mp3 と jpeg、 しょの2

ところがそれが「写真」になると、話が別です(突然やなっ!w)


音楽なら「曲」という媒体によって良し悪しを判断できます。
メロディやリズム、というものですね。
これらは「デジタル」になったからといって、劣化するものではありません。
その時点で「音質」というものにそれほど拘らなくてもいいんじゃない?ということは
前回書きました。

「音」は目に見えません、空気の振動として聴こえてきたものが脳に伝わり、それが
認識されて「音楽」としての質が判断されますよね。
その間にはスピーカーやヘッドフォンがあり、鼓膜があります。
それらは全て「アナログ」なもの、物質が振動するということは物理的に「デジタル」
ではありえないからです。
もしも物質が「デジタル的に」振動するとすれば、それらは瞬間移動していることに
なりますから。


それじゃ、「画像」はどうか?


たとえば映画とかだと、音楽と同じように作品としての「ストーリー」や、「作り方」が
メロディやリズムにあたるため、VTRだろうがDVDだろうが変わりありません。
むしろ映画館の巨大なスクリーンを、たかだか数10インチの画面で見るんだから
デジタル化されたほうが細部まで鮮明に再現されるので、有利かもしれません。

ところが、「写真」というものは見えるものが全て。
人間の目は「アナログ」なものですから境目はありません。
銀塩写真も、人間の目と同様に境目のない「媒体」なわけですね。

それが「デジタル化」されることによって境目が出来てしまうわけです。
もちろんそれは肉眼で見て判るものではありませんし、そういう意味では測定機器
がないと判別できない「音」と同じですから、別に拘らなくても?てことになります。

が、やはり「写真」は動かないものだから「目に見える全て」が情報なんですね。
メロディやストーリーといった、現物そのもの以外の判断材料がないんですよ。

だから、その時点で多くの情報がカットされる「デジタルフォト」というものが今イチ
イメージ的にピンとこない、というのが第一の理由なのです。
(ま、最近は気軽なスナップなら気にしなくていいのかな?と思い始めてますがw)



ということで、マジ書きするとシリーズになりかねないのでw、だいぶ端折って書き
ましたが、こんなもんで説明になりましたでしょうか? >かんさんw
[PR]

by shika_monologue | 2006-09-19 00:04 | 雑学的な話 | Comments(12)

Commented by かんくん at 2006-09-19 13:03 x
静止画はあるけど静止音というものはない、みたいな(?) (^^;

幸か不幸かw、オイラがカメラを意識したときにはすでにデジカメという
選択肢がありまして、安易ではありますが手軽さとPCとの親和性で
こちらを選んだだけであって、実のところは銀塩の魅力がわかってない
だけとも言えます、と以前どこかで書きましたねww

>(ま、最近は気軽なスナップなら気にしなくていいのかな?と思い始めてますがw)

おお!突破口は見えた!ww まずはそこからです!ww
てゆ~かケータイカメラも壊れたことだし(爆)、スナップ&ブログ用と
限定してもいいから普及帯に一度興味を持っていただけるとうれしいですw
新しい発見もある、・・かも?(^^;

そだかまたさんに ( ゚д゚)ノ ハイ!質問!
フジのデジカメって緑がきれいって何かで読んだんですけどホント?
Commented by かんくん at 2006-09-19 14:10 x
キャノンといえば、キヤノンと書くのが正解ってホント?
つ~かパンツ穿きなさいってw
Commented by 奈良の鹿 at 2006-09-19 16:09 x
↑↑ホントです、キヤノンのHP他、公式ページではちゃんと「キヤノン」
って書いてるからね(^^)

私のようにフツーの風景写真出身だとね、アート系の写真と違って目に
見えるそのままを写したい!っていうヘンな拘りみたいなものを捨てきれ
ないのよ・・・(^^ゞ
ま、スナップはね・・・そこまで拘ることもないかとww、コンパクトでも10MB
モデルとか出てるしね~
Commented by かんくん at 2006-09-19 21:19 x
かなり飛躍した話で恐縮ですがw、人間の感覚がアナログだという考えは
幻想かもしれないというお話。脳はとてつもなく複雑な神経細胞の中枢で
あり、その伝達方法は紛れもなく電気信号によるものであります。そもそも
DNAからして0と1の記号化された集合体であり、それらがあまりにも膨大
な情報のやり取りをして成長をするため、結果としてデジタル情報の集合
体とは思えなくなってしまう。無理もない気がします。

デジタルガジェットが生み出されて半世紀。現代の世で手に入れられる
音楽や映像を記録できるに過ぎないこれらのデバイスは、たどり着くべき
にしてたどり着いた結果であり、将来生命の謎を解くべき人類のあくなき
チャレンジの第一歩に過ぎないのです!(爆) (大げさやな~w)

すんげ~飛躍して超恐縮ww (^^;(^^;
Commented by 奈良の鹿 at 2006-09-19 21:23 x
あとね、デジカメのCMも「こんなに細かく画素数も増えました」っての
ばかりじゃない?
あれはアナログ信者(笑)には、もひとつ訴えかけないと思うのねww
単純に売り手が「フィルムを超えた!」って言えるだけの自信がまだ
ないんじゃないかな~?
Commented by 奈良の鹿 at 2006-09-19 21:31 x
かんさん>
人間の脳はデジタルであるかもしれないけど、信号の伝達方法は
アナログなんですよ。
神経細胞間の信号伝達に使われる物質は「0」「1」だけでなく中間
もありえるからね、それが人それぞれの個性にもなる。
もしそれが「0」「1」だけの一定量であれば感じ方は皆同じなはずだし・・・
さまざまな思考のネットワークがあるから面白いんだけど、デジタル
技術はそこまでは発達していない。
もし、AIが人間の思考能力と同等になったとき、それがホントのデジタル
とアナログの対等化なのかもしれません。
Commented by かんくん at 2006-09-19 21:54 x
あそっか(^^; 「ある」か「ない」か、とかそんな単純なものでもないしねww
AIの研究って、やっぱ究極は脳の模倣なんだろな~。

ところで本来のタイトルであるmp3とjpgについて言えば、どちらも現実と
いう都合により圧縮させるという技術ですが、本来は「素」のまま扱うべき
素材のはずですよね。高度な圧縮技術が今日のデジタル放送などを実現
させたことも事実ですが、人の視覚聴覚では差がわからないくらいの結果
であったとしても、「素」のデータとは違うんだという意識が、なにがしかの
ウソ臭さを本能的に感じ取ってしまうのではないか、とも感じます。

つ~か、脳の情報処理ってすげぇ(笑) たまに知恵熱を出したりしますが、
あれってもしかしてPCの熱暴走と同じ?(爆)
Commented by secretary-a at 2006-09-19 21:55
「キヤノン」が正式文字?であるように、マヨネーズの会社の「キユーピー」も全て大文字?なんですってね、これ、最近テレビで知りました。
Commented by 奈良の鹿 at 2006-09-19 22:02 x
古くからある会社って、そういう表記がけっこうあるみたいですね(^^)

かんさん>
難しい質問は、知恵熱が出るからダメ!(爆)
Commented by かんくん at 2006-09-19 22:11 x
ニッカウヰスキーもそうかな? QPは例の商標問題が発端なのかな。

鹿さん>
熱暴走はリセットしなければなりませんが、知恵熱は冷ませば復活しますww
Commented by 奈良の鹿 at 2006-09-19 22:21 x
よし、冷えピタ買ってこようww
Commented by 奈良の鹿 at 2006-09-20 07:06 x
頭・・・・筋肉痛なの?(-_-;)
名前
URL
削除用パスワード