アコギ~♪

いろいろやっております、ギター・シリーズ。
今回は私の原点でございます、『フォークギター』タイプのアコギです。


最近は『フォークギター』なんて言いませんけどね(笑)、フォークソング全盛期
を過ごしてきた私にとっては、やはり『フォークギター』と言ったほうがピンとくる
というか・・・(^^ゞ

で、やっぱり第一弾はこのメーカーでww


『Gibson』です♪(^^)
相当なGibsonっ子の私ですんで、仕方の無いことだと笑って許してください。

んでもって、Gibsonのアコギで一番すきなのがコレ。

d0021258_1211450.jpg

『ハミングバード』ですね。
ご存知のように「ハミングバード」は和名「ハチドリ」といいますが、ピックガードに
その「ハチドリ」が描かれてます。
形状は典型的な『ドレッドノート』タイプでして、ショルダーが角ばった形ですね。
Gibsonのラインナップではこの「スクエアショルダー」タイプはそんなに多くありま
せん。
ヘッドのインレイとか、ポジションマークを見ると、前述の『ES-175』と同じタイプ
になってまして、スケールもGibsonの一般的なエレクトリック・ギターを同じ。
だからロックギタリストにとっては、普段使ってるギターと同じ感覚で弾けるんで
人気があります。

この「ハミングバード」の上位機種に当たるのがコレ。

d0021258_12135100.jpg

『ダヴ』といいます。
ピックガードの絵でもわかるように「ハト」なんですが(^^)
ブリッジやピックガード、ロッドカバーなんかに「上位機種だ」という主張があり
まして、豪華な作りとなってますww
スケールが↑の「ハミングバード」に比べるとちょっと長くて「ロングスケール」
なってます。
これは同社のJumboシリーズと同じスケールで、なぜこの「ダヴ」だけロングな
のかは・・・・・よく知りません(笑)


「ハミングバード」などの「スクエアショルダー」と違って、もちょっと丸く「コロン」
とした印象の形を「ラウンドショルダー」といいまして、もっとも一般的なのがコレ。

d0021258_12227.jpg

多くのアーティストが使っている『J-45』です(写真はヴィンテージタイプ)。
ヘッドのインレイのありませんし、ポジションマークも普通のドットタイプ。
非常にシンプルですね♪(^^)
私も以前、これを持ってましたがワリと抜けのいい音がします。
Gibsonのアコギといえば、どちらかというと『ガリッ』とした音ですが、それがいい
形で表されてました。

もうひとつ、ほぼ同型でピックアップをマウントしたのがコレ。

d0021258_1222730.jpg

これもジョン・レノンが使って有名になった『J-160』
エレクトリックなだけあって、ポジションマークもレスポールやSGのソレと同じw
また、ピックアップを取り付ける分だけネックが追いやられ、ボディとのジョイント
位置が1フレット分浅く入ってます。
ブリッジとサウンドホールの間も狭いし・・・でも、音響工学的にはどうだったん
だろ?w


↑でちょこっと出てきましたが、Gibsonのもうひとつのラインがコレ。

d0021258_1225221.jpg

JumboシリーズでGibsonのアコギでは最上位機種として君臨する『J-200』
ブリッジ、ピックガード、そしてポジションマークのインレイ。。。
どれをとっても豪華ですね~♪(^^)
ボディはその名のとおり、かな~りデカいですww
その分、鳴りもけっこうデカくて、バンドの中で埋もれることもないんで使ってる
ギタリストは多いです。


と、ここまでは通常の「ドレッドノート」タイプでしたが、こゆのもあります。
主にブルースギタリストが好んで使っている「スモールボディ」シリーズ。
このタイプのギターは、もともとヴィンテージでしたが・・・人気があって現在の
ラインナップに加えられたんでしょうね。

んで、私が今アコギを買うなら・・・てのがコレ。

d0021258_123188.jpg

小ぶりのボディながら、スケールは「ハミングバード」と同じである『L00』
シンプルだし、取り回ししやすそうだし・・・けっこうソソられてます♪(^^)

もうひとつ、手の小さい方や女性なんかにオススメなのがコレ。

d0021258_1234596.jpg

『LG2』といいまして、スケールが短い(22-3/4")ので弾きやすいと思います。
(もともとウッディ・ガスリーの息子のためのモデルww)
女性にとっては、このスモールボディって扱いやすいんじゃないかな~♪


ここでひとつ、『フォークギター』ではなく『ピックギター』な一本を。

d0021258_124748.jpg

『L7C』、この「L」という型番はGibson伝統のものでして、以前あった『L5C』
んてのは、当時おそろしく高級で高かった記憶があります。
でもJAZZなんかを本格的にやると、こゆのが欲しくなるんだろうな~(^^;)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

速報!

Gibsonより、Jimmy Page Authentic LesPaul に続き、Jimmy Page Signature EDS1275
(Wネック)が発売されました~♪(^0^)

めちゃ、欲しいーーーーーーーーーーーーっ!ww
[PR]

by shika_monologue | 2007-03-14 12:05 | 音楽・楽器の話 | Comments(2)

Commented by shika_monologue at 2007-03-14 21:20
モーリスは名器だよ~♪(^0^)

・・・・そのうち国産の楽器もやろう・・・♪
Commented by kankun2006 at 2007-03-15 19:46
買っちゃえ~~!ww >Wネックも

ギブソンのアコギというと、ジャンボに代表されるデッカイイメージが先に来るほうですが、
意外とコンパクトなのも作ってたんですな。もうね、どうせ手が届くはずはない、みたいな
あきらめを感じちゃってw、それほど知らないんですよねw いい音しそうだなあ・・・。

ところでモーリスのロゴがどことなくマーチンに似ていた時代を思い出しますw
名前
URL
削除用パスワード