<   2005年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

GS

ガソリン・スタンドではありません、「グループ・サウンズ」というヤツです。
(「サウンド」に「s」がつくんで、正確には「サウンヅ」なんでしょうねw)

今で言えば「バンド」なんでしょうけど、なぜか昔はそう言ってました。
私が幼少の頃最盛期を迎え、その後「フォーク・ブーム」に取って代わられるまで
一世を風靡し、多くの人気者が今なお芸能界で活躍しています。

同じ頃、海の向こうではビートルズなどのロック・バンドが活躍し始めていました
が、このグループ・サウンズはどちらかというとムード歌謡に近いイメージがあり
ました。

使ってた楽器がこれまたシブいw
今でこそ「ビザール・ギター」として人気がありますが、ヤマハのSGやグヤトーン
など、当時ちらほらと入ってきていた海外からの写真に比べれば、なんかカッコ
悪かった記憶があったりします(^^;)
(海外のバンドはギブソンやフェンダーが主流になりつつありましたからねw)

GSの雄といえば、サ・タイガース(阪神ではないw)と、ザ・スパイダース。
片やジュリーというスーパー・スターがいたし、片や堺正章という芸達者が看板
でした(後にこれはビートルズとストーンズの関係に近いと思った私w)。
他にもショーケンを有するテンプターズや、鈴木ヒロミツのモップス・・・いろいろ
なスタイルで楽しませてくれたもんです(モップスはけっこう後期ですが)。


でもまあ、この頃の曲ってけっこう好きなのがたくさんあります。
なかには海外の曲のカバーも多く、知らずに聴いていたのもいっぱいですが今
聴きなおしてもそれなりに楽しめるんですね♪

そいえば寺内タケシなんかもこのカテゴリーに入るんでしょうかね?
加山雄三や寺内タケシといえば思い出される(思い出にすな!w)のはやはり
ベンチャーズですが、この辺のギタリストってどちらかといえばクラシックに近い
気がします・・・決められた曲があってそのとおりに演奏するっていう点でね。


その後私はサイモン&ガーファンクルやPPM、ブラザーズ・フォーなどといった
海外ミュージシャンや、国内では吉田拓郎や岡林信康などのフォークの世界
へ移行していくんですが、それ以前のポップ・ミュージックにもそれなりの思い
もあり・・・・・

最近そういった昔の曲を集めたCDが通販なんかで出たりするじゃないですか。
ああいうのみるたびに、欲しいなぁ~・・・また聴きたいなぁ~・・・( ̄▽ ̄*)と
遠い目をしていますw


(本文中、敬称を省略させていただいてます、すいません・・・^^ゞ)
[PR]

by shika_monologue | 2005-10-31 00:08 | 音楽・楽器の話 | Comments(1)

ひょんっ!

mikkaさんご指名の「ひょんな事から」ですがw

確かにコレも判らんです・・・(^^ゞ


「ひょんな事」ってどんな事?
八丈島にいるのは「キョン」だし、カエルが飛び跳ねる様は「ピョン」だしw


ところで妖怪で「ぬらりひょん」っているじゃないですか?
総大将といわれているアレです(^^)

「ひょんな事から」の「ひょん」と「ぬらりひょん」の「ひょん」って同じモノなんですかね?
ぬらりひょんのアノ大きな頭の中にはそれまでの出来事の全てが知識としてつまって
いるといいますが、彼に訊けば「ひょん」の意味も判るんでしょうか(^^;)


今夜も眠れそうにありませんw




あ、ちなみに「おひょいさん」の「ひょい」は・・・(以下略w)
[PR]

by shika_monologue | 2005-10-30 00:37 | 雑学的な話 | Comments(1)

ひょっ! (シリーズ化されるかもしれない話題w)

「ひょっとして」、「ひょっとしたら」・・・・「もしかして」という意味なのは判ってるんです。

でも・・・「ひょっ」って何?w


日常でもよく使いますよね?・・・「ひょっとしたら、あの二人デキてるんとちゃう?」w
この「ひょっ」ってどっから出てきたんでしょうね~(^^;)

普段発してる言葉の出所やホントの意味ってよくわかってないことがたくさんありま
すが、最近TVでも日本語の真髄に迫ろうって番組も増えてきて、自分達の使って
る言語というものを見直してみるいい機会かもしれませんね。

特に言葉遣いが乱れている現代においては大事なことなのかも♪(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2005-10-29 00:13 | 雑学的な話 | Comments(3)

盗作という考え方 (さらに短か~いお話)

またまた倒錯疑惑ってのが出てます。
後ろ手に縛られ、目隠しされて吊るされて・・・・・・・じゃなくてw

盗作疑惑でした、すいません(前置き長いw)


確かに似てます・・・・・1~2小節はそっくりといっていいかもしれません。
それは私も判ってました、でも?

これまで何度も疑問に思ってきたけど、それって盗作なんでしょうかねぇ・・・・

そんなこと言っちゃったら、演歌なんて全部同じ曲じゃないですか。
それでも誰も騒がない・・・・なんで?


古いジャズとかブルースでも同じようなメロディラインはいっぱいあるし、ともすれば
クラシックでもそうです。

これって・・・本人はそんなに騒いでるのかな?
本人に訊いたことない(当然ですがw)から判りませんが、周囲がウルサすぎなん
じゃないですかね~(^^;)

ネットとかでも揚げ足取るようにネタにしちゃうし・・・・ミュージシャンも活動しにくい
時代になったもんですね。
[PR]

by shika_monologue | 2005-10-28 00:02 | 音楽・楽器の話 | Comments(4)

オンライン・ゲームという考え方 (短か~いお話)

オンライン・ゲームってやったことがありません。
第一の理由は、それに耐えうる通信設備がないということなんですが、それにも増して
リアルタイムで思考して即行動するという進行についていけないからですw

私はシミュレーション派なんですが、RPGより好きな理由は「じっくり考えられる」から。
RPGでもコチラが攻撃するまで待ってくれてるのはいいですが、アクションRPGなんて
のはもってのほかなんですね(^^;)

そのてん、シミュレーション・ゲームなら先を読んで戦略をたて(ときには途中で食事す
ることもありw)腰を据えて挑めるのがいいんですね。
でもそれも一人でやってるとき・・・・オンラインだとネットの向こうに誰かがいてコチラが
行動を起こすのを待っている・・・・で、やっぱり焦っちゃうんじゃないかな~と思ったりw

だから「FFXI」がオンライン・ゲームとして登場したとき、それに「FRONT MISSION」
がオンラインで出てきたとき・・・これで私のゲーム人生も終わりかと思いましたw


時間に急かされることが多い現在だから、なおさら好きなことやってるときくらい自由
に行動したいものです(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2005-10-27 07:32 | 閑話休題 | Comments(2)

遺産

1982年11月19日、解散宣言から一年と少し経った後にリリースされた一枚です。
それまでの作品からのアウト・テイクなどから編集されましたが、「PHYSICAL~」でのソレ
と違い作品としての統一感には欠けるものの、まさに「遺産」という感じです。

d0021258_2356716.jpg

過去のアルバム作成において、メンバーはほとんどないといってましたがやはり収録曲
以上に曲を用意しておくことは当然だったんで、ペイジの手元にはけっこうあったみたい
です。

このアルバムはそんな中からペイジ自身がセレクトして編集したもので、ツェッペリンの
財産として封印したもの。
時代の流れというものは感じられますがアルバムとしての完成度はけして悪くありません。
が、順番としてはオリジナル・アルバムを聴いてから・・・というものですね。


WE'RE GONNA GROOVE
「Ⅱ」からのアウト・テイク。
初期の荒々しさというものが聴いて取れる一曲ですね。
原曲はベン・E・キング、「スタンド・バイ・ミー」で有名ですがこの曲がどんな感じで演奏
されていたのか・・・興味はあります。
録音はけっこう古く、そのころのスタジオ・ライブ的な雰囲気は懐かしい感じさえします。

POOR TOM
「Ⅲ」からのアウト・テイク。
やはり時代を反映してアコースティックな曲です。
このアルバムはマニアとしてはどうしても「懐古」という感情が出てしまいましが、なかなか
どうしてこの曲なんかは新作だと言われたら納得してしまいそうな・・・彼らの幅広さを改め
て認識させられる曲だと思います。

I CAN'T QUIT YOU BABY
1970年1月、ロイヤル・アルバート・ホールでのステージ前のリハーサルから「Ⅰ」に収め
られていた同曲の別テイクです。
リハーサルだというのに、このエネルギーはなんなんでしょう?
一枚目で聴かれるヴァージョンもいいですが、このテイクもアレンジとしての完成度は凄く
高いんじゃないかな。

WALTER'S WALK
「聖なる館」からのアウト・テイク。
曲調としては「プレゼンス」的な感じですが、彼らのストレートなロックン・ロールはガツン
とくるものがありますね。
アップテンポでダンサブルな一曲です。

OZONE BABY
「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」からのアウト・テイク。
アルバム全体がジョンジー色だった同アルバムにおいてはペイジ寄りなこの曲が外され
たことは想像に易いです。
それでもギターの音なんかは前曲に比べて大人しく、時期的なものが理解できる一曲
ですね。

DARLENE
前曲に続き「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」からのアウト・テイク。
アレンジの複雑さなどから時代が読めますが、やはりアルバム・カラーとしての制約か
ら外されたんでしょうか?
「プレゼンス」は別にしても「フィジカル~」以前の曲を思い起こさせる曲調はペイジして
ますね。

BONZO'S MONTREAUX
「いつかはドラム・アルバムを創りたい」といっていたボンゾへのはなむけでしょうか。
モントルーで録音したボンゾのドラムソロにペイジがエレクロニクスを追加して立派な曲
に仕立て上げて収録しました。
ボンゾの偉大さというものを再確認させてくれるテイクとなっています。
シンバルの「シャーン」ではなく「ショワ~ン」という響き・・・なんどか真似してみたけど
出来ませんでした。

WEARING AND TEARING
これまた「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」からのアウト・テイク。
どちらかといえば「プレゼンス」に収められていたほうがしっくりきそうな曲なんでやはり
アルバムでは外されたようですね。
確かに「イン・スルー~」にはこういう攻撃的な曲は少なかったな、と後から聴き返して
納得できる部分はあります。


ここまでがアナログ盤発売時に収められていた曲で、次からはCDボックス化されたとき
に追加されたボーナス・トラックです(一応曲紹介だけね)。


BABY COME ON HOME
1968年というからデビュー前の録音ですね。
ブルージー・バラードとでも申しましょうか・・・たしかに初期の彼らにはこういう曲があり
ましたよね。
ツェッペリンらしからぬ、というかなんかアメリカン・ブルースな感じがしてしまいますが
彼らのルーツにブルースがある、という確かな証拠なのかもしれません。

TRAVELLING RIVERSIDE BLUES
ペイジのスライド・ギターの音色も懐かしい曲ですが、このへんの曲が初期の彼らの
ステージでは聴けたんでしょうね。
タイトルからも判るように、曲調は完全なブルースです。
でもそこは曲者4人が演奏ってるだけあって非凡なものがあります。

WHITE SUMMER / BLACK MOUNTAIN SIDE
「ワールド・ワイドなツェッペリン」というものを具現化したような組み合わせですが、
思えばこのへんのアレンジなんかは後の「PAGE & PLANT」に繋がっていってる
のかも、と思えます。
私もギター一本抱えてこんなことが出来たらな~・・・と無謀にも挑戦したことがあり
ますが、見事玉砕しましたw

HEY HEY WHAT CAN I DO
これもアコースティックな雰囲気がする曲ですね。
ハードなツェッペリンを聴いてきた後の一服の清涼剤、みたいな・・・なんか開放され
る感じがあって、全10枚組のボックス・セットは締めくくられました。



「遺産」であると同時に彼らの「進化の証明」のようなこのアルバム・・・でも入門編と
して聴くようなことはして欲しくないですし、あくまでもオリジナル・アルバムがあって
こその「CODA(最終楽章)」です。

この延長線上に4人が見つめていただろう未来、80年代・90年代・・・そして00年代
に LED ZEPPELIN というバンドがあれば私達は今どんな音楽を聴いてるんだろう
という夢を見ながら、これにて終わりです。
[PR]

by shika_monologue | 2005-10-26 00:04 | 鉛の飛行船の話 | Comments(1)

ズーム・レンズという考え方

よし、予告通りだっ!w


一眼レフを使うものにとって短焦点レンズは日常であり、ズーム・レンズを使う機会のほうが
少ないかもしれません。

が、状況によっては・・・または対象によってはズーム・レンズは強力な武器になります。

本格的に写真をやろうとする人にとって、コンパクトから一眼レフに移行した際に標準レンズ
一本から始めようって人は最近では珍しいです。
高性能なズーム・レンズが開発されることによって比較的廉価な製品でもそれなりの性能が
保証される現在では尚のことで、「標準」ズームセットが基本になってきてます。

昔は「標準」セットといえば本体+50mm短焦点を指したものですが、現在では標準50mm
を中心としたズーム・レンズとの組み合わせを「標準」といいます。

このズーム・レンズ・・・出来れば自分が使う状況を考慮したうえで購入して欲しい、というのが
今日のテーマなんですがw


お手軽なものとしては広角~望遠をカバーする製品も多数ありますが、例えば風景を中心
に撮影する人は「広角~標準」のズームを、鳥や花などネイチャー・フォトを中心に撮影する
人は「標準~望遠」のズームがおススメですね。

コレは一眼レフだとレンズ交換によって賄えることなんですが、それでも状況によってその
ひまがないことが多々あります。

例えば風景写真の場合は「画角」というものが非常に重要な要素になることがあります。
画角を絞りたいときはとりあえず撮影して現像時にトリミングする、という手法がとれますが
逆にもう少し画角を広げたいというときは、短焦点だと後退するしかありません。
ところが風景というものは遠くの景色を撮るのが普通なので、多少下がったところで画角は
さほど変わりません。
場所によっては後ろが崖でそれ以上下がれないこともあります。
そんなときズームだとちょっと広角側にふってやることで解決できる・・・これは心強いです。

逆に鳥なんかを撮る場合はもっと寄りで撮りたいけど、これ以上近寄ったら気づかれるし
また音を立てられない状況なんてのは日常茶飯事。
それに悠長にレンズ交換なんかしてたら被写体がどこかへ行ってしまうので、そんなとき
ズームならさっと寄りの画角が得られて、これまた非常に便利・・・というか必需品です。


こんなふうに短焦点より性能で劣ると思われ勝ちなズーム・レンズですが、実際の撮影現
場では大きな味方になるものなんですね。

ただくれぐれも欲張って全焦点距離をお網羅するようなズームを使おうとすることはあまり
おススメできません。
自分の目指すほうの焦点距離のもの、そんなにズーム比がなくても「広角~標準」または
「標準~望遠」のものを一本、それで十分だと思います(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2005-10-25 00:51 | 写真・カメラの話 | Comments(5)

ワイド・コンバータという考え方

ワイド・コンバータ・・・現行のレンズの前にくっつけて広角効果を得るもの。
テレ・コンバータ・・・・現行のレンズの前にくっつけて望遠効果を得るもの。

これらはその光学構造上にガラス(レンズ)の枚数が増えるわけで、通過する光線量は素で
レンズを使うより少なくなります(=ようするに暗くなる)。

コンパクト・カメラのようにレンズが交換できない場合、ワンコンやテレコンは強力な武器です。
特にワイコンというものはその性格上、広角撮影を必要とする撮影対象(風景や町並みなど)
が絞りを閉じた状態による撮影が多いため多少暗くなってもOKなので非常にベンリです。

ただこれが一眼レフともなると少し話が変わってきまして・・・


ていうか、一眼レフ用の交換レンズにはコンバータっていう考え方がありません。
ワイコンで画角を広げるくらいなら、それに見合う広角レンズを買え!ってことですw

では望遠についてはどうか?
テレ・コンバータについては、逆にレンズの後ろにくっつけるエクステンダーってのがあります。

ところがこのエクステンダー・・・曲者です。
なぜかというと、高価なんですw

たとえばCanonの純正エクステンダー、標準価格で52000円。
これはレンズメーカーのちょっと暗めの望遠レンズなら買えちゃう値段なんですねw
しかも2倍のエクステンダーだと、手持ちのレンズにくっつけると開放絞りが2段絞られた状態
になっちゃうんですね。

そりゃま、サンニッパなんかにくっつけて600mmの望遠効果を得る、なんてときは600mmは
バカ高いんでその恩恵は素晴らしいものがありますがねw

「暗くなる」という性質を持つこれらのアクセサリー・・・・・できれば基本のしっかりしたレンズ、
開放絞りが明るいレンズに使ってこそ実力を発揮します。


【JAMさんのための絞り講座w】
開放絞り値=そのレンズで一番明るい状態=機能説明に書いてあるレンズの項目で焦点
距離にくっついてるFなんとかって数字ですね。
これは数値が小さければ小さいほど、明るいレンズということなんですが、コンパクトなんか
に使われているズーム・レンズでは一本ですべての焦点距離に対応しないといけない都合
上、レンズの構造も複雑になってしまい明るくするのは至難の技になっちゃいます。

絞りというのは開けば開くほどピントの合う範囲が狭くなり周りがボケてくるし、閉じれば閉じ
るほどピントの合う範囲が広くなり画面全体に焦点が合った画になりますよね。
たとえばポートレイトや接写なんかは被写体(人物や花など)を引き立てるため、開放に近い
状態で使いますし、逆に風景なんかは景色全体がよく見えたほうが綺麗なんで絞りを閉じた
状態で使用します。

だからワイド・コンバータは風景撮影には強い味方になります。
特にコンパクトのようにレンズ交換が出来ない構造ですと是非使ってみたいアクセですね。
[PR]

by shika_monologue | 2005-10-24 00:09 | 写真・カメラの話 | Comments(2)

てことで・・・

取材旅行のため、休刊しますw
[PR]

by shika_monologue | 2005-10-23 00:36 | 閑話休題 | Comments(0)

まさかのミステリー

でやってたんですが・・・・

イギリスのとある町では老人達がエミネムの格好を真似たファッションに身を包んでいる
らしいです(野球帽をかぶり、そのうえからパーカーのフードをかぶるというもの)。
で、なぜかというと・・・


若者達がそのファッションをマネばかりして、さらには顔が見えないその格好は強盗など
の犯罪を生むということで、「自分達が同じ格好をすれば若者は恥ずかしがって止めるだ
ろう」という発想がもとだと。

非常に勇気のある老人達、今の日本にもそんな存在が必要かもしれないと思いましたね。


流行というもの・・・ソレは各個人がそれぞれ好きなものを追いかけて、ある一定ベクトル
を示したものを指すんだというのが私の個人的な考えなんですが、たとえばファッション界
の流行色というのは2年も前から専門の委員会があって決定されているらしい・・・

ようするに「これが今年の流行よ♪」なんて得意顔してる連中は、人が決めた路線にノセ
られているだけなんですよね。
実際、去年は「こんな色、ダサい!」って言ってたのが今年は「今はコレよ!」って平気で
身に付けてたりするおバカさんが私の周りにもいっぱいいますw
[PR]

by shika_monologue | 2005-10-22 06:37 | 閑話休題 | Comments(4)