2017年 05月 05日 ( 1 )

野を駆ける夢を見た

突然、写真を撮りたいと思った。
20年も前は、よく撮影旅行に出かけたものだ。
その後休みが不定期な職に就いて、それを口実に出かけることが減った。
だが、自分にその気があれば行けたと思う。
ようするに、それだけ情熱が減っていたということだろう。

私のように風景中心だった者にとって、自然が減ったというのも一つの要因かもしれない。
若いころお気に入りだった景色は、確実に姿を消していっている。
特に身近にはもう無い。

もちろん遠出をすれば自然が残るところもあるだろう。
しかしそれも、職も車もない今の私には叶わないことだ。

今、目の前には生駒山が見える。
一年ほど関東に住んでいた以外は、常に身近にある景色だ。
子供の頃は、よく山で遊んだ。
山の上からの景色も好きだった。
その景色には、まだまだ緑も多かった。
今はそれを探すのも難しい。
もう写真を撮りに出かけることもないかな、と思っていた。

しかし昨夜、緑の中を走り回る夢を見た。
もちろん今の体調では現実的ではないが、夢の中では元気に飛び跳ねていた。
そんなこともあって、久しぶりに写真を撮りたいと思った。

いつか調子が良くなった時、近くでもいいから出かけてみたい気になった。
これも、望郷の一種なのかもしれない。


.


[PR]

by shika_monologue | 2017-05-05 10:03 | 閑話休題 | Comments(4)