Oldies "Pops"

前記事で王様が『高速道路の星』なんかを歌っておりますが(笑)


私はというと、ここんとこちょっと古めの"Pops"を聴いております。
ここ大事です・・・「ちょっと」古めなんですね。
フィフティーズとかまでは遡りません、いいとこ60年代後半~70年代です。

たとえば、1910フルールガム・カンパニーの「トレイン」・・・・
たとえば、ショッキング・ブルーの「ヴィーナス」・・・・・
ママス&パパス、ビージーズ、などなど。


でもって、今いっちゃんハマってるのがコレ。

d0021258_103105.jpg


アルバート・ハモンドの「カリフォルニアの青い空」です。
なんだかホッとします。
先日の「奈良町」が思考回路に影響を及ぼしているのかもしれません。
お店にきた「ピノコ」ちゃんも影響しているのかもしれません。

とにかく、最近なんだか「ほのぼのモード」に突入している鹿でした♪


しかしこのタイトル、直訳したら「南カリフォルニアにゃ雨は降らん!」ww
なんでも直訳すりゃいいってもんじゃない、いい例ですね(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2007-05-17 10:08 | 音楽・楽器の話 | Comments(2)

Commented by kankun2006 at 2007-05-17 16:45
「南カリフォルニアにゃ雨は降らん!」
・・・さしずめ、
「長崎は今日も雨だった」
・・・か。

違うか。(ーー;
Commented by 奈良の鹿 at 2007-05-17 20:19 x
>ギルバート・オサリバン

「アローンアゲイン」、懐かしいよね~アノ雰囲気ww
やっぱジャンル問わず、アノ頃の曲っていつまでも心に
残ります♪
名前
URL
削除用パスワード