ツェッペリン前夜

ジョン・ボーナムが愛妻パットと若くして出会い、結婚したのは17歳のとき。
ドラマーとしてのキャリアに本腰を入れるか、諦めてほかの職に就くか・・・
生活はけして豊かではなかった。
その2~3年前にプラントと出会っていたボンゾは、ちょうどプラントが在籍
していたバンドがドラマーを募集していたこともあり行動を共にする。
その後もバンド・オブ・ジョイなどでプラントと組んでいたが68年、しばらく
音信不通になっていたプラントから新しいバンドのドラムをやらないか?と
誘われることになる・・・

芸能人の両親の間に生まれたジョン・ポール・ジョーンズは幼いころから
ショービジネスの匂いを嗅ぎ取っていた。
始めてベースと手にしたのは14歳のとき、17歳のときにはプロにならない
かと誘われバンドに加入している、しかしベースギターはまだまだ軽視
されておりアンサンブルの中でも埋もれた存在。
そんなジョンジーが影響を受けたのは60年代中盤のモータウンの音作り、
ベースの持つ広範な可能性を示したモータウンサウンドはそれまでの
常識を覆すに十分だった。
その後、プレイヤーとしてよりアレンジにも才能を現すジョンジーは数々の
キャリアを構築していく。
そして68年夏、それまで培ってきた技量を発揮できる「何か」があれば、
すぐにでも身を投じる覚悟は出来ていた。

d0021258_037156.jpg


ロバート・プラントの両親は息子が髪を伸ばしロックンロールに夢中になる
ことに好意的ではなかったが、だからといって無理やりやめさせるような
こともなかった。
その頃ブルースと出会いその音楽形態に魅せられたプラントは傾倒して
いくが、そのようにしていろんな音楽を吸収していったプラントは自ら在籍
するバンドで何度かボンゾと組むことになる。
しかし数回のギグを行ったバンドはその後バラバラになってしまった。
ヴォーカリストとしてもハーププレイヤーとしても非凡なものを持っていな
がらタイミングを逃し、行き場を失って思い悩んでいたプラントの情熱は
直後思わず形で報われることとなる。

ジミー・ペイジの両親は息子がポップスとロックンロールに夢中になって
いくのを認めるばかりか励ましもした。
とはいえ学校へ行くとギターは没収、午後4時には返してくれるものの
学校ではギターは教えてくれない、自分で勉強するしかないのである。
しかし父親の応援もあって新しい試みやサウンドを追求していったペイジ
はクルセイダースのギタリストを経てセッションプレイヤーとして活躍する。
こうして数々のセッションをこなし、いっぱしのスタジオミュージシャンと
して名を馳せていったペイジにヤードバーズのメンバーとして誘いが来る。
その頃リードギタリストとしてジェフ・ベックを有していたバンドでの役割
はベーシスト、その後確執によりベックがバンドを去ってからはギタリスト
としてフロントマンとしての地位を確立していった。
しかしバンドはどんどんペイジの思惑とはかけ離れていき、ついには最期
を迎えるのである。

68年7月、ペイジは岐路に立たされていた・・・セッションプレイヤーとして
の道に戻るか、それとも・・・・


今はただ、前者を選ばなかったことに感謝することしか私にはできない。

                                   (つづくw)



【追記】
ほんとのところ、ここんとこ書き出すと凄く長くなるからかな~り端折って
ます(^^) 詳しい方には判っちゃうでしょうが「違うだろっ!」ってツッコミ
はナシの方向で・・・
[PR]

by shika_monologue | 2005-05-24 00:42 | 鉛の飛行船の話 | Comments(5)

Commented by kawamukai at 2005-05-24 15:55 x
奈良の鹿さん、こんにちは。
いやいや大変勉強になります。というか面白いです。私は音以外全然知りませんのでできれば凄く長くなっても読んでみたいですね。次もやってきますね(^o^)。
Commented by 奈良の鹿 at 2005-05-24 16:06 x
kawamukaiさん、どもです。

いやいや、プラントが女の子にモテるために髪の毛伸ばしたとか、ペイジがすごく落ち込んで鬱になってた・・・なんてことはこの際省略したんで(爆)
たぶん、あと2回はまだ結成されないと思いますがよろしく(^^)
Commented by なおゆき at 2005-05-24 20:23 x
続きまだーーー?(笑)

すいません。。。でもおもしろいです。ほんとに。
僕は多少知ってますけど知らないことも結構ありましたよ。
全然長くなっていいんで、むしろバンド結成するまで10回かかってもいいんで(笑)、読みたいですよーー!!
Commented by 奈良の鹿 at 2005-05-25 01:13 x
そんなに持ちませんがなw・・・(^^;)
Commented by かんくん at 2005-05-25 10:20 x
昨日Tsutaya行ったとき、たまたまジェフ・ベックの初期ベストが安かったんで買ったのね。ライナーノーツ読んでたら、鹿さんのこの連載が、ベック側から読めたみたいで( ̄ー ̄)ニヤリだったw 実際さ、ヤードバーズのこととかペイジだけでかなりのペイジになるよね(ここ笑うところ)

べるさんダメじゃん、先越されてるよ(笑)
名前
URL
削除用パスワード