Mr.スポットを探せ!

というわけで、『きっす』にはスポット測光がないワケですが・・・(^^ゞ

そりゃまあ、用途・・・というか、ターゲット・ユーザ層を考えると、無いほうがフツーですね。
フルサイズCCDを積んでる上位モデル、EOS-5Dあたりになるとスポット可能になってる
ようですし、プロ用のEOS-1Dになると『マルチスポット』までありました。


かまたさんのご意見にもあったとおり、スポット測光を使いこなすにはそれなりの経験と
いうか・・・素材を見極める力が必要です。
一般的な被写体にコレを使うと、予期せぬ出来事が起こったり(笑)

しかもマルチスポットともなると、もう大変。
どことどこを測ったらエエねんっ!てなもんです(^^;)


ところが、これがピタッとハマると・・・そりゃもうナイスな作品ができあがるんですよね♪
いや、実際のところCanonのマルチスポットは使ったことがありませんが、オリンパスの
名機OM-4を使わせてもらったことがあって、持主の友人に教わりながら撮ったものには
単独のスポット測光では得られない表現力があったんですよね。

フィルムカメラと違って大量データを保存でき、失敗作は消せる(笑)というデジカメでは
いろんなところで測光して使い方を覚えていくってのが可能だし、その場で(ある程度は)
確認できる強みを生かしてチャレンジしてみるのも面白いと思います。


そんなわけで・・・デジイチを買うとしたら・・・やっぱ、コレになっちゃった(^^ゞ

d0021258_7241299.jpg


システム揃えたら、10年くらいかかるがなww


【結論】 手を出さないほうがいい世界のようだ(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2007-04-13 07:24 | 写真・カメラの話 | Comments(4)

Commented by 奈良の鹿 at 2007-04-13 08:27 x
それはね・・・・・風景では使えないのだよ・・・(-_-;)
○km先の山の露出は測れない・・・(ToT)

今日はせっかく休みなのにな~、見事に曇っとるww
(こりゃGWまでお預けだな・・・)
Commented by 奈良の鹿 at 2007-04-13 09:30 x
とくに紅葉の時期に山なんか撮ろうとしたら、ココのこのもみじを
主体に表現したいとかって場合が多くてね。
そんなときはスポット測光は強い見方になるのね♪(^^)
Commented by 奈良の鹿 at 2007-04-13 19:00 x
行きたくても行けないようなところだから
自然が残ってるんだろうね~♪(^^)
Commented by kankun2006 at 2007-04-14 09:42
明らかな失敗はその場で削除することもありますw
でも液晶での再生ですから微妙なところはわからないw
拡大表示させてピントの確認が出来るくらいです。
これだ!と決めた被写体は、時間が許す限り設定を
変えたりして何枚も撮っておくことが大事だと知りますたw
名前
URL
削除用パスワード