カテゴリ:写真・カメラの話( 86 )

ヒマなんですよw

今日は時間が有り余ってるんでカテゴリ制覇しちゃってますw

某デジタル系雑誌を見ていたんですが・・・

デジカメが山のように載ってますね(^^)
一眼からコンパクトから、年度の初めだけあっていろんなのが出てきてます。

コンパクトにおいては、SONYのサイバーショットが厚さ1cmを切った!という
見出しが出てました。
写真を撮るという行為はそういうもんなのか?薄く小さくすればいいのか?と
なんとなく疑問w

同じ特集にKiss DIGITAL Nも・・・

「ポリカーボネイトの外装を採用するなどして、485gという一眼デジカメとして
世界最軽量を実現!」・・・う~ん、べるさんの受難は続くw

でもなぜか写真はCanon NEW F-1、私の愛機です(^^)
基本構成ですが、これでも重いw

Canon NEW F-1 アイレベルファインダー付 / レンズ FD50mm f1.2



こちらがNikon F4、AF機ながらマニュアルの操作感を残している。
[PR]

by shika_monologue | 2005-04-17 11:58 | 写真・カメラの話 | Comments(6)

ぺりくる?

なにぶんデジカメには無知なもんで、最新のデジタル一眼のシャッターって
どうなってるのか知りませんでした(^^ゞ

そこで調べてみたんですが、やはり記録媒体が違うだけでシャッターはちゃんと
ついてるんですねw


一眼レフというものは簡単に説明しちゃうと↓のようになります。

レリーズ(シャッターボタン)を押してミラーが跳ね上がり、露光が開始するまでの
タイムラグというものがスポーツ写真をはじめ、瞬間を大切にする撮影には大きな
ネックであるわけです。

そこでミラーの代わりに半透明の幕をくっつけミラーアップすることなく光を透過する
ようにしたものがあります(この幕のことをペリクルミラーといいますが)。
CanonでいえばペリックスとかハイスピードF-1、EOS-RTといったところでしょうか。
これによりそれまで0.数秒かかっていたこのタイムラグを0.00数秒まで早めること
ができました。

そこで最初に書いたデジカメのシャッターなんですが、もし従来の方式ではなくて
電気的に切れたら(つまりシャッターは常に開いた状態でレリーズを押したときだけ
信号が記録される)このペリクルミラーと組み合わせることでタイムラグ≒ゼロの
カメラが作れるんじゃないか?


なんて考えてしまったボクってバカ?(^^ゞ
[PR]

by shika_monologue | 2005-04-16 12:17 | 写真・カメラの話 | Comments(9)

そういえば・・・

皆さんはCONTAXというカメラをご存知だろうか?
ライカのレンズ(カールツァイス)を使用し、プロスペックを誇る名品ですが。

主要メーカーがAFカメラを作りだした時代、CONTAXも乗り遅れるわけには
いかず手を出し始めました。
他社ではピントを合わすのにレンズを動かすという方法に躍起になっていた頃、
そこはカールツァイス・・・・レンズをAFにするわけにはいかない。

CONTAXは考えた・・・レンズを動かせないならフィルムを動かせばいいw


このカメラ(名前は忘れました・・・^^ゞ)はバカデカいです、なぜなら・・・

①ボディが二重構造になっていて中の構造がまるごと動く。
②レンズを通した結像面にフィルム位置を合わせる。
③結果としてピントが合う。

という恐ろしいことをやってのけてしまったから。
あとにも先にもこんな構造のカメラは見たことがなかったし、たぶん発想が
ブッとんでいたんだと・・・お時間のある方は検索してみると面白いかもです。

このカメラがどれくらい売れたかは、よく知りませんw





あとがき:  あ、思い出した! CONTAX AX だっ!
[PR]

by shika_monologue | 2005-04-15 12:38 | 写真・カメラの話 | Comments(5)

ヴィンテージ志向(徒然てみる日)

人間そのものが古い、というのもありますが・・・


最新の機能というものについていけなくなりつつある自分がそこにいます。

「ついていけない」というのは適切な表現ではないかもしれません、
あえて言うなら「ついていかない」が正解なんでしょうw

たとえば今の携帯、様々なことができますが理解して使っているかというと、
そこには「相手がやるから無理やり憶えてこちらもやっている」機能がいっぱい
あったり・・・メールにしてもね。
PCも然り、なぜそうなるのか判らずに使ってる機能のいかに多いことか(^^;)

それはそれで仕方の無いこと、世の中がそういうふうに変ってくるならなんとか
ついていこうと日々もがいてますw


だから「古きよきもの」に触れるとなんか安心するというか・・・

カメラもその一つ。
今のほうが格段に機能は充実してるしいろんなことが簡単に出来ます。
私が始めたころのなんてなんも出来ません、やってくれませんw
それがまた可愛い(^^)

昔の人は「手のかかる子ほど可愛い」なんていいましたが、ホント的を得て
いると思っちゃいますね。
今のカメラにはダイヤル(くるくる回すヤツw)がありません。
機能を切り替えるときは「このボタンとこのボタンを押しながらコレを回す」に
なります、憶えきれません(^^;)

絞りリングを回す、シャッターをセットする・・・ピントリングを操る・・・
ファインダーを覗く真剣な眼。

うまく像を結ばないもどかしさ、現像したとき露出があってなかったときの
後悔、その全てが愛しくなってくればもう立派なマニアの仲間入りw


それでもよる年波には勝てないのか、ピントが合わせ辛くなってきています。
やっぱりAFにしないといけないのか・・・そうなってくるとネックになるのは
私がCanon派だということ!

Canonさん・・・なんでEFマウントなんて創っちゃったの?(T-T)


と、ボヤいてみたところでそのおかげでUSM内臓という快挙を成し遂げちゃった
んだから文句も言えないw
また一からレンズ買い集めて・・・でもなぁ、F-1に匹敵する機種っていったら
EOS-1じゃん(泣)



【今日の独り言】
最新のデジカメとかからこの世界に入った人にはマイクロプリズムなんて
判らないんだろうなぁ・・・
[PR]

by shika_monologue | 2005-04-15 00:52 | 写真・カメラの話 | Comments(4)

最後は人間w

某所でカメラについての熱い討論(笑)がかわされてるんで、私もちょっとお付き合い♪
それではど~ぞ~(^0^)


機械の進歩とはスゴイもので・・・・・

マイコンの開発により小さなスペースに膨大な情報を持てるようになり
カメラのみならず、冷蔵庫は喋るは、掃除機は勝手に部屋中のゴミを集めるはw
世の中大変なことになってます(^^;)

まあ、そんなことはおいといて・・・


一時代前のカメラはピントから露出から、全てを使用者が決定して作動するもので
そこには長年の経験や感性というものが影響していました。
それが現在ではカメラが勝手に判断して撮ってくれる・・・それがいい時代なのか
どうかは別の話としてもね(^^)

AEが登場して以来、ピントはともかく露出という点では使用者の介在無く適正な
結果が得られるようになったわけですが、それでも意図的に「ずらす」ためには
勘がいります。

もし初めて一眼レフを手にする機会があればw、マニュアルでの露出の決定は
怠らないでくださいね(^^)

では、現行のカメラで行える露出決定の方法を少し・・・


【マニュアル】
露出計による絞りとシャッター速度の決定→カメラでの絞り・シャッターの設定→撮影
という従来の操作によるもの。
全て手作業のため間違えると命取りw
そのかわり、慣れれば自由に設定を変更できるためこれほど便利なものはありません(^^)

【絞り優先AE】
内部露出計で決定した適性値によりカメラが絞り値を自動設定しそれに合うシャッター
速度が割り振られるため、撮影効果を考えて絞り値を変更することによりプログラム
された適正露出をシフトしていく・・・つまりシャッター速度は考えなくていいってこと♪
風景やマクロ撮影など、被写界深度を優先して撮影するときに有効(^^)

【シャター優先AE】
絞り優先の逆、こちらはシャッター速度を変えることで絞りは自動設定。
スポーツや鉄道写真など、動きを捉える撮影に有効(^^)

【プログラムAE】
絞り・シャッターともカメラが自動設定してくれるので撮影者は何も考えなくてもキレイ
に写っちゃいます♪
日頃のスナップにはこれで十分(^^)
一応シフトは出来ますが、ここでマニュアルでの絞りとシャッターの関係が判ってないと
ヘタに触らない方が無難w


とまあ、こんな具合にモード切替ができるカメラが今では普通になっちゃってますが、
ようするに自分が何を撮りたいか!ですね。
できれば最初はマニュアルで沢山失敗しながら憶えていくのが上達への早道です(^^)



      (今回の記事はとある方に向けて発信されております、ご了承くださいw)
[PR]

by shika_monologue | 2005-04-13 00:59 | 写真・カメラの話 | Comments(18)

始まりはいつも・・・

凝り始めると留まらない性格が、吉と出るか凶と出るか・・・
今後が自分でも楽しみですw

カメラに凝りだしたのは中学のときかな?
最初はポケット110(といっても今のよりだいぶ大きいw)だったなぁ(^^)

もちろん小遣いで買ったもんだから短焦点だけど一応AE付き、
絞りは通常モードと遠景モードのみ、でもその意味すらよく判らなかったw

高校に行くといろんなヤツがいるわけで、プロゴルファー志望のヤツ、
ミュージシャン志望のヤツ、・・・そんでカメラマン志望のヤツ。
プロゴルファーは別にしてw話は盛り上がる一方で、当然部活は軽音楽部。
こちらは創立メンバーとして部長なんかやってみる・・・

カメラの方はというと部活前のちょっとした時間に情報収集、さすがに詳しい。

「ふ~ん・・・レンズって替えられるんだ・・・」

聞くこと全てが耳に新しい、興味が湧く、カメラ雑誌なんか買っちゃったり。

「へぇーっ!あの写真ってこんな風に撮ってるのかっ!」

ますますのめり込む・・・110カメラなんかじゃ物足りなくなる・・・

初めて買った一眼レフってなんだったかな?リコーかどっかの安いやつ。
当然交換レンズなんて買えないし、50mmのみで撮りまくる。
けっきょくは短焦点w

始まりはそんなもん、その後どうしてるかというと・・・・未だに音楽もカメラもやっている。
[PR]

by shika_monologue | 2005-04-08 03:07 | 写真・カメラの話 | Comments(12)