ちげーよっ!

暑さも落ち着いてきたので、ちょっと「怒り」などを・・・

最近(でもないけど)よく、ネット・ゲーム・映画なんかの「暴力描写」が問題視されて
「その影響でウチの子が暴力的に」なんて親がいたりします。
しまいにゃ政治屋までソレに乗っかって「そゆのはよくないっ!」なんてワケの判らん
ことをのたまったりします。。。

ちげーよっ!

そうじゃなくて、「ソレはいけないことなんだ」とちゃんと教えない親や学校が悪いん
じゃないの?
ただただ「ダメッ!」っていうだけで、ガキんちょがことの良し悪しが判断できるわけ
ないじゃん。
「暴力」という描写があってもソレを頭から否定するんじゃなくて、「世の中にはそう
いう世界もあるけど、ソレはよくないことなんだよ」っていう説明をしてやらないと
理解できるワケないじゃん。

子供は「全面的な否定」に対しては、逆に興味を持ってやってみようと思うでしょ?
とにかく臭いものには蓋をして、あーしろこーしろなんて教育やってるから、学校も
荒んじゃうし、家庭も壊れるってものじゃないの?

光が当たれば絶対に影はできるんだから、光だけ教えても納得するはずもない。
キレイゴトばっかりじゃ、ますます逆効果だと思うんだけどね。。。
[PR]

by shika_monologue | 2008-09-07 23:30 | BLACKな話 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード