時の記念日

6月10日は時の記念日です。この記念日の由来は小学校の授業などでもよく
取り上げられていますので、ご存知の方が多いでしょう。

天智天皇10年の4月25日に漏刻(水時計)が設置され、宮中に時がつげられ
るようになったのを記念するものです。この天智天皇10年4月25日を太陽暦
に直すと671年の6月10日になるため、この日が時の記念日に制定されました。
制定は大正9年のことです。

もっとも、日本書紀によれば漏刻は実は斉明天皇6年5月に皇太子(天智天皇,
当時は中大兄皇子)の命により既に設置されていました。しかしその日付が
不明であるため、日付の明確な天智天皇10年の方が採用されています。

大雑把な目安しか提供できない日時計に比べて水時計はどうしても精密な
時刻を測ることができるものとして重用されましたが、その発明は古く、
BC16世紀にはエジプトで既に使用されていた記録が残っています。

天智天皇の時代にこの水時計の管理をしていたのは陰陽寮の漏刻博士たち
で二人で交替で水の量をチェックして鐘や太鼓で時報を鳴らしていました。

たいへん重要な役目ですので、居眠りしたり遅刻した場合の罰は出勤停止
や罷免など、たいへん厳しいものであったようです。

なお、しばしば誤解があるのですが、当時使用されていた時刻は現在私た
ちが使用しているような、夏でも冬でも一定の時を刻む定時法です。

時代劇などで登場する、日出と日没の間を等分した不定時法は、戦国時代
の混乱で定時法が運営できなくなった時に代用システムとして登場したも
のです。江戸時代は、時報の鐘を鳴らす役の人は機械仕掛けの正確な時計
に、わざわざ不定時法用の文字盤を取り付けて、それを見ながら鐘を打つ
という、まことに本末転倒なことをしていました。



コチラのサイトからお借りしました↓
(http://www.ffortune.net/calen/kinenbi/06/toki.htm)


時の記念日というと思い出すのが・・・・

d0021258_2265531.jpg

ご存知、奈良町にありますw『時の資料館』。
といってもフツーの民家でして、その一角で古代の エジプト、ギリシャ、ローマ
時代から現在に至る時を測る事に関する歴史と暦の資料が有り、庶民が最初
に利用した暦の1つと云われている南都暦、江戸時代の日時計、イスラムの天
体観測器等を展示しています。

この、こじんまり感が・・・・なんとも奈良町♪ww
[PR]

by shika_monologue | 2007-06-10 22:13 | 時計の話 | Comments(4)

Commented by kankun2006 at 2007-06-11 12:24
住んでいたことのある土地で時間についての記念館のようなものがあったのは、
埼玉の小江戸、川越にあった「時の鐘」かなあ。音色も良かったけど夕方なんかの
景色が印象深かっただす。昔ながらの蔵屋敷が立ち並ぶ城下町なので趣あるっす♪

わし、暦や時計の歴史には興味あるほうです。が、いま気になっているのは、
各自治体が夕方に子供たちへ向けて?流している有線放送w 例のカラスが
鳴くから帰りましょ♪ みたいなw 今は定住しちゃったけど放浪してた頃は
意外とさまざまなバリエーションがあるものだと感心してますたw
録音しておけばよかったww
Commented by 奈良の鹿 at 2007-06-11 12:37 x
休みを利用して、録音行脚にでるべしっ!!
・・・休み・・・・無いかww
Commented by JAM at 2007-06-11 12:38 x
わしんトコ(かんさんちの隣り)は歌の町(よいが住んでるよい町は〜♪)てヤツっす。
Commented by kankun2006 at 2007-06-11 22:05
おー♪ ってよいこさんは狛江ですが(爆)

つーか、だいたい鳴らす時間が5時とか5時半とか、決まってるものじゃないですか。
つまり1日の休みで1ヵ所しか録音できないなんて、効率悪過ぎww
名前
URL
削除用パスワード