<   2006年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

都合

エアコン、直った~♪\(^0^)/

ううぅ・・・涼しいということがこんなにも心に染みるとわ・・・(T-T)
そんな爽やかな日にはコレ。

d0021258_21282627.jpg


全盛期のアート、この歌声は壮大です(^^)


で、お休み5日目♪

(ぼちぼち復活?・・・いやいやも少しww)
[PR]

by shika_monologue | 2006-06-30 00:02 | 音楽・楽器の話 | Comments(5)

都合のための

今日も引き続き、エアコンの不調・・・
それでも午前中は曇ってたからマシだったのだが・・・

午後からはピーカン、梅雨のバカヤローッ!
こんなときだけ晴れやがってっっ!!ヽ(;`Д´)ノ


な、気分だったのでナゼかこれ。

d0021258_23441387.jpg


ブラスロックで”ムシムシ・ジメジメ”を吹き飛ばせっ!


で、お休み4日目♪
[PR]

by shika_monologue | 2006-06-29 00:02 | 音楽・楽器の話 | Comments(4)

都合による

う゛お゛お゛お゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ーーーーーーっ!

なんなんだっ、今日の湿度はっ!!ヽ(;`Д´)ノ
オマケにお店のエアコンに不具合が・・・・・・死ぬ・・・・(ノ_ _)ノ=3 バタッ

こんな気分のときはコレだっ!

d0021258_21504272.jpg



で、お休み3日目♪

(写真では判りませんが(爆)、「紙ジャケ」仕様です。
昨日のジャーニーDVDと一緒に注文しちゃいましたww)
[PR]

by shika_monologue | 2006-06-28 00:01 | 音楽・楽器の話 | Comments(8)

都合の

今日はいつもより、1時間早く帰宅。
南米大河から届いたDVDを鑑賞す。

d0021258_22303469.jpg

スティーヴ=ペリーは、やはり上手いヴォーカリストなんだと再認識。
グレッグ=ローリーの映像も久しぶり。

てか、ニール=ショーンのアフロは今見ても笑ってしまうのであった。


で、お休み二日目♪
[PR]

by shika_monologue | 2006-06-27 00:04 | 音楽・楽器の話 | Comments(5)

本日より

今月いっぱいくらい、記事をお休みするやも知れませぬw

いや、お休みするのはあくまでも「記事」ですので「休刊のお知らせ」は
毎日入ったりして(爆)
皆さんちのコメントもぼちぼちしますけどね(^^;)
ようするに自分の記事のための充電期間ですww

てことで、今日はお休み一日目♪
[PR]

by shika_monologue | 2006-06-26 00:28 | 閑話休題 | Comments(6)

違うんですよ・・・

動かない」と「動けない」は、同じようでも違うんですよ。

ほとんどの「金縛り」は「動かない」ものだと思います。
例の「入眠時なんとか」ってヤツですね。

これは、ただ動かないだけ・・・その他の要素はありません。
呼吸も普通に出来るし、別に苦しくも無い。
しかしホントに「動かない」んで、体験者は焦ります。
寝る前にコワい話なんか読んだ日にゃ、なおさらです(笑)
そうすると、いつも見慣れてている天井の節穴までが不気味に見えてきますよね。
で、そのまままた眠りに入ってしまうことが多いんです。

この「動かない」金縛りをそういった不思議なことに結びつけるのは大体が後付け
によるものです。
誰でも一つや二つはそういった思い当たる節があるので、強引にそれに関連付け
ようとするのです。
たぶん、十中八九は思い込み・・・ですね(^^;)


ところが中にはそうでないもの・・・「動けない」金縛りがあります。
それが、出先のホテルや普段の生活の場ではないところで起こるとコワいですよね。

でもホントにコワいのは日常生活の場・・・自分の部屋なんかで起こることです。
自分はそこを拠点に活動しているわけで、逃げられるものではないんですから。

この「動けない」金縛りの場合、苦しいんですよ。
息ができない・・・からだの一部が、ときには全身が異常に重い・・・
ときにはその重さの原因が見えたりします。

それはただ黒い塊りであったり、明らかに人間の形をしていたり。
知った顔であることも・・・

こうなると「心当たり」どころでは済まなくなりますよね。
ですが、そんなときほど「思い当たること」がない・・・これはマジでコワいですよw
また、この場合「起きたまま」金縛りが解けることがほとんどです。
何かの瞬間にフと黒い影が消え、体が動くようになります。

「動けない」とは「全く」ではなく、「思うように」なんですね。
だから多少はジタバタできるもんなんです。
そのジタバタがきっかけとなって金縛りが解ける・・・ささやかな抵抗ですが(^^;)
できることはそれだけ。

皆さんもそんなときは、できるだけジタバタしてくださいね(笑)

d0021258_024182.jpg

[PR]

by shika_monologue | 2006-06-25 00:03 | 怪異の話 | Comments(6)

サッカー小僧よ、胸をはれっ!

昨夜の「対ブラジル戦」、負けましたね。
これで2敗1分け、決勝トーナメントへの進出は夢となったわけですが。

残念ですね、そりゃできれば勝って欲しかったと思うのは当然です。
が、落ち込むことはないです。


1991年、日本にプロ・サッカーのリーグが誕生してから10数年。
ワールドカップの本選に出場するようになって、まだまだ日が経っていません。

しかもWCは4年に一回・・・あのオリンピックと一緒ですが、サッカー選手にとっては
その重みというのはオリンピックなんか比じゃありません。

ヨーロッパや南米のように歴史のある分野ではないし、アフリカ諸国のように体格的
に優位にあるわけでもありません。
ようするに、やっとアジアのレベルなんですね。

そんな日本が世界の舞台で活躍するにはまだ数年・・・いや、10数年かかると思い
ます。
野球のように競技国がほとんど出場できる大会ではないのです(野球ファンの方、
ごめんなさい)。

その浅い歴史の中で、強豪のブラジルから1点取れたことのほうがスゴいんです。
だから負けて「悔しい」思いはしても、「落ち込む」必要なんかありません。

まあ、私の戦前予想では「1勝2敗で3位」だったんですが、けっきょく勝ち星を挙げ
ることはできませんでした。
観ていると、全般にわたって消極的なプレイが目立ったのも事実です。
が、それは今後の改善点としていけばいいだけであって、今回がそうだから次もダメ
と決め付ける必要はありません。
少なくともアジアではトップクラスの実力はつけてきています。
次は世界レベル・・・一朝一夕で出来ることではないというのを、観ている側も認識
しなくてはなりません。

日本人の悪いクセですが、ヘンな期待をかけ過ぎてヘンに盛り上がるところがあり
これは他の国の期待のかけ方とは少し違うように思います。
そして大体はサッカーのことなんか何も知らないのに、こういうイベントのときだけ
騒ぐバカが多いということ(それも「応援」するのではなく、ただ「騒ぐ」だけ)・・・で、
負ければ非国民扱い・・・これもいただけません。
スポーツとしてのサッカーを応援するのではなく、選手の追っかけをしてワーキャー
騒ぐサポーターが増えているのも現実なんですがね・・・
サッカーをよく知っている人間は今回も騒いでいないはずです。
今がどういうレベルか、よく判ってますから結果を冷静に受け止めてます。
良いところは良い、悪いところは悪い・・・と。

スポーツニュースなんかでもこれから予選敗退について選手たちにインタヴュー
の嵐が投げかけられると思いますが、原因はただ一つ・・・弱いからです。
でもそれを卑屈に思うことはありません、弱ければ強くなればいいんです。
サッカーについては、日本はまだまだ発展途上国だから。

すでにサッカー界では4年後に目を向けてます。
観る側も、彼らと一緒に「世界に向けて」育っていくんだという自覚があって欲しい
ものですね。


【「本音」という名の、あくまでも独り言(いろいろ反論あるかもね)】
今回、日本代表は勝てませんでした。
それについて、一番ボロクソにいうのが何もわかっていない野球ファンです。
「あんなもん勝てるはずが無い」とか、「なにやっとんねん、あんなん恥や」とか・・・
その背景にはWBCで日本がマグレで優勝してしまったという経緯があります。
が、WBC予選で日本が負けているときにサッカーファンがあれこれ騒いだというのは聞いた
ことがないんですよ。
どうも野球ファン(特に「プロ野球」ファン)はそのへんのデリカシーがありません・・・応援
する「プロ野球」というスポーツのように・・・(全てがそうというのではありません、念のため)。
サッカーファンからすれば、「たかが棒振りが、なにエラそうにいうとんねん!」なのです。
私が100回バットを振ってもたぶん当たらないでしょうが・・・同じようにアンタらが100回
シュートしてもたぶん枠にもいかないよ。
というようなことを、どうしても書いておきたかったので。

[PR]

by shika_monologue | 2006-06-24 00:07 | 雑学的な話 | Comments(9)

♪雨に~濡れながぁら~

佇ぅむ人がいる~♪ なんて唄が小学生のころ流行りました(笑)
今日の大阪は本格的な梅雨空、しばらく続くようです。

普段でも「歩くのが早い」と言われる大阪人、雨が降ったりするとなおさらです。
傘をさしてもくもくと歩く会社帰りのサラリーマン、一つの傘でいちゃいちゃ歩く
アベック・・・まあ、いろいろですが・・・(^^ゞ

なんで大阪って湿気が多いんでしょうね?
関東でも夏場ものすごく暑くなる地域もありますが、こちらの湿気にはほとほと
参ってしまいます(T-T)


昨夜、お店では一斉にワックスがけがありまして今日はお客さんが入ってくる
たびに「きゅっきゅっ」と靴の音。

これも一つの風物詩ですかね(^^)

d0021258_031680.jpg



さて、明日は「動かない金縛り」と「動けない金縛り」について(爆)
[PR]

by shika_monologue | 2006-06-23 00:08 | 雑学的な話 | Comments(5)

ハードロック・ギターの夜明け

Gibson、Fenderを「オーソドックス」とするならば、メタルなどのジャンルとともに育ってきた
B.C. Rich」のギターはまさに「プログレッシヴ」でしたw

発表当時としては奇抜な(モデルによっては今でもw)そのシェイプは、独特なコントロール
システムとも相まって、それまでのギターを見慣れていた私にとってはけっこうサプライズ
だったことを覚えてます。

さらに楽器としてのクォリティも備えていた造りは単なる異端児には終わらず、今でも熱烈
なファンを持っていますね。


それではまず、既成概念に捉われないシェイプについていくつか見てみましょう。

◆Mockingbird◆

d0021258_22473519.gif

このシェイプはギターについてよく知らない方でも「Hide」が使っていたことで有名かも知
れません。
このシェイプに「サイケデリック」なペイントを施したギターはトレードマークになってました。
これでも「B.C. Rich」の中では大人しいほうなんですが、当時は「なんちゅー形やっ!」と
ツッコミを入れてました。
それでもスルーネック構造を取り入れた造り、思ったより抱えやすい形状など、完成度は
高いんですね。

◆Eagle◆

d0021258_22475760.gif

初期の「B.C. Rich」ギターは(上の「Mockingbird」のしても)今見ると「オーソドックス」です
ね~w
特にこの「Eagle」なんかは「Stratocaster」に近いですもんね。
当時「ウリ」だったスルーネックは全モデルに採用されていてプレイアビリティも良かった
んじゃないかと思います。

◆Bich◆

d0021258_224817100.gif

このへんになってくると、ぼちぼち「異端」たるところが表に出てきますね(笑)
ボディエンドの部分が大きくエグれている理由は後で出てきますが、シェイプだけ見ると
けっこうキテますね(笑)

◆Warlook◆

d0021258_22484995.gif

トンがりまくってますね~(^^;)
演奏してて手をぶつけたら痛そうです(爆)
このシェイプ例の項目では現行モデルの写真を使ってますが、さらにメタル寄りな証拠
にフロイドローズが付いてたりします。
私はどちらかといえば、このシェイプはベースのほうがイメージにあるんですがね。
まあ、しかし・・・なんちゅー形のヘッドなんでしょうww

◆Dagger◆

d0021258_22491716.gif

オーソドックスなような、異端なような・・・・でもヘッドはコレだし(笑)
セミアコのように見えますが、サウンドホールが「ナイフ」だし(^^ゞ
どんなジャンルで使われているんでしょうか?・・・ご存知の方いらっしゃいましたら・・・w

◆EM1◆

d0021258_22494375.gif

そんな「B.C. Rich」のギター達の中にあって、なんとも「普通」なシェイプですが(笑)・・・
コレなら私でも使えそうです(^^)
B.C. Rich」の特徴としてはピックアップの位置が近いってのがあるんですがコレも一緒
ですね。
そのへんの音への影響はどんな感じなんでしょうかね?機会があれば一度弾いてみた
い気がします。

◆Seagul◆

d0021258_22503037.jpg

コレは現行のラインナップにはないようですが、一応よく知られているのでボディシェイプ
だけのっけておきます(次の話題「コントロール」の片鱗がみられますが)。


とまあ、こんな感じで「独特」なシェイプ博覧会みたいなラインナップですが、ここまでで
紹介したのは「あくまでも」現在の製品です。
ところが、さらに「独特」なのは発表当時の超絶な「コントロール」なんです。
別に「フレッシャー」もエフェクター内臓ギターのように、いろいろ入ってたワケではなかっ
たと思いますが・・・

d0021258_22524745.jpg

なんなんだっ!このスイッチの数はっっ!!(爆)
コレは「Bich」のコントロール部ですが、他のギターも同じようにツマミやスイッチが一杯
でした(「Bich」は特にスイッチだらけですがね)。
アクティブ・コントロールが可能なサーキットが組み込まれていたのでそれらのSWなど
覚えるのに一苦労しそうな感じですw

また、これは「Bich」の特徴なんですが例のボディエンドのエグれのところにナゼかペグ
が4つついてます。
これは1~4弦のみ弦を2本づつ張ることで「10弦ギター」として機能していたわけです。
(コレがエグれの理由ですね)

さらにこの「Bich」がWネックになったりすると・・・

d0021258_2253814.jpg

もう何がなんだか解かりません(爆)
ただ「EDS-1275」と違い、ヘッドは小さくなるのでバランスはいいかもしれませんねw


さて・・・と、次はどのメーカーにしようかなぁ・・・
アレものこってるし、アソコもあるし・・・・・てことでw

                                             (つづくw)
[PR]

by shika_monologue | 2006-06-22 00:02 | 音楽・楽器の話 | Comments(17)

どんな気分やねん・・・(^^ゞ

夕べの気分とは打って変わって、今日はナゼか「プログレ」な日(笑)
いや、別に「プログレ」が暗いとか「オタク」っぽいとかってことじゃないんですよ(^^)

なんとな~く聴きたくなったわけですね。
で、選んだのが「Pink Floyd」です。

気分的には「Yes」でも「E.L.&P.」でもなく、ましてや「Procol Harum」でもなく、もちろん
King Crimson」じゃない、「Pink Floyd」なんですよww


そんでもって選んだアルバムも「狂気」でも「あなたがここにいて欲しい」でもなく・・・

d0021258_2382336.jpg


なんで「原子心母」なんだろう?

「ん?」てなもんで、牛さんもこちらを見ているではないですか(笑)
けっきょく「Yes」とか「King Crimson」は普段iPodで聴いてるてのもあるんですがね。

それにしても、今日は「原子心母」にミゴトにハマった夜なのでした(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2006-06-21 00:02 | 音楽・楽器の話 | Comments(11)