<   2006年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

というわけで・・・(昨日の続編?)

心霊写真というものが氾濫(?)してますが、ほとんどは作り物である気がします。
たとえば「これは、どう見ても二重露出だろ?」とか、「こりゃ、タバコの煙だろ?」とかねw

(さて、コレはどうかな?w)
d0021258_23332363.jpg

そんななかでも「いやいや、これは判らない・・・」というのが何%かあります。
去年も書きましたが、「写ってるモノ」より「消え行くモノ」のほうが怖かったり・・・

まあ、ココは掲示板ではないのであんまり貼ると問題が無きにしも非ず・・ですんで自粛
しますが(笑)←といいつつ、今回は満載ww


「心霊」の世界では、やはり海外モノより和モノのほうが風情があるというか・・・怖いです。
たとえば海外の心霊写真。

d0021258_23334149.jpg


なぜか幽霊が布を被っていたりするものが多く、「いや、ソレは土地柄とかいうものでは
ないだろ!」と思わずツッコミを入れたくなるようなのが・・・特に「古典モノ」ではね(笑)

中には普通に写ってるものもあり、有名な「炎の中に佇む少女」とか。

d0021258_2333589.jpg

ただソレがホンモノかどうかは判りません。
特に現在のように簡単に画像が加工できる時代ではなおさらですね。

ではここで、最近ではほとんど語られなくなった「霊を描いた絵」をひとつ・・・じゃまた!
(写真はすべて、ネットからお借りしました)

d0021258_23341864.jpg


先日の記事の「日本の幽霊画」と比べてみるのも面白いかも(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2006-07-31 00:03 | 怪異の話 | Comments(6)

なぜ子供には霊が見えるのか?

輪廻転生なんてのは、もともと仏教かなんかから来てるものですよね。
宗教的な道徳観・・・というか、来世でよい暮らしをするために今を一所懸命生きなさい
という教訓です。

と、一概に言っちゃってもいいものかどうか(笑)

よく、「子供のころは大人には見えないものが見える」とか、「小さい頃は霊感がある」
なんて言いますが、私が思うにこれは輪廻転生が関係してるんじゃないか?と。


よーするに誰かの(もしくは何かの)魂が次の形として生まれてくる。
てことは子供時代というのは霊界(というのかどうかは判りませんが)から現世に出て
きて間がないので、そちらとの繋がりが強いため感じることが出来るんじゃないか?と。

それがだんだん大人になるにしたがって、繋がりが薄れていって見えなくなるんじゃ?
なんてフト思ってみる夏の夜でした(笑)


(写真ちょと拝借、ゴメンねm(_ _)m)
d0021258_22504479.jpg

【解説】
これはまあ、たぶんイタズラ写真ですね。
誰かが隠れながら手を出してるところをパチリ♪
彼女、不自然にテーブルに寄り過ぎてるし、ちゃんと髪の毛を押しのけて手が出てきて
るもんね(^^)
ソレと判りづらい角度で撮ってるところがいいけどね♪
[PR]

by shika_monologue | 2006-07-30 00:03 | 怪異の話 | Comments(6)

10社42種類

なんのこっちゃ?

「正露丸」の商品数だそうです(^^)


以前に「正露丸ふぇち」なる記事を書いたことがあり、いろんな種類があることは知ってまし
たが、そんなに多いとは思いませんでした(笑)
まあ私が愛用しているのはラッパのマークの例のヤツですが、他にもいっぱい。
パッケージはほとんど一緒ですね。

今回ラッパのマークが他の商品を類似品として訴えていた問題で、却下されたようですが
理由としては「混同されるとか言いがたい」ということでした。

まあ、たしかに私のような「ふぇち」(笑)は間違えませんが、見た目は変わりませんので
そんなに拘らない方には「どれでもいっしょ」なんだと思います(成分も同じらしいしw)。

そもそも「正露丸」というのは日露戦争時に兵士に持たせた整腸剤の総称・・・よーするに
一般名称扱い、「ワクチン」とかいうのと同じってことで。

でも私が一番驚いたのは「10社で42種類」てこと。
1社あたり平均4種類も作ってるってのは知りませんでしたね。

ラッパのマーク以外は置き薬の一部としてるものが多いようですが(薬箱に入ってる常備
薬ね)、そういえば以前会社勤めしていたときに健保組合から配給される家庭用の薬に
入ってたのはラッパじゃなかったし、かゆみ止めも名前が微妙に違ったり(笑)

けっきょく「正露丸」は商標として認められるのか否か・・・ラッパさんは控訴も検討してる
らしいので「ふぇち」な私は行く末を見守りたいと思います(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2006-07-29 00:19 | 雑学的な話 | Comments(8)

梅雨って明けたの?(・・;)

てな感じで、今日はものの見事に暑かったですねw
目が痛いほどにいい天気だったし(^^ゞ

これで湿気がなくなったらホントの梅雨明けなんでしょね♪
といっても大阪は湿気多いですけどね、真夏でもw

でもね、最近テレビで「怪奇特集」やらないんですよ。
いつも夏になると楽しみにしてるのに・・・(T-T)
しゃーないからコンビニで「本当にあった怖い話」とかのペーパーバック買ったりして。


あ、そーいえばね。
一昨年から(もっと前からかな?)稲川さんの「怪○夜話」シリーズのDVD売ってるん
ですよ・・・コンビニで。
で、今日近くのコンビニ行ったら今年のが出てたんですよね(笑)
そのときはタバコだけ買うツモリで行ったからお金足りなかったけど、明日買いますww


d0021258_0141271.jpg

[PR]

by shika_monologue | 2006-07-28 00:23 | 閑話休題 | Comments(6)

アナタの「夏の唄」は?

う~ん、夏の定番といえば「サザン」に「チューブ」。
中には♪夏がくぅれば思い出すぅ~♪だという方もいらっしゃるかとww

私の場合は「夏休み」です。

あ、「夏休み」といっても♪あ~なぁつ休み~♪ではなく、♪む~ぎわぁら~ぼぉしは~♪のほう。
そうです、よしだたくろうの「夏休み」なんですね。

d0021258_0193129.jpg


このアルバムは・・・たくろうの作品の中でひとつあげろといわれたら、コレになりますね(^^)
まだエレクトリックする前のたくろうです(エレクトリックな曲もありますがw)
フォークの残り香がします(笑)


時代なんでしょうかね、1曲あたりが短くて1枚のアルバムに15曲も入ってます。

1. 春だったね
2. せんこう花火
3. 加川良の手紙
4. 親切
5. 夏休み
6. 馬
7. たどりついたらいつも雨降り
8. 高円寺
9. こっちを向いてくれ
10. まにあうかもしれない
11. リンゴ
12. また会おう
13. 旅の宿
14. 祭りのあと
15. ガラスの言葉

おー、名曲揃いですね~♪
「旅の宿」や「祭りのあと」も入ってます。
「高円寺」なんかけっこう面白いですし、「りんご」とかはある種の哲学のようで(笑)


学校ではもう「夏休み」に入ってますが、そんなことも言ってられない私はコレを聴いて
気分だけでも浸ってみたいと思います♪(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2006-07-27 00:19 | 音楽・楽器の話 | Comments(5)

お祭り~♪

今日は大阪の天神祭り(ちなみに写真はネットよりお借りしました)

d0021258_211628.jpg

「奈良の鹿」になる前は大阪天満宮から徒歩3分のところに住んでた。

d0021258_21162263.jpg

そのときの勤め先も天神さんを挟んで反対側に徒歩5分ww

d0021258_21163760.jpg

数日前にはギャル神輿なるものが練り歩いたり(写真はないw)

d0021258_21165948.jpg

この時期は・・・・・とにかく暑いのです(T-T)



翌日には文字通り「祭りのあと」の寂しさがあったり・・・

なつかしいなぁ・・・( ̄▽ ̄*)
[PR]

by shika_monologue | 2006-07-26 00:01 | 雑学的な話 | Comments(5)

爆睡の午後

今日は午後は爆睡してしまいました。
そのせいで今頃目が冴えてきましたが・・・(^^ゞ

とにかく頭がスッキリしてる真夜中は、遠い憧れの地に思いを馳せてコレ♪

d0021258_0233984.jpg



ああ・・・・マチュピチュに行きたい・・・( ̄- ̄*)
[PR]

by shika_monologue | 2006-07-25 00:24 | 音楽・楽器の話 | Comments(5)

帰れないヨ~(T-T)

はぢめてケータイから入れちゃいました(^^ゞ
[PR]

by shika_monologue | 2006-07-24 01:34 | 閑話休題 | Comments(3)

暑さも一休みですが

その代わりに雨が猛威をふるってますね。
なので今日はお休みです(関連ないゾーっ!!w)
[PR]

by shika_monologue | 2006-07-23 00:12 | 閑話休題 | Comments(2)

今日は短いよww

誰か教えてくれ~っ!

桜塚やっくんてなんやねんっ!!


存在の意味が判らん・・・(-_-;)
[PR]

by shika_monologue | 2006-07-22 00:42 | 閑話休題 | Comments(7)