○○○までの時間

ロバート=プラントは、当初かたくなにZEP色を取り除こうとしていました。
「偉大なる栄光」は過去のものとして、自らのソロ・ワークスでは違うアプローチを前面
に打ち出すように心がけていたようです。

反面、ソロでは盟友ジミー=ペイジより成功を収めた理由には、その意に反してZEP色
を感じ取ることができたからかもしれません。

そんな彼のソロ一作目がコレ。

d0021258_2326132.jpg

確かにZEP時代にはなかった試みが随所に見られ、そのことが逆に「新しいZEP」的
な音を生み出したんだと思います。
そのへんは、スタジオ・ミュージシャンであったペイジとの違いですね。
プラントはZEP以前は無名のシンガーだったワケですから。
このアルバムでは特に「Slow Dancer」なんか、けっこうZEPしてますね(^^)


その後、徐々にZEPから離れて自己のカラーが顕著に現れてくるわけですが、それ
が確立された名盤がコレ。

d0021258_23263968.jpg

私はここに、プラントの音楽というものが集約されているように感じます。
どの曲も素晴らしいですね、彼のソロでひとつ上げろと言われたらコレでしょうね。
この頃になるとプラントは無理やりZEPでの財産を封印しようとしていないように感じ
ますが、それがかえってオリジナリティを増幅させる結果に繋がっているようです。


さて、ソロ作ではほかのメンバーよりはるかに多くの作品を残しているプラント。
その合間にまるでアルバイト感覚で参加した作品があります。

d0021258_2327016.jpg

ここでは、なんの気負いもなく伸び伸びと歌っているプラントがいます(笑)
曲数は少なく、ミニアルバムといったものですが、聴くほうもリラックスした雰囲気で
いられる・・・隠れた名盤かもしれません(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2006-12-16 00:33 | 鉛の飛行船の話 | Comments(2)

Commented by kankun2006 at 2006-12-16 08:43
(,,゚Д゚)∩先生質問です! 彼らはZEPPが解散するまで、ソロアルバムを出さなかったの? たとえばビートルズはオノ・ヨーコさんやらポールとの喧嘩やら、ジョンが離れていったことがあったりで、解散前はグダグダだったじゃないですかw オイラ考えてみれば、ZEPPはボンゾの死が解散を決定付けたってことくらいしか知らなかったりするんですよね・・・(^^;;;;
Commented by 奈良の鹿(寝不足) at 2006-12-16 12:26 x
彼らのキャリア中でソロは出さなかったね。
ちょこちょこっと人の作品に参加してたことはあったけどw

もしボンゾが生きてたら、来年当たり40周年とか迎えてた
かもしれない・・・不動のあのメンバーでね(^^)
だとしたら、どんな音楽をやってたんだろう?・・・と、ふと
思ふww
名前
URL
削除用パスワード