きょうそこうふゅちょー (;゜Д゜) アウアウ・・・

タイトル、うろたえてしまってスイマセン・・・(^^ゞ

えー、私は『高所恐怖症』なのですww
高所恐怖症とは不可思議なもので、ある程度の範囲に顕著に現れます。

たとえば、飛行機に乗っていて窓から外の景色が見えても怖くはありませんww
(ただし、ちゃんとした「囲い」がある、という前提ですが・・・)


ところが・・・、です。

脚立の3段目は、怖いんですね(汗)
今日、店の蛍光灯が切れて取り替え作業をしたんですが、脚立を使わないと
届かない高さなんですよね。

で、某アル○ンコの脚立を引っ張り出してきたのはいいんですが・・・

1段目・・・別になんてことはありません・・・
2段目・・・まあ、そんなに・・・

3段目・・・ん?怖いゾ!(笑)


判りました。
2段目までは一番上の踏み台が腰より高い位置にあるんですが、3段目まで
昇ると太ももから上に支えがないことに気付きましたww

そうです、腰が境界線だったんです!


ということは、私は絶対に植木職人にはなれないワケですね・・・(^^;)
もちろん、大工さんにもなれませんww

よく2時間ドラマで崖に行きますが(笑)、あの映像を見ただけで太ももの内側
が「ヒューーッ」ってなります。
[PR]

by shika_monologue | 2006-09-30 00:02 | 雑学的な話 | Comments(1)

Commented by かんくん at 2006-09-30 19:27 x
あ~脚立が一瞬明らかに片足になっちゃったなってわかったときは
普段は平気なオイラだって妙な汗が出ますよww
腰・・・。う~んオラは膝かな。 てゆ~か、降りるほうが絶対怖いよねww
名前
URL
削除用パスワード