カテゴリ:BLACKな話( 178 )

判っているだけでは何も変わりません!

というCMがありますが。。。

政治屋の答弁を聞いてると、問題が大きくなってきた時点で『検討いたします』。
その問題が起こり出した頃には、なにもしません。

いや、『検討』しだしたとしても何もしやしません。

何を『検討』するのかというと、それに対応したら『自分の利権がどれだけ減るか』
ということだけ。


ホントは問題が出てきたときに『検討』し、大きくなってきたら『対応』できるように
するのが正解じゃないのかな?

皆が騒ぎ出したから、とりあえず『検討』といっとけばそのうち忘れるだろ。
そんなのがミエミエ。。。


d0021258_21563978.gif


今の『憲法』なんて一度全部白紙に戻して、一から作り直したほうがよくなると
思うんだけど・・・

何十年も前に作ったもんなんて、今の世の中に沿ってるわけはありません。
ちょこちょこと変えられていく項目なんて、政治屋に有利になるものばっかり。

それじゃ~世の中、悪くなる一方です。
ついでに今いる政治屋も、一人残らず北朝鮮へでもやっちゃえばいいんだよ。。。
[PR]

by shika_monologue | 2007-03-12 00:01 | BLACKな話 | Comments(9)

あきれてモノが言えない話(双子座のAB型w)

【Side A】

「ゆで卵」を作りました。。。

三日目にして、まだ残ってるカレーに使おうを思いましてねww
小さく刻んで振りかけるつもりでした。

  ところがっ!!!

鍋を火にかけていることを、すっかり忘れておりまして・・・
約1時間後に気づいたときは、水はすっかり無くなり、卵は割れて中身がはみ
出し・・・「焼き卵」(玉子焼きではないw)状態に。。。

後悔しても仕方ないので、とりあえず殻を剥いて使ってみましたが・・・

  これが案外イケるっ!!!!

のですよ(笑)

「香ばしさ」というんでしょうか・・・えもいわれぬ「香味」を発しておりまして(^^)
失敗は成功の母、とはよく言ったもんです。

ただ、もう一度作れと言われても・・・二度とできません(爆)




【Side B】

2~3日前だけどね。。。


閣議前の写真撮影のとき、安倍が入ってきても・・・・『挨拶つもしない』とか、
『おしゃべりを止めない』というのについて、中川なんたらとかいうヤツが取材
で、『もっとちゃんとせいっ!』と言ったらしい。

それについて『当の』安倍は、「中川なんたらに聞いてくれ」とのこと。。。


おいおい・・・お前の立場について「言ってもらってる」んだろうがっ!


『自由』民主党かなんか知らんが、『好き勝手やる』=『自由』じゃないだろ。
明確な規律があるうえで保障されるのが『自由』じゃなかったのか?

そこを『政治屋』がはき違えてるんだから、一般市民が勘違いして当然だな。


そのうえ閣僚の一人が、『一般の人はこれが閣議だと思ってるらしい』などと
笑いながら言ってやがる・・・閣議前の撮影は「閣議」じゃないらしい。

・・・・・お前らは小学生か??

お前らの理論だと、「朝礼」や「ホームルーム」というのは『授業』のうちには入
らないってことなんだな?・・・・お前ら、それについて対策を考えてるんじゃな
かったのか?

それじゃぁ、『学級崩壊』も当然起こるというもんだ。
それを引き起こしてるのは、お前らだということになるな。


ポーズであろうと、ネコかぶってようと・・・なんでもいい。
TVに、それも全国ネットに映ってるんだから、その前だけでもイイ子になれ。
お前らの姿を見て、マネするバカが大勢いることを忘れるな。

『国の代表』だと言い張るんなら、せめてそのくらいの自覚はしろ。
[PR]

by shika_monologue | 2007-02-22 00:02 | BLACKな話 | Comments(4)

だから・・・なんで?

『民主党が鳥越俊太郎氏に、都知事選出馬を打診』


なんのためにタレントに出馬依頼するの?

よーするに、『知名度』というもんに頼らないと自分らでやる自信がないって
ことなの?

なんのための『政党』なのよ。。。
そんなに自信がないなら、やめちまえよ・・・政党なんて。

タレントが『選挙にでる!』といって、『そんじゃ応援するよ』ってのは、まだ
判る気がするけど、『出てください』ってのはなんなのよ??


政党は自分で、『我々はタレントより劣っています』って宣伝してるワケだ。
そんなのに『存在価値』があるように思う人、います?


もういいから、自分らで勝手に選挙でもなんでもやってよ。
その代わり・・・・・この国に対して、自治体に対して・・・何もするな。

国会も議会も廃止、肩書きだけはくれてやるよ。。。不本意だけど。。。


-------------------------------------------------------------------

てことで、今日はバレンタイン・デー♪

d0021258_21491466.jpg

[PR]

by shika_monologue | 2007-02-14 00:32 | BLACKな話 | Comments(7)

柳沢発言

厚生大臣の発言が、様々な波紋を呼んでいる。
またまた「子供は二人以上が健全」との発言で、野党から吊るし上げ。

政治屋がこういう発言をする、ということについては・・・私は判る気がする。
それは「理解できる、共感できる」という意味ではない。

「判る」気がするだけ、というのも・・・

政治屋の世界は、いまだに「世襲制」である。
自分の子供に「基盤や利権」を引き継がせようと、やっきになっている。
よーするに「子供」がいないと困るのだ。
引退しても、その子供を通じて「甘い汁」を吸おうとする腐れた根性がある
からに他ならない。

一人だけだと出来が悪い場合もあるから、子供は多いほうがいい。
だからそういう発想になるんだろう。
(別に「子供は少ないほうがいい」と言ってるのではないが・・・)

先日の「産む機会」発言にしても、普段から「金で買って」いるからそんな
言葉がでてくるのである。
「性の処理対象」としか見てないから、人間としての尊厳もクソもない発言
をする・・・・・男尊女卑なんていつの話だ?
根底がそうだから、同じような発言ばかり。

いまだにそんなことから離れられない、政治屋なんてその程度のカスだ。
この『柳沢』ってバカは、『恥』って言葉を知ってるのかね?

「全力をもって職責を全うする」らしいのだが、こんなヤツに全力を出され
ては、国民にはいい迷惑だ。

「職責を全う」する前に、人間としての「責任」をとることのほうが大事だろ。
というか、そんな「性格破綻者」に国の重職を任せること自体が間違って
いるのである。

安倍は安倍で何もできん無能者だし、いっそのこと今すぐ米国「日本州」
にしてしまえばいいんじゃないか?
私はアメリカという『国』は嫌いだが、そのほうが今よりはマシだと思う。


(いい加減、腹立ってますんで・・・今日の記事にはコメントはいいです)
[PR]

by shika_monologue | 2007-02-08 03:30 | BLACKな話 | Comments(8)

はっきり主張しようよ

たまたま、某K氏(笑)のところで触れていましたが・・・偶然「学校」の話題(^^)

学校で起こる様々な問題・・・こんなことまで問題になるんかいっ!ってことまで
どんどん出てきますよね。

私は今、巷にあふれてる「教職員の不祥事」の原因は「親」にあると思ってます。
どんな些細なことでも・・・ともすれば「正当な理由」があることでも、親は文句し
かいいません。
たぶん親との関係が円満であれば、こんなバカなことはしなかっただろうな~と
思うような事件も少なくありません。
(そりゃ、人間的に劣っている・・・何かがかけている教師が、数え切れないくらい
いることも事実ですけどね)

一見「教師vs子供」に見える事柄も、当の「子供」は親のすることを見てるだけな
ので、けっきょくは親の姿勢なんですね。


そこで、(あくまでも「私」の意見ですが)学校で起こってる問題についてちょっと
考えてみました。

まずは『体罰』


 これは私は大賛成です・・・あくまでも「体罰」について、ですがね。
 理由のない体罰はただの暴力ですが、子供が教師に叱られる場合はほとんど
 明確な「理由」があることが多いです。
 自分の子供が「悪いこと」をして叱られて、「なんで殴ったんや!」というような
 バカ親は一生動物園にでも入ってなさい。
 あんたらのやるべきことは学校に文句をいうことじゃなくて、子供に「なぜ怒られ
 たか」を教えることです。
 自分の子供を躾けることもできないような半端者のあんたたちに子供を育てる
 資格はありません。
 子供の躾を放棄して、他人に叱られたら逆切れ・・・野生動物でもそんなことは
 しません。


そんでもって『給食費問題』。


 子供に「無銭飲食して来い」と、堂々という親ってなにを考えてるんでしょう?
 犯罪を子供に強要してるんですよ。
 「あの店でパン盗んで来い」とは言わないのに、ナゼ「給食費」は払わなくても
 いいという思考になるんでしょうね。
 仮に払わない親に対して「目に見える罰則」が与えられたら、手のひら返した
 ようにヘーコラと払うんでしょうね・・・何も罰則がないから、健康保険のように
 払わないと自分の身に降りかかるということがないから、払わないだけ。
 そんな親を持つ子供には、給食を食べさせる必要はありません。
 学校は「ほどこしを与える」施設ではありませんからね。
 あんたの子供がメシ食えないのは、あんたのせいだから。
 それで文句を言ってくるようなバカ親には、隔離して一切の食料品を与えない
 ようにしてしまいなさい。
 「金を払わず飯を食う」ということはどういうことか、よく判るでしょう。
 (もちろん、ちゃんとした理由があって「払えない」ご家庭は、その限りではな
 いですが)



とまあ、こんな具合に私は「学校での事件」を見るたびに、「これは親の犯罪や」
と思うことが多すぎるんですよ。。。
この問題は(ひょっとしたら)今後シリーズ化されるかもしれません。
(カテゴリも作ったしww)
[PR]

by shika_monologue | 2007-02-01 00:05 | BLACKな話 | Comments(4)

「あるある」打ち切り

例の「納豆ダイエット」の一件で、番組が打ち切られるらしいですね。
たしかに、けっこう影響力のあった番組ですからある程度は仕方ないのかもしれません。

で、TVでは例によって社長の進退問題が取りざたされています。
いつも思う事ですが、なぜなんでしょう?

いえ、一企業のトップとして会社の不祥事の責任を取る・・・ということに疑問を抱いている
わけではありません。

「なぜ、一般企業だけ責任を取るんだろう?」という点に疑問があるんですよね。

同じ大阪府では、「裏金問題」の委員に「裏金疑惑がある弁護士」が任命されているとして、
連日のようにニュースに出てきます。

しかし本人はだんまり、任命した府知事もなんら反省していないようです。
これが一般企業なら、本人は即クビ、府知事は責任を取って辞任てことですよね。

なんで「政治屋」にはその「常識」が適用されないんでしょう?
都知事も海外に三男を連れて行ったと騒がれては「当たり前」と言ってのけてます。
たかが「作家崩れ」が、何を勘違いしてエラそうにしてるんですかねぇ?

私としては逆だと思うんですが・・・
「政治屋」こそ、こういうときは「責任」を取らないといけないんじゃ?
「一般企業の社長」以上にね。

「利権」という商品を扱って「商い」してるんなら、悪あがきしてないで「責任」取れよっ!


「政治屋」と「常識」というのは、なにか相容れない「水と油」的なものがあるんですかね。

東国原英雄君・・・期待はしないけど変えてくれ、政治屋を。。。
[PR]

by shika_monologue | 2007-01-29 00:02 | BLACKな話 | Comments(10)

ワーキング・プア

昨日の続きでもないですが・・・・・

学習塾のCMかなんかで、日本の教育は 3+2=□ であるのに対して
欧米の教育は □+□=5 である・・・なんてのを見たことあります。

日本が結果を導き出すための教育であるのに対して、アチラでは原因を
解明するためのものであるということですよね。

それは受験勉強の影響なのでしょうか?
日本では原因なんかどうでもよく、こういうやり方をしたらこういう結果が
でる、ということしか教えません。
「お前らは方法だけ覚えとけばええんじゃ!」てな具合です。
そんな教育で「学問の面白さ」なんて、理解できるはずはありません。
それは社会に出てからも同じ。


そして、そういう教育の最高峰を受けてきたのが『政治屋』達。
だから「自分たちの利益になる」という結果が得られれば、過程なんか
どうでもいい・・・その手段が「汚職」でもなんでも関係ないわけです。

そんな連中が「教育制度」について何かを決めようというんだから改善
なんかされるわけはありません。

私は「汚い手」を使って大金を手に入れるくらいなら、「普通に働いて」
ビンボであるほうがカッコいいと思ってます。
[PR]

by shika_monologue | 2007-01-23 00:02 | BLACKな話 | Comments(3)

ちゃうちゃうちゃうんちゃう?w

日本の学生の学力低下が問題になっている今日この頃。
たしかに「知識」ってのは大事だと思います。

でもね・・・

「知識」と「常識」って違うよね。

「数式を知らない」とか、「歴史上の出来事を知らない」からといって
それは「頭が悪い」ってことなんでしょうかね?
そんなことより「人に挨拶が出来ない」とか、「公共の場で状況に合っ
た行動が出来ない」ってほうが、ずっと「頭が悪い」んじゃないかな?

今の日本人には、まず「常識」を教えないといけないんじゃないか?
って思うことのほうが多いです。
そして、教育制度は明らかにその逆を行ってる・・・

「常識」のない「知識」・・・・・それって、怖いと思うんですが。。。


d0021258_033811.jpg

[PR]

by shika_monologue | 2007-01-22 00:01 | BLACKな話 | Comments(1)