<   2005年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

スタンダード考、再び

なぜ「再び」、なのかは自分でもよく判りませんw
前にそんなこと書いたような気もするからです(^^)←過去の記事、調べろよ(汗)

昨日の記事で浜田金吾氏の言葉を書きましたが、まさにそのとおりだと感じてしまって
紹介させていただいた次第です。
「ヒットはしてもスタンダードにはならない」・・・これがものすごく重要なんですね。

音楽というものが始まった昔から、ヒット曲というものはそれこそ数え切れないくらいに
存在しますが、その中で「スタンダード」として残るものがどれだけあったか?

そもそも「スタンダード」ってどういうものなのか・・・

ここからは一般意見ではありません、あくまでも私個人の思いです。


「スタンダード」「定番」と呼ばれるものはなにも音楽に限ったものではないですよね。
ちょっとした小物にも「定番」はありますし、これは流行り廃りに関係なく世代を超えて
受け入れられ定着したものということになります。

そこには「長い期間それに接していても飽きない」というのが根底にあるとともに、何
かの事象に遭遇したときにそれがまず思い出されるもの、そんなのが「スタンダード」
として認められるんじゃないでしょうか。

そして古き良き時代、まだモノが世の中に溢れていなかったころにはそういう結びつ
きが深かった・・・ところが現在のように「事象」も「モノ」も、ありとあらゆる種類が存在
し個々の関連性が薄くなってしまっては、何かが起こったときにそういったものに感情
移入することが出来なくなっているんだと思いますね。

さらに現代は「マネ」の文化です。
どんな分野にせよ、何か一つ流行りだすと周りは全てそれを「マネ」て追随しようと
しますが、その中で生き残るのはやはり力を持ったもの・・・世に出た順番ではなく、
後から出てきたものでも「魅力」があれば存続します。
が、その「魅力」が非常に脆弱で大きなインパクトを与えるものではありません。
「どこそこの○○より、この点では勝っている」という程度で「どこにもない○○」では
ないのです。

この「どこにもない○○」こそが「個性」と呼ばれるもの、そして「スタンダード」として
語り継がれていく可能性を秘めているものだと。

昨日のかわむさんのコメントでも「今のアーティストのほうが自由」という言葉があり
ましたが、確かに以前のミュージシャンなどはいろんな制約のもとに活動し、そこに
縛られて信念を曲げて活動しなければならない状況もあったと思います。
でも、そんなことには縛られない「有無を言わさぬ個性」を発揮した連中が、現在に
おいて「スタンダード」として名を残しているのだと思うのです。

今のミュージシャンには、その「覇気」が感じられません。
「自由」であるがゆえにその上にアグラをかき、甘えている限りは現在の音楽から
再び「スタンダード」が生まれる可能性はゼロに近い・・・昔のようにミュージシャンは
ハングリーであって欲しいと、切に願ってます。

「心霊現象なんて絶対に信じない」と言ってる人が実は「幽霊というものを一度見て
みたい」と思っているのと同じように、私が頑なに「『天国への階段』を超える曲が
出てこない」と言ってる裏側には、本心としては「出てきて欲しい」という思いがある
のかもしれません。


てことで、記事が少し重くなったんでお口直しに「私のスタンダード」をw

①Led Zeppelin・・・は、もういいね(^^ゞ
②Gibson LesPaul Standard : 文字通り「スタンダード」w
③Zippoオイルライター : しんぷる・いず・べすと!なのです。
④Winston : 最近は軽いタバコしか吸ってませんが、コレ売ってると買っちゃう。
⑤豚玉 : どろソースで是非♪
⑥チキンラーメン : 冷や飯とともに是非w
⑦祭りのあと by よしだたくろう : 今なお脳裏に浮かぶ、あの娘の顔(爆)
⑧秋の気配 by オフコース : 今なお脳裏に浮かぶ、この娘の顔(自爆)

その他、いろいろありますが・・・今日はこのヘンで(^^)

アナタにとっての「スタンダード」って何ですか?
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-30 00:04 | 音楽・楽器の話 | Comments(5)

浜田金吾 (今日は短めw)

って知ってますか?
え?「浜田省吾」なら知ってるって?w

山下達郎らと同時代、AORの旗手として活躍したミュージシャンです。
同時に「クラフト」というバンドにもベーシストとして参加していました。
「クラフト」はもともとアメリカン・ロックをベースとしたバンドでしたが、さだまさしの作による
「僕にまかせてください」のヒットで有名になり、そのせいで路線変更を余儀なくされたとい
う・・・ある意味かわいそうなバンドでもあったんですね(^^;)

その浜田金吾氏がこんなコメントを残しています。

 それにしても、最近の曲はヒットしてもスタンダードにならないものがほとんどでしょ?
 売れてる理由も背景もわからない曲も多い。
 もっとも、それがわかっていたら、今ごろボクは大作曲家ですけど、ハハハ

                       (「infoseekニュース」より)

この言葉に200%共感してしまった鹿でした。
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-29 00:39 | 音楽・楽器の話 | Comments(9)

世にも悲惨な物語 (続・ハードボイルド)

昨日言ってましたデキモノの件なんですが・・・・実は4~5日前から出来てまして、それが
だんだん大きくなってきてたんですよ。
そんでとうとう大き目の梅干くらいになっちゃって、歩くもの痛くなってきたんですね(^^;)

こりゃ~ほっとけない!ってことで、「女医さんだったらどうしよー」という期待不安を覚え
ながら(期待てなんやねんw)病院へ行ってきました。

幸いというか、残念というか(だから、残念てなんやねん!ww)男の先生だったので安心
してズボンを下ろして診てもらったところ・・・・・

これは即切開やな

ニコヤカにのたまわれました(T-T)

どうもリンパ腺付近が化膿して膿がたまっちゃってたようで、ちょっとだけ切って出してしま
わないといけないということでした。

いや、よくあることだし、簡単簡単♪

てな軽い調子の先生を横目に(((((;゜Д゜)))))ガクブル状態の私は、それでも観念して
ベッドに横たわりました。
もう膿でパンパンになっている患部は触られただけでも痛く、必死の思いで先生の触診に
耐えていたのですが、そこでひとこと・・・

そしたら切るよ~♪

なんでそんなにやたらと明るいんだーーーーーっ!!!
て、ちょと待て・・・・麻酔とかそゆのはないの?(@_@;)

どうやらこんなのはホントに日常茶飯事で、言ってみれば髪の毛を切るようなもの・・・・・
切開といってもほんの数ミリらしくけっきょく心構えが出来ていないまま、私の体にメス
入れられたのでした・・・・・

瞬間、まるでトラックにぶち当たられたような衝撃と「ぷちゅ」という感覚があり、続いて
カワイイおしり(爆)に伝わる流れる膿の生暖かさ

おー、出る出る

と楽しそうに搾り出す先生の顔は、まるで悪魔のように見えた私でした。


ホントに張り詰めていたデキモノ君は皮膚も薄くなり、ギリギリまで膿がきていたようで
ほとんど出血もなく、その後チョイチョイと傷薬みたいなのを塗られてバンソウコウをペタ

半時間くらいしたら帰っていいよ

という言葉を残して先生は去っていきましたが、あとに残された私は看護師さんの憐れ
むような視線のもと、しばらく放心状態であったことはいうまでもありません・・・(T-T)



※心臓の弱い方は読まないで下さい・・・・・って、あとから書くなっ!w
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-28 00:04 | 閑話休題 | Comments(4)

ハードボイルド

なんか思いがけなくハードボイルドな一日ってたま~にあったりしませんか?
ぜんっぜん予定してなかった出来事が、突然降ってわいたように発生して・・・・
でも予定していた用事も外せなくて結局両方やらなければならないハメになっちゃう
ってことが、永く生きてるとw何度かありました。

そんでもって今日・・・・まったく晴天の霹靂とでも申しましょうか・・(^^;)
部屋のサッシ窓が突然落っこちました・・・(汗)


それは昼間の出来事でした。
掃除しようと窓を開け、そこらへんの埃をとって掃除機をかけ、久しぶりに清清しい
気分になってたんですよ。
天気もいいし、部屋の換気にもなったんで小一時間開けっ放しにしていて、いざ閉
めようとしたら動かないw
それでもこのままじゃいけないってんでガタガタやってたら、モノの見事に窓枠が
外れてしまい、今にも落下しようとしているじゃありませんか!

よく見ると下についてる車輪みたいなの?がぱっくり割れておりました(T-T)

今日は夕方からバイトがあったんで焦りまくるし、いくら晴天とはいってもこの季節
窓を開けっ放しでは寒いですw
必死で窓枠にはめ込み、とりあえず動こうとしないのを力ずくで閉めてガムテープ
で固定w、さっそく不動産屋に連絡して修理を依頼しましたが1週間はかかるとの
こと・・・・・鍵はちゃんと閉まらんわ、筋肉痛で腕は上がらんわ・・・・・


いや、慣れないことをするものではございません・・・(^^ゞ


さらにコレがまたやっかいなんですが、ヘンなところにデキモノができまして・・・・・
左足の付け根に、です・・・それもホントに付け根、その・・・すぐ近くです(T-T)
歩くとズボンに擦れて痛いのなんのって(爆)

この際だから暗黒面でもなんでもパワーが欲しいです・・・・(^^ゞ
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-27 00:32 | 閑話休題 | Comments(5)

正露丸ふぇち

正露丸ってあるでしょ、あの匂いのきつ~い丸薬です。
容器のフタ開けたとたん・・・・いや、フタをしてても漂ってくる芳しい香りの薬ですね(^^)

苦手な方もたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうかね?
口に含んだ瞬間に舌を刺すようなピリピリした感覚もあってなかなか手ごわいヤツですw

整腸剤としてだけではなく、歯痛のときには詰めておけば痛みが和らぐということですが
そうそう長い時間、あれを口中に留めておくのは辛いものがあると思うでしょ?


でも、私はあれ全く平気なんですよ♪
なんなら、噛んで飲めといわれたら噛めちゃうくらいにw


正露丸といえばもともとは「征露丸」、日露戦争中に赤痢が流行ってそれを予防するた
めに政府が兵士に強制的に飲ませたのが始まりらしいですね。
それが一般化したときに「征服」を表す「征」の字はマズいってんで「正」に変えられた
という由緒正しき薬w

ラッパのマークが有名ですが、他にもいろいろあるらしい(バッタもんじゃなくてねw)と
今日TVでやってました。
中にはちょとお粗末なのもあるようですが、生薬由来のこの薬・・・私の部屋には常備
されてます(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-26 00:01 | 雑学的な話 | Comments(9)

餃子

好きです(突然やなっ!w)

それもあんまり凝ったヤツよりベーシックなのが大好きです(^^)
餃子って本場では「水餃子」ですが日本では「焼き餃子」ですよね。

学生時代には、かの有名な「餃子の王将」のお世話になりました♪
今でもやってるかどうか知りませんが、「餃子10人前、30分以内に食べればタダ」って
あったでしょ?
アレ、上位到達者は壁に名前貼り出してくれるんですよね~(^^)
私も何度か貼ってもらったこのがありますw

ところが・・・ですよ。
皆さん、餃子のタレってどうします?
普通は「タレ」と「お酢」と「ラー油」を混ぜますよね。

でも私は「お酢」がキライなんですよw
まあ、火が通ってるのはなんとかなりますけどね、酢豚みたいに・・・
これが生の「お酢」となると話が違います、まったく受け付けてくれません(^^;)

中華料理屋さんに行くとね、テーブルに最初から「お酢」を混ぜちゃってる「タレ」しか
置いてないところがあるじゃないですか・・・アレ許せないんですよ。
ホントのところ、私は「醤油1:ラー油3」くらいで食べたいんですねw
でもお店によっちゃ醤油置いてなくてタレしかないところがあります。
醤油の代わりにタレ、はまだ許せるんですが、最初からお酢入れちゃってるところで
は暴動を起こしかねない状態になっちゃうんですよw

そんなときは「醤油ちょうだい」って言いますけど、そんなとき嫌な顔の一つでもされ
ちゃうと、これまた暴動ですよ(爆)
料理については文句言わないけど、調味料くらい好きにさせろよ!ってね。


よくね、一緒に食事に行った人が勝手に「コレ入れたほうが美味いんだ」とか言って
コチラが頼んだ料理にいろいろ入れたりってことありません?
まったく迷惑な話ですよね~w
そんなヤツとは友達関係を断ちたいと、マジで思うことありますもん(^^;)
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-25 00:05 | 「食」の話 | Comments(5)

一ヶ月前

世間ではイルミネーションなど、すでにクリスマス気分になってきておりますw
あと一ヶ月でクリスマス・イブですね(^^)

今年も街中には山下達郎があふれるんでしょうか?(爆)

これってもう20年くらい前の曲なんじゃないかなw
まあ他にもいろんな曲が聴こえてきて、いやがうえにもクリスマス気分が盛り上がるって
もんですが、一つ気づいたことは・・・


昔の曲がめちゃくちゃ多い!ってことですね(^^;)
なんだかんだ言っても「クリスマス・イヴ」は名曲です、あれを聴いて涙するような経験
をした方も多いことでしょうw

でも逆にいえば、あの時代のクリスマス・ソングを超えるようなのが最近出てきてないんじゃ?
ってね。

寂しいですよね~それってw
この手の曲って、シチュエーションの都合上(爆)どうしてもラブ・ソングになると思うんですが
ほら、今のバンドとかって10代~20代前半が多いでしょ?
どうしても歌詞とか、うわべだけになりかねないw

いちおう私の持論なんですが、「ラブ・ソングは30過ぎてから」ってのがありまして・・・(^^)
ある程度の人生経験がないと、これほど難しい題材はないと思ってますw


さてさて、今年のクリスマス・・・アナタは誰と過ごすんでしょうか?
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-24 07:27 | 音楽・楽器の話 | Comments(6)

NERVOUS BREAKDOWN

ナーバス・ブレイクダウン - ノイローゼの発作、神経衰弱のために倒れること。

らしいです(^^;)
いや、別にこのブログが急に医学ブログになったわけではありませんw


これは私が敬愛する漫画家、たがみよしひさ氏が1988年に発表した作品名です。
たがみ氏といえば、ハードボイルド・タッチの作品のほかに「三頭身キャラ」なる登場人物
が活躍するコメディ・タッチの作品も多く、この作品は後者に属します。
(以前書いた「妖怪戦記」は前者)

この「三頭身キャラ」が大好きなんですよ♪(^^)
もう17年くらい前の作品なわけで、描写にも当時を思わせるものがあったりはしますが、
私的には今でも十分通用する内容で、これまで何度読み返したことかわかりません。


たがみ氏といえば「軽井沢シンドローム」が有名で、当時の暴走族というものが出てきて
チーム同士の抗争場面があったりします。
でもそこに登場する「族」には偉大なる男気を感じたりして、往年の「極道さん達」にも通
じるものがあります。
で、やはり敵対するチームもいて、コチラは悪役・・・(ながらも凶悪なのは一部)

ところが現在の状況を見ていると、そんな凶悪なのが普通になっちゃってますよね。
これも社会の移り変わりと言ってしまえばそうなんですけど、ここでも「ケンカの仕方」と
いうものが忘れ去られてます。
「ケンカ」とはある種のルールにのっとって行われるもので、それがなければもうただの
「暴力」でしかありません。

「詐欺」などの犯罪がどんどん巧妙になり、同じように「イジメ」でもますます陰湿な方法
が横行している現在。
それは「マンガ」や「ゲーム」が影響しているという大人たち・・・いやいや「マンガ」って、
思ったよりそのへんの「ルール」を教えてくれているものです。

それよりも現実の事件のほうがよっぽど無法地帯、ソッチの影響のほうが大きいと思う
んですけどね。


今日も広島で段ボールに入れられた少女の遺体が発見されたそうです・・・
これはもう「マンガ」より実際に起こっている事件のほうが絶対に惨いことになってます。
「マンガ」や「ゲーム」なんかに文句言ってる前にやらなければならないことって山ほど
あるんじゃないですかね?

大人は現在の凶悪事件の元凶をそんなところに押し付けてる場合じゃないと思います。
よく耳にしますが、電車なんかで騒いでる子供に注意したら母親らしき人物が「おじさん
に怒られるから静かにしなさい」という場面・・・本来注意しなければならないのは、その
母親なんじゃないでしょうか?
自分で「躾」を放棄しておいて人のせいにしてるんじゃないよ、バカヤロー!って言いた
くなります。
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-23 00:18 | 雑学的な話 | Comments(5)

マジメ・サイド・・・・なのか?w

今日ナゼかこんな話題が出た。

マスオさん状態ってどうなの?w

結婚というものがいろんな形態を持つようになった昨今、昔のように男性方の家に入って
というのが常識ではなくなりまして、姓は男性方でも女性方の家に同居するってヤツです
ね(^^)

まあ、それが今日の本題というわけではないんですが・・・

婿養子であるとか、夫婦別姓であるとか・・・・ある地域では男性同士や女性同士の婚姻
も認められつつあるのが現状です。
しかし、昔ながらの方々・・・家同士の婚姻というものに重点を置く世代の方々にとっては
やはり家系をついで欲しい、姓を残して欲しいという風潮が残っています。

たしかに子供が出来ないと、そのDNAというのは途切れてしまうわけで直系の子孫ての
はなくなってしまい、ある種寂しい気持ちになるのも判らないではないですね(^^;)
そのへんは政府が進める少子化対策なんかもいいのかもしれません。

というところで、またまたこれも本題ではありませんw

結局のところ何が言いたいか?というとね・・・自分の子孫であることに家とか姓とかって
そんなに大事かなということなんですね。
別に暮らしていようが、姓が別になろうが、その人の血を受け継いでいることには変わり
なく、どんなに親に反抗しようがその人の子供であることは否定できません。

ようは気の持ち方というか、考え方というか・・・どんな状況にあろうがその不変の事実を
いつも心に留め、親や先祖に感謝していれば離れていても別にいいんじゃないかな?
てなことをふと思っちゃった一日でした。

これについては異論ある方、たくさんおられると思いますがねw、家系というものを軽視
しているわけではありませんので念のため(^^;)

そういう生物としての「人間」の原点、それをどこかに置き忘れてきた人たちが増えすぎ
ているとマジメ(?)に考えている自分が可愛いと・・・何か勘違いしている鹿です(爆)
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-22 00:29 | 閑話休題 | Comments(4)

スカパーが来た日

今日、無事にスカパーの導入が終了いたしました。
寒風吹きすさぶ中、とうとう我が家も衛星放送の仲間入りです。

さっそく番組内容の確認(といってもまだお試し期間中だけど)して、リモコンいろいろ
イジって・・・・

まあ、目的の番組開始は来週だからそれまでに使い方覚えようと思います(^^)


しかし、あんだけのチャンネル数があってあのチューナーの小ささはスゴイですね~♪
って、別に大きいからチャンネルが多いってわけでもないんですがなぜか感動w

スターデジオってのがまた、曲名やアーティスト名もわかるしこれから重宝しそうです。
そんなこんなで、とりあえず・・・・・何観ようかな♪(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-21 00:02 | 閑話休題 | Comments(1)