代理出産

高田延彦、向井亜紀夫妻の代理出産による双子の子供たちについての判決が
揺れてますね。

DNA判定で99.9%一致しても、「倫理上」という問題で実子とは認められないらし
いですが・・・高裁では一度「認める」判決が出たのに・・・「法務省」の意向により
品川区役所が抗告したそうです。


後先考えずセックスをして、妊娠したから即中絶・・・産んでも虐待し、あげくには
殺害・・・・そんな身勝手な親たちが多い中、彼らの「親としての愛」はそんな連中
に比べ物にならないほど深いものです。
彼女の場合、病気で子宮を全摘出するという悲運に逢い、それでも愛する人の
子供が欲しいという切なる願いがあっての代理出産という選択でした。


憲法というものは「秩序を保つ」という観点からは非常に大切なものです。
が、その憲法自体が制定されたのはずいぶん昔のことですね。

それからの科学、医学の進歩は著しいものがあり、明らかに一部の事柄に関し
ては「時代遅れ」が否めないものになっています。

そのとき、その時代の実情にそぐわない法律は、ときとして進歩の邪魔になる・・・
今回の法務省の見解にしても「前例がない」からということ。

「前例」というものが、それほど大事なことでしょうか?
前にその事例があったときと現在で、その条件はまったく同じなのでしょうか?

条件が違う事象は、「新たなもの」として考えるべきではないのでしょうか?

飲酒運転にしても、それに関する法律が出来た時代とは車の性能そのものが
まったく違いますが、それでも改正された法律は以前のものに毛が生えた程度。
それでは実情に沿っているとはいえないと思うんですが。


「お役所」というところは、自分たちの身の保全のために、すぐに「前例」を持ち出
して物事を決定しようとします。
なにか新しいことをやって、天下りとかの敷かれたレールから外れるのがイヤだ
から、なんでもかんでも保守的です。

それが「良い」場合もあることは否めませんが・・・全てがそれでは日本という国
の進歩はないのではないでしょうか・・・
[PR]

by shika_monologue | 2006-10-12 00:43 | 雑学的な話 | Comments(4)

Commented by かんくん at 2006-10-12 07:18 x
子宮の摘出ということを抜きにしても、不妊に悩む夫婦すべてが代理出産を選択できるわけではない現状を考えると、実は向井高田夫婦は稀な例といえるのも事実ではあります。そして日本の法律は、自分で産んだ子に対してだけ、母親と認めてきたわけですね。今回の例では、養子として判断されるしかないと品川区と法務省は言っているわけです。100%自分たちのDNAが宿っているにもかかわらずです! ┐(´ー`)┌

医学の進歩に追いつけないのもわかる気がするww

しかしこれは「親子」とか「家族」という、制度慣習の根幹にかかわる判断になるわけで、まさに最高裁での判決にふさわしい内容といえます。彼らが先陣を切ってくれた今、現代日本の最高裁は、画期的な新しい判例を作ることができるのかどうか、オイラも注目していきます!


てかさー、今朝カブが盗まれててさー、めちゃ凹んだ・・・。 _| ̄|○
Commented by JAM at 2006-10-12 08:20 x
金八先生の効果もあったんでしょうか?性同一障害はちゃんと認知され、法律上も(戸籍?)性転換できるようになりましたね。

向井さん夫婦の場合は有名人夫妻なので、このようなフェアな方法をとっていますが、同じように国外で代理出産してもらっている人の中には長期滞在し自分で出産した事にしている事例もあるらしいです。

刑事事件の証拠として「DNA」が重要なカギを握っているご時世に逆行しないようにお願いしたいですね。

かんさん、カブはみんな海外に行っちゃうんだって・・・・(涙)
バイク盗まれると悲しいよね(経験者)
Commented by kankun2006 at 2006-10-13 07:45
盗まれて悔しかったんで、ベースを買いました(爆) ←どーゆー理由だw
Commented by 実桜 at 2006-10-13 09:47 x
子供が欲しくてもなかなか授からない人・子供が望めない人が沢山いる中、代理出産は選択肢の1つとして十分認められると私は思うのです。
事実、私も次男の後に授かった双子を早産で失くしてまして、次の子(娘ですね)が授かるまでの二年間がとっても長かったです。出かければ目に付くのは妊婦さんと、赤ちゃんを抱っこしている人がやたら目に付いて。。。嫉妬の何者でもなかったですね。既に息子が2人いても、です。
先日、旦那さんの凍結精子を使った人工授精で産んだ子が、嫡出子として認められなかったという判決もあり、なんて親の心が判っていない国だと憤慨したところでした。
なんでも右ならえで法で縛るのはいただけないと思います。
事例によって認められるものもあるはずと。。。
名前
URL
削除用パスワード