カテゴリ:写真・カメラの話( 86 )

いまさらかよ・・・

こんなCMを観た。。。





私ゃ、ずっとそう言ってきたゾ・・(-_-;
[PR]

by shika_monologue | 2012-07-08 19:52 | 写真・カメラの話 | Comments(4)

多重露光

d0021258_14303053.jpg


ようするに、二重(以上)写しですが。

昔のカメラのようにレバーでフィルムを送るタイプの場合、主に送り忘れ・・・

あるいは何かのトラブルでフィルムが送られなかったため起こった現象。

後にそれは表現手段の一つとして、意図的に多重露光する手法ができました。

カメラが電気というものを手に入れて、フィルム送りがモーターで自動的に

行われるようになっても、多重露光モードというのが存在してましたね。

コレ、けっこう面白かったんですよ。

ココにこういうふうに別の画像重ねて・・・とか、考えるのが楽しかったし。


この多重露光という技術、デジカメではどうなったんでしょ?

電子的なデータじゃ、後からきたものに上書きされちゃいますよねぇ。。。

現像ソフトで複数の写真を合成する?

それも”なんだかなぁ~”・・・それじゃ”コラ”だし。

誰か教えて~っ! デジカメってどうなのーっ!!


※自分で調べろ!ってツッコミは、ナシの方向で(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2011-08-02 14:33 | 写真・カメラの話 | Comments(7)

ホントに惜しいっ!!

ペンタックスから登場した、最小最軽量の『デジイチ』。

手のひらサイズの『PENTAX Q』ってヤツです。

d0021258_1535276.jpg


大きさは、約98mm(幅)×57.5mm(高)×31mm(厚)。

重さは、電池込みで約200g、本体のみなら約180g。

小さいです、軽いです。

横幅がロングサイズのタバコと同じくらい。。

画像もだいたい実物大くらいにしてみました。

そしてなにより、デザインが直線ベースです(ここ大切)。

レンズの配置も、ほぼ真ん中(ここも大切)。


最近のデジタルカメラ、特にデジイチはデカくてころっころのもの

ばっかになっちゃってねぇ。。。

昔の一眼レフは、手軽に首から提げて出かけられたんですがね。

オリンパスの”OM”シリーズなんかは、ホントに小さかったし。


まあ超小型なわけですから、レンズは専用のようです。

そのへんのコンセプトは”auto110”に通じるものがあるかも。

でも用途が決まっている人は、頻繁にレンズをとっかえることも

ないからいいんじゃないでしょうか?

私もほとんど風景しか撮らないし、何本もレンズ持ち歩くことは

あまりありません。

ズームレンズもあるんで、それ一本でも十分かと思います。

それでも、レンズ交換できるってのは魅力なんですけど。

風景写真の場合、ベストポイントを求めて歩き回るときは重く

大きすぎるボディはかえって邪魔ですからね。

スナップ中心の人も、今のデジイチはデカすぎます。


ただやっぱ・・・このサイズですから仕方ないのかもですが、

ファインダーがありません。

というか、本来ペンタプリズムがあるべきところがフラットに

なってて、そこにアクセサリシューがついてます。

当然プリズムもミラーもないし、シャッターもレンズシャッター。

これはまあ正確に言うと、一眼『レフ』ではないということに

なりますが、それを言っちゃうのは可哀そうてことで。。

アクセサリーでこんな光学式ファインダーはありますけどね。

d0021258_15352054.jpg


レンズ交換できる『コンデジ』だと、割り切ればいいのかも。。


使用者や使用状況を選ぶカメラかもしれませんが・・・

ペンタックスさん、次はぜひコレにファインダーを!!
[PR]

by shika_monologue | 2011-06-24 20:11 | 写真・カメラの話 | Comments(2)

ライカとは

ライカのカメラ、1億5千万円で落札

これはドイツのカメラメーカー「ライカ」が1923年に製作した25台の小型カメラ(試作品)の
1台で、ウィーンで28日に行なわれた競売での落札額は実に132万ユーロ、日本円にして
およそ1億5千万万円。
カメラの落札額としては過去最高額で、落札者はアジアの個人収集家だということ。
このカメラは今もちゃんと稼働する。



d0021258_21174044.jpg


興味のない方には「意味判んねー・・」としか映らないであろう、このエピソード。

でも、ライカってのはそういうものなんですよね。

ヴァイオリンでいうところの、ストラディバリウスみたいな。


うん、そういうものなんだよな。
[PR]

by shika_monologue | 2011-05-30 21:18 | 写真・カメラの話 | Comments(2)

わははははっ♪

久しぶりに、めっちゃ欲しいと思うカメラに遭遇。

d0021258_18531686.jpg


『ちょびッカム・クラシック』っていう、トイデジです。

消しゴムサイズってことで小さいのに、いっちょ前なスタイル(笑)

なんと!、レンズも交換(?)できるらしい(^^)

d0021258_1856739.jpg


値段は、この大きさにして1万円超とトイカメラにしては高いけどね。

でも、この遊び心は捨てがたいんですよね。


ちなみに、詳しい仕様はコチラ
[PR]

by shika_monologue | 2011-04-07 18:55 | 写真・カメラの話 | Comments(2)

朗報っ!

やっとです。

カメラがみんなデジタルになって、ファインダーが消えて・・・

世の中から「ちゃんとした」カメラが無くなってから久しい、今日この頃。

やっとこんなカメラが出ます。

d0021258_21173431.jpg


本格的なレンジファインダーを備えたデジカメというのは、今まで両極端でした。

安い車なら買えそうなライカか、チープなトイデジ系のものしか無かったんですが、

来月、富士フィルムから中堅機が出るそうです。

どうせなら後ろのモニターなんか要らないところですが、まあデジカメってことで。

価格は11万円台、なんとか買えそうな値段ですよね(私には高価ですが・・・)


これをきっかけに各社こんなカメラを作ってほしいと、切に願います。
[PR]

by shika_monologue | 2011-02-17 21:17 | 写真・カメラの話 | Comments(4)

今朝、なんだか雲がいい具合だったんで撮ってみた。。。

d0021258_19404387.jpg


携帯カメラだから画質は良くないですけどね。

写真じゃ判りづらいですけど、肉眼で見たら山の向こうから

巨大な鳥が飛んできたように見えたんですよ。

風が創造する一瞬の芸術、タイミングもあるのかな。

この後、あっという間に崩れていきました。。。
[PR]

by shika_monologue | 2010-12-01 19:41 | 写真・カメラの話 | Comments(2)

いつの世にも銘機というものは存在するという古都の秋

雨が降ってます。

けっこうな雨です。

そんな夕刻の、水煙にぼんやりと浮かぶ街もまた素敵。

雨の町並みだけを撮ってみるのもいいかもしれないと思う、奈良の鹿です。


このブログで、たびたびお題となっているデジタルカメラ。

検討するほどに、デジタル一眼レフには興味が無くなってくるんです。

というか、デカくて重い一眼レフを持ってうろつく体力も無くなってきた

ってのが正直なところ。

でも趣味としては古いほうであるカメラ、このままやめてしまうのもね。

そうなってくると、年取ったらいつかはコレを持ちたいと願ったカメラ

があります。


その名はライカ、レンジファインダーの傑作『Mシリーズ』です。

d0021258_1844577.jpg


これはその最新作、デジタル化はされてますがフルレンジ素子を備えた

『M9』というモデル。

まあね・・・高価ですよ、ものすごくね。

これはレギュラーモデルですが、75万くらいします。


さらに限定の『M9チタン』というのもありまして・・・

d0021258_18442639.jpg


コチラは、240万くらい(笑)

いやもう、ホントに笑うしかありませんね~(^^;)


コレは本体価格だしね、レンズも買わなきゃならんワケですよ。



アナタなら車買う? それとも、ライカ買う?
[PR]

by shika_monologue | 2010-09-27 18:44 | 写真・カメラの話 | Comments(2)

温故知新 3

永くカメラをやってると、行きつけの店ってのができます。

それも最新機種を売ってる大型店ではなく、主に中古品を扱う大通りから

ちょっと外れたところにある、小さなお店です。

私にもそんな馴染みの店がいくつかありまして、ぶらっと寄ったそのうち

の一軒にひときわ輝く一台がありました。

d0021258_0202053.jpg


このカメラは "Canon Ⅳsb” という、キャノンが創世記に送り出した名機。

1952年(昭和27年)に発売されたレンジファインダーカメラです。

当時の日本のカメラメーカーはドイツのライカ社のカメラを模倣していま

したが、これもそのうちの一台。

そして、本家ライカの製品を超えたと称された逸品なんです。

この約60年も前のカメラが、奇跡的なコンディションで飾られてました。


一目惚れしました。

が、そんな貴重なカメラ・・・おいそれと買える価格であるはずもなく。。。

店の親父さんも、売る気はなさそうでしたけどね(笑)


この一台を話題に親父さんと話しながら、コーヒー三杯飲んじゃいました。







欲しいなぁ・・・(^^;)


(※画像は同型機種のものをネットからお借りしました)
[PR]

by shika_monologue | 2010-05-16 00:30 | 写真・カメラの話 | Comments(2)

トイデジ 3

まあ、なんだかんだ言っとりますが。。。(笑)


純粋な『トイデジ』という分野は、まあだいたい画素数が多くて200万くらいで

値段も2000円とかくらいで、背面にモニターなんかついてなくって。。。


という感じなんで、ここに紹介した二つは『トイ』と『コン』の中間くらいに

なりますね。


でもま、本格的なデジカメはいらないから数万円もする買い物はちょっと・・・

という人(よーするに私のようなw)には、このくらいのレベルがちょうどいい

かもしれません(^^)


ということで、もしかしたら・・・トイデジで撮った写真がいつかUPされるかも

しれません。
[PR]

by shika_monologue | 2010-05-03 19:56 | 写真・カメラの話 | Comments(0)