波形」や「光の粒子」としての記憶方法から、電気的な信号に置き換わった
ものですね。

音楽の世界ではこれまでの「アナログ」による記録方法から、それを「0」と「1」の信号に
置換えた「ビット方式」という新しいモノに変わりました。

写真も従来の銀塩フィルムを感光させていた記録方法が、これまた「0」と「1」の世界に
なっちゃってます。

アナログによる記憶情報には境目がありません。
それは連続した範囲の中で可変であるがゆえに、段階的には無限大の情報量がある
わけですが、それがデジタルになるとそうはいきません。
どんなに細分化しようとも、一定の範囲を「升目」のように区切るデジタルという方式は
それぞれの升目の間には連続しない境目が存在します。
そして、それは「数えられるもの」・・・けして「無限大」ではないのです。

それでは「無限大」を「数えられる数」で割ってみるとどうなるでしょう?

答えは「無限大」ですね。
ようするにそれまでアナログであったものがデジタルに置き換わると「無限大」の情報
を犠牲にしていることになるわけです。
(逆にデジタルには、時間経過による「信号自体の劣化」がほとんどない、という利点
はありますが・・・)

音楽の場合、当然のことながら「音質」としては劣化します。
が、音楽を聴くときに「音質」というものがそれほど重要とは思えないんですよ。
もっと原始的な・・・「楽曲としての魅力」のほうが大事です。
だから測定機器で調べないと判らないような、少々の「音質劣化」は別に気になりま
せん。

特に私のように実際に「音楽」をやっている者には「音」は「劣化」するものというのが
常識として判っちゃってるんですね。
逆に「劣化」して「歪み」の出た音というものの魅力も知ってます。
実際、世の中に「劣化してない」音というのは存在してませんからね。

世に溢れる「歪のないクリアな音」ばかりを求める人たちは、「音楽好き」ではなくて
「オーディオマニア」です、「音」との接し方が違うんですね。
これが、私が「再生する機器」にこだわらない理由です(そりゃま、いい音であるに
こしたことないんでしょうけどねw)。


ところがそれが「写真」になると話が・・・・・長くなるので、またの機会に(爆)


コメントに書こうと思ったんだけど、長くなりそうなので追記ww

何かを楽しむとき、そのシチュエーションというのが大事になってくると
思うんですよね(^^)

自宅でゆったりした環境で、機材を揃えて「いい音」を追求する・・・私は
金欠なんでやりませんが(汗)、余裕があれば是非やってみたいです。
これは当然ですよね♪

ポータブルプレーヤーに音楽を入れて持ち歩く・・・主な目的は「歩く」
ことです、ただちょっと寂しいから音楽好きは聴きながら歩いてるだけ
なんですけどね、だからこれは「スタイル」と言えます。
それをなんか勘違いして、「ファッション」として取り入れるヤツがいる
からそこに目的を見誤り、「シャカシャカ騒音」で嫌がられたりする。

もっともオバカなのがドンツクドンツク大音量で走ってる車・・・絶対に
外の音なんか聴こえていません。
騒音の中で「漏れる音」がコチラに聴こえるくらいですからねw
「運転すること」が本来の目的であることを捨て去ってます。
「音質」も「楽曲」もない、ただただ「デカい音」であることがステータス
なんですね(で、だいたいそゆヤツが聴いてるのがヒップホップ・・・・・
そんな程度の「音」なんですよ・・・だからお前らが「音楽」を語るな!)


そんなふうに「環境に合わせたチョイス」を見失って、間違った「質」
だけを追求する現在の風潮て・・・ヘンだと思いません?(^^;)
[PR]

by shika_monologue | 2006-09-18 00:02 | 雑学的な話 | Comments(3)

Commented by かんくん at 2006-09-18 01:19 x
ん~肝心なほうの説明が次の機会なのは残念です(爆)

音質についてはオイラもほぼ同じ意見ですね。録音したスタジオと同じ音で再生したいという欲求はわからなくもないですが、むかしは逆にAMラジオで聴かれることを前提に、ミキシングをしていたこともあるという話を聞いたこともあり、現場ではハイファイな再生の場合だけを想定して作っているわけではないということらしいです。

最近は昔のLP盤のマスターテープを探してきてデジタル化をやり直している場合もあったりして、かつて雑音で聴き取れなかったモノがクリアに聴こえるようになると売り出されてますよね。おおむね賛成ではありますが、別モノだという意識を持って接していくつもりです。

実際ギターからアンプに繋いだ時点ですでに音が劣化していることを身をもって知っている人にしてみれば、劣化もまた「味」であるということもよくわかっているんですよねww そうじゃなきゃビンテージのアナログシンセや真空管アンプがもてはやされるはずもないし(^^;

支離滅裂化してきたのでひとまずこのくらいで(爆)
Commented by かんくん at 2006-09-18 18:00 x
↑ ひさびさにツボにヒット!ww (ひさびさかよ!)

最近だと、ビッグスクーターにオーディオシステム載せて大音量というパターンがあって非常に迷惑しますよねww 信号待ちで並んで、目のやり場にも困るくらい。こっちはカブなんで、とてもメンチ切る勇気は出ません(笑)

社外マフラーの爆音に負けない大きさで鳴らすものだからハンパない迷惑!マジ何考えてるんでしょ? 明らかにわざとやってるんでしょうし、頭の中は「俺イケてる?」とかなんでしょうか(爆) アンビリーバボー!

ファッションの一部としてしか音楽を扱わないってことなんでしょうが、周りに迷惑なのはもちろんですが、聴いてる曲にも失礼だとか思わないんでしょうかね、だからあの類の曲がDQNだとか言われるんだとも思う。o(`ω´*)o
Commented by 奈良の鹿 at 2006-09-18 20:13 x
「周りの迷惑」が理解できるような頭があるなら、ケツ出して歩くような
こともないと思うよww
名前
URL
削除用パスワード