カテゴリ:「ヲタ」な話( 190 )

Happy Birthday♪

今日、11月3日は世界に誇る日本の英雄『ゴジラ』の誕生日です。
1954年、私が生まれる〇年前に銀幕デビューを果たしたゴジラ。
もう還暦ですね(笑)

もちろん、まだ最新作のハリウッド・ゴジラは観てませんがその前に原点に触れておこうってことで。

d0021258_1726466.jpg


今日はオリジナル『ゴジラ』を観てました。
当時は最新だった特撮技術で世の中を驚かせた『ゴジラ』、そりゃ今観るとちっちゃいし動きも
ぎこちないですけど、そんなことを払拭するに余りある迫力がありますよね♪

基本的に彼はやはり悪役です。
途中正義の味方になったり、しっぽ抱えて飛んでみたり、挙句の果てに『シェー』してみたりと
紆余曲折がありましたが、やはり都市を壊しまくる彼こそが本来の姿。


あれ?
息子がいたってことは・・・彼女か?(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2014-11-03 17:38 | 「ヲタ」な話 | Comments(0)

だーかーらぁー・・・

録画しといた『ほん怖』観たんだけど・・・

石原さとみちゃんが出てたヤツで、車で逃げる時に黒い女がそこまで来てるのに一所懸命
シートベルトをしようとするんですよね。

いやいや、おかしいでしょ?

たとえば包丁持って追いかけられてるときに、わざわざ時間かけてシートベルトするか?って。
法令順守ってのも判るけどさぁ・・・とりあえず発進して、少し離れてからでもいいじゃない。

リアリティってものがまったく感じられない演出だよね。
クレーム入れるヤツに聞いてみたいよ、お前ならそんなときどうすんだ?ってね。
[PR]

by shika_monologue | 2014-08-18 13:44 | 「ヲタ」な話 | Comments(2)

夏恒例

今年も恒例の番組がふたつ。
あんさんは無理っぽいけど、ひまさんは観るだろうな(笑)
ともに今週末、8月16日の放送ですが・・・

d0021258_228522.jpg


そうなんですよ、音楽三昧週間の初日なんですよねぇ。
こりゃ同時進行で怪談三昧にもなるかな?


あと5日。
とりあえず雨だけは降らないでね。



先日の台風、皆さんちは大丈夫でした?
またまた増水とかで、アチコチ大変そうですけど。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-08-11 19:50 | 「ヲタ」な話 | Comments(3)

映画の話題をもうひとつ

1988年に登場して人気を博した、『寄生獣』という漫画がありました。
空から飛来した『パラサイト』が人間に寄生し、他の人間を捕食するというSFパニック映画的なもの
でしたが、今年それがアニメおよび映画化されることになったそうです。

d0021258_21461949.jpg


これ、実は私もファンなんですよ。
コミックスもちゃんと持ってますしね。
映画観たいですね~、ぜひとも。
あの世界観を実写でどうやって表現するか、今から楽しみであります。
予告編観たかぎりじゃ、けっこう期待できそうなんですけどね。



さて、明日から8月。
もうすぐ音楽三昧の日々に突入します。
それに向けて、そろそろ準備期間に入らないと(笑)
しばらく更新頻度が減りますが、ご容赦ください m(_ _)m

って、別に減ってもどこにも影響しませんが。。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-07-31 19:44 | 「ヲタ」な話 | Comments(2)

ごじら

あえて、ひらがなで表記しました(笑)

ハリウッド版の新しい『ゴジラ』が公開されましたね。
今回のは、オリジナルにだいぶ近づいた造形となったようです。
まあフルCGってことで、本来着ぐるみであるソレとはだいぶ質感が違いますけどね。
前にハリウッド版が作られた時、それは『ゴジラ』ではなくただのデカい爬虫類でした。
『ジュラシックパーク』に出てきた『ティラノザウルス』となんら変わりはなかったんですね。
あれを観た古くからのファンは、『あんなのゴジラじゃねぇぜっ!』と思ったことでしょう。
それに比べりゃ新作はだいぶマジメに『ゴジラ』を作ったといえるでしょうが、それでもまだまだ。
第一、デカすぎます(笑)

d0021258_2237452.jpg
フィギュアだと全身の造形がよく判りますね。


やはり東宝が描いたあのプロポーションこそが、唯一無二の『ゴジラ』なんだと思います。

さてこの『ゴジラ』、英語表記で『 GODZILLA 』なワケですが。。
発音的には『ガッズィーラ』となります。
でも『ゴジラ』の祖国である日本出身の渡辺謙さんが、それを拒否してオリジナルそのままに発音
したというエピソードを聞いてちょっと感動している私です。
[PR]

by shika_monologue | 2014-07-30 19:35 | 「ヲタ」な話 | Comments(2)

黄色いチンクに憧れて... (記事にはまったく関係ありませんw)

昨日もちょこっと触れましたが・・・

タモさんも言ってたけど、そもそも私ゃミュージカルってのが苦手なんですよね。
というか、キラいなほうだと思います。
そこまでじゃないけど、フツーの演劇の舞台なんかも観ないし。。

音楽のライブと違って、演劇って普段の生活の延長戦上じゃないですか。
だから『んなヤツおるかい』とか、『大げさやな』って思っちゃう。
いや、判るんですよ。
TVドラマと違ってアップで表情の変化とかを感じるようなもんじゃないし、より大きく表現しないと
ダメなんだろうなぁって。
でもねぇ・・・やっぱ観てるとお尻がこそばいような、ムズムズするような。
アレがどうしても合いません。

そういう意味からも、普段から熱血な人も性に会いません。
たとえば松岡修造とかも、『いやいや、周りに迷惑やろ』としか見えないしね。
だいたい熱血なんてのは、内に秘めてるからこそ感動するもの。
無理やり人に押し付けるもんじゃないですから。


あ、また話が逸れた(笑)

ミュージカルの話に戻りますが、あの日常の出来事の中で踊りだすってのがワケ判らないんですよ。
道端で井戸端会議してたおばちゃんが急に踊りだしたら、気持ち悪いを通り越してコワいでしょ?
そんな感じ。
昔から映画でも、名作と言われるミュージカルものがあります。
『サウンド・オブ・ミュージック』とか、『ウエストサイド・ストーリー』とか。
映画自体は好きですけど、ああいうのは苦手なんですよねぇ。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-07-24 19:44 | 「ヲタ」な話 | Comments(2)

ゴシック!

① 活字書体で、縦横の線が均等な太さのもの。ゴシック体。ゴチック。ゴチ。
② 「ゴシック式」の略。
③ 文学作品や映画、ファッションなどで、幻想的・怪奇的・頽廃的な雰囲気をもつもの。


という意味。
私はこの『ゴシック』が好きだ。
書体も明朝よりゴシックがいいし、ゴシック様式の建築物も好きである。
そして③の『幻想的・怪奇的・頽廃的』は、もう大好物だ。
そういえば昔、その名も『ゴシック』という映画があった。

d0021258_2334235.jpg


なんとも幻想的な映画だったが、けっこう面白かった。
これはDVDは持ってないが、機会があればもう一度見たいと思う。


-----------------------------------------------------------------------------------


ドイツの優勝で幕を閉じた今回のW杯。
園長後半での決勝点という接戦だった。
スポーツに『もし』は禁物だが、PK戦までもつれこんでいたとしたらどうなっていただろう。
もしかしたら・・・

私は欧州よりも南米のサッカーが好きなので、残念ではある。
これから次回大会に向けて、また各国の挑戦が始まる。
ブラジルがどこまで立て直してくるか、楽しみに待つことにしよう。
[PR]

by shika_monologue | 2014-07-14 19:35 | 「ヲタ」な話 | Comments(0)

クラック!

① 壁・天井・岩壁などにできる,割れ目・裂け目。
② コカインを精製した麻薬。


という意味。

有名な都市伝説に、こんな話がある。
昔、男の子が道の向かい側にいた姉のところへ走り寄ろうとして事故に遭い、そのときに起った
地震でそばに建っていたマンションの壁にひび割れができたが、それが最後に男の子が発した
『姉さん』という形になった・・・というもの(他にも諸説あるが・・・)。

d0021258_23401457.jpg


都市伝説としてはそれほどおどろおどろしいものではないが、話の内容はともかくとして壁の
ひび割れは実際あったようで、写真も残っていて番組でも多数取り上げられた。
確かに『姉さん』に見えなくもないが、これは偶然この形になったものだろう。

そんな意味ありげなひび割れもあるが、私たちギターフリークにはもっと身近なものがある。
今のギターの塗装材では起こりにくいが、ビンテージと呼ばれる時代の塗装材では経年変化で
表面にひび割れが現れることがある。

d0021258_23403252.jpg


これは人間の指紋のようなもので、同じものは二つとない。
退色したカラーと相まって、その一本特有の個性・味といったものをを生み出す。
ようするに、唯一無二のギターを手に入れることが出来るのである。

女性のように大量生産されたブランド品を持つこととは意味が違うのだが・・・
それを理解してもらうことは、150歳まで生きるより難しい。
[PR]

by shika_monologue | 2014-07-02 20:05 | 「ヲタ」な話 | Comments(0)

トリック!

人をだますはかりごと。ごまかし。詭計(きけい)。策略。

という意味。

と、そんなことは置いといて・・・以前TVドラマで『 TRICK 』というのがあった。
自称天才マジシャン・山田奈緒子と日本科技大物理学教授・上田次郎の凸凹コンビによる
コメディ色の強いドラマだが、いちおう謎解きを軸とするもの。
監督が堤幸彦ということもあって、いろいろパロディも入っていた。

たとえば同氏が監督を務めた『金田一少年の事件簿』の名ゼリフ『謎はすべて解けた』を
パロった『謎はトべてスけた』や、その他にも横溝作品をもじった地名や小道具もあった。
深夜枠のドラマだったが人気が高く、スペシャルや映画も作られた。

d0021258_1043733.jpg


この奈緒子と次郎の凸凹コンビのやりとりが、私は大好きだった。
あまりシリアスなドラマや映画は苦手だが、こういうスタイルのものは大好物だ。
昨今流行った刑事ドラマでもコメディ色の強いものの方が好みだったが、視聴率なんかを
見ていると世間ではシリアスなもののほうが人気が高いようだった。
このへん、やはり私はヒネくれてるのかもしれない。

余談だが、このドラマシルーズの主題歌は(まともだったころの)鬼束ちひろだった。



今はなんだかブッ飛んでしまっているが、この頃の曲は情緒が感じられて今でもよく聴く。
なにが彼女を変えてしまったんだろうか。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-06-29 19:41 | 「ヲタ」な話 | Comments(6)

ホリック!

他の語の下に付いて、中毒、あるいは中毒のようになっているの意を表す。
「ワーカ―」「アルコ―(=アルコール中毒)」


という意味。
私は確実に『ニコチンホリック』だろう。

d0021258_2353913.jpg
灰皿には『CAUTION』(警告)の文字(笑)


『中毒』には『食中毒』のような症状としての意味と、この『‐ホリック』のように『その快感から離れられない』
という意味がある。
『アイドルホリック』のことを『ヲタク』と言うのかもしれないと、ヲタ友を見ていて思う。
私にとっては『タバコ』と『音楽』が、それに当たるだろうか。
どちらもそれが無い生活は考えられない。
『飲む打つ買う』はやらないんだから、それくらいは許してくれと思う。
だが世間では、ともすれば『買う』以上にタバコは悪者扱いだ。
最近では、TVドラマでタバコを吸うシーンがあるだけでクレームがくるらしい。
それが演出上の表現であろうと、おかまいなしにである。

そこまでして嫌うべきことなのだろうか?
それはもう、『健康ホリック』や『クレームホリック』としか思えない。
ようするにそれ自体が一種の病気であり、ぜひ病院で治療でもしていただきたい。
が、本人たちはそれを『正義』だと勘違いしているから性質が悪い。
昔、トレンディドラマ全盛のころ主人公が住む豪華な部屋にツッコミを入れていたが、現在の状況はそんな
生易しいものではない。
[PR]

by shika_monologue | 2014-06-28 19:55 | 「ヲタ」な話 | Comments(0)