<   2007年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

イベント欠乏症候群

最近、イベントが足りません。。。


スカッとするイベントをやりたいんです。
今月は梅雨の季節・・・ぼちぼちと湿気が多くなってきました。

ジメジメ、キライです。
暑いの、キライです。。

スカッとしたいんです。




でも、イベントがありません。
誰か、イベントをください。。。
[PR]

by shika_monologue | 2007-06-09 22:56 | 閑話休題 | Comments(1)

某スーパーにて・・・

さっきね、ウチのすぐ裏にある某スーパーに買い物に行ったんですよ。
(ウチが、スーパーのすぐ裏にある・・・という噂もw)

で、ちょっとトイレに入ったんですがね・・・
トイレットペーパーのホルダーの芯(?)がね・・・

すぐ外れるんですよ・・・・ぽろっとw
1回分、紙を取る間に3回くらいは、ぽろっと。

で、個室の床をコロコロと転がるんです。。。


いや、それだけなんですけどね。


で、買い物をしてるとね・・・売り場でラジカセで音楽流したりしてるでしょ。
それがね、なんだか音量が大きくなったり、小さくなったり・・・

なんだか気持ち悪いんですよね、ハンパなく大きくなったり、小さくなったり。



いや、ただそれだけなんですけどね(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2007-06-07 22:19 | 閑話休題 | Comments(5)

そして、京ポンⅡ

SO903iで撮った『京ポンⅡ』。
デフォルトで仕事関係の電話番号が、もう入ってた(笑)

d0021258_2364648.jpg

d0021258_237462.jpg



ついでに、京ポンで撮った『SO903i + アダプタ』。

d0021258_238264.jpg

[PR]

by shika_monologue | 2007-06-06 23:09 | 閑話休題 | Comments(5)

明日はとうとう・・・・・
[PR]

by shika_monologue | 2007-06-05 22:03 | 閑話休題 | Comments(4)

アナタニハリカイデキル?

1795年にブレゲが発明したトゥールビヨン(tourbillon)は、一言で言うと特殊なエスケープメント(ガンギ・アンクル・テンプ)のことです。
「ツールビロン」「タービロン」などと呼ぶ人もいます。

d0021258_2132764.jpg


トゥールビヨンの動作は非常にユニークです。
簡単に言うと、ガンギ・アンクル・テンプの1セットが回転するのです。

これはその昔(1700年台後半)、現在のように設備の整った時計生産技術がなかった頃、人間の感覚によって作り出されたパーツの誤差に苦しみながら、なんとかして時計の姿勢差を克服したいという願いによって考案された機構なのです。

姿勢差、時計の姿勢が変わることによって等時性が変化することです。
トゥールビヨンは、コロンブスの卵的な発想によって見事に姿勢差(縦姿勢のみ)を克服しています。

d0021258_21325661.jpg

通常の時計の輪列は、3番車の次に4番車が位置しています。
また通常、4番車は1分間に1回転しています。
この4番車の回転がガンギ車に伝わり、そしてガンギ車→アンクル→テンプと力が伝わっているのですが、トゥールビヨンの場合、4番車が特に変わっています。
1分間に1回転している4番車の上に台のようなものが取付けられてあり、その上にガンギ車とアンクルとテンプ一式が取付けてあるのです。

そのために、エスケープメント自体が1分間に1回転することになり、垂直方向の姿勢差(縦姿勢)はまんべんなく生じることになり、それぞれ打ち消し合うようになるのです。
つまり、天輪の方重りなどで縦姿勢の姿勢差が生じていても、エスケープ自体が1分間に1回転しているので、誤差が分散されるのです。

※注 トゥールビヨンの中には回転のもっと遅いものもあります

詳しく見てみましょう。
以下はトゥールビヨン脱進機を組み込んであるムーブメントのイメージ図です。

d0021258_21333399.jpg

3番車まで伝わってきた回転力は4番車のかなに達します。
しかし、4番車の歯車部分(かさのような部分)は地板に固定されていて回転しません。
中心の軸だけが回転するようになっているのです。
したがって、3番車から伝わってきた力は、4番かなを含む中心軸だけを回転させます。
この中心軸の上の方の部分(4番歯車より上の部分)には、籠(かご)のような台がついています。
この籠の中にはガンギ・アンクル・テンプがセットされています。
したがって、4番車の中心軸が回ると、4番歯車は回らず、籠とその中にセットされているエスケープメント(ガンギ・アンクル・テンプ)が回転するようになっているのです。

ご理解いただけますでしょうか?
もし、難解と思われるようでしたら、もう一度、「車」「歯車」「軸」「かな」の意味をご確認した上で読み返してみてください。

さて、4番車からガンギへどのように回転力が伝わるか見てみましょう。
ガンギかなは籠から少し下に飛び出すようにセットしてあり、4番歯車(固定されている)にかみ合っています。

3番車の回転力は4番車の中心軸に伝わり、軸の上部に取付けられている籠を回転させます。
籠の回転と共にガンギ車も籠と一緒に大きな回転を始めるのですが、ガンギかなは固定された4番歯車にかみ合っているので、大きな籠の回転と共にガンギ車自体が回転します。
そして、ガンギ車自体の回転はアンクルに伝わり、テンプを振幅させるのです。

以上がトゥールビヨンの動作原理です。

d0021258_2134064.jpg

トゥールビヨンを作る上での難しさは、まず、籠を含むパーツ自体を軽く丈夫にすることです。
パーツが重いと、エスケープを収納している籠が回るにつけて、著しい摩耗や圧力を生み出すことになります。
また、パーツが弱いと、たわみが生じて通常時計のエスケープ以上に歩度に影響を及ぼします。
さらに、トゥールビヨンは、調整が非常に難しい構造をしています。
エスケープの土台が回転するので、通常時計に比べて微妙な調整技術を必要とし、最高級の時計職人でなければその保時性のよさを引き出すことができません。

永久カレンダーやミニッツリピーターは、従来からの時計の構造に後から特殊構造を付加するものですが、トゥールビヨンはエスケープメントの構造自体を変えています。
この点からトゥールビヨンは、抜本的に通常の時計と趣を異にしているといえるでしょう。


---------------------------------------------------------------------
d0021258_2205948.jpg

これはフランクミュラーのレヴォリューション、トゥールビヨンがどんなふうに
マウントされているかがよく判りますね(^^)
---------------------------------------------------------------------

今回は、私もぼんやりとしか判ってなかった『トゥールビヨン』機構について
Watch User's Researches』というサイトさんからお借りしてきた内容を掲載
してみました。
こりゃ~難しいです・・・(^^;)
こんなのを思いつく人って、どんな頭の構造をしてるんでしょうね・・・(汗)

今後もちょくちょく、こういった『俺の趣味』的内容が登場するかもしれませんw
[PR]

by shika_monologue | 2007-06-04 21:44 | 時計の話 | Comments(16)

もうひとつの雄

OMEGAといえば、まず思い浮かべるのはたぶんコッチでしょね。。。

d0021258_22171410.jpg



アポロと一緒に月にも行った、SPEEDMAETER・・・クロノグラフです。
しかも『自動巻き』もついておりません、『手巻き』です。
腕につけていても、ゼンマイを巻かないと止まります(笑)

もっともベーシックな機構と言えるでしょうね。
でもクロノグラフゆえ、ユニットは複雑・・・男心を揺さぶります(^^;)


そして・・・コレも高いです(汗)



てか、今日は倍疲れた・・・・・(-_-;)
[PR]

by shika_monologue | 2007-06-03 22:24 | 時計の話 | Comments(9)

ショックなとき・・・

くつ下に、穴が開いていたとき。

頭洗おうとしたら、シャンプーが切れていたとき。

冷蔵庫に、何も入っていなかったとき。

炊飯器のごはんが、カピカピになっていたとき。

財布に、13円しかなかったとき。

いつも買う銘柄のタバコが、品切れだったとき。

保存寸前で、PCが固まったとき。

iPodを聴こうとしたら、バッテリが切れていたとき。

久しぶりに友人に電話したら、『この電話は、現在使われておりません』だったとき。


     そして・・・


明日はお休み♪と思ったら、『出勤してくれ!』と電話があったとき・・・(T-T)
[PR]

by shika_monologue | 2007-06-03 00:37 | 閑話休題 | Comments(7)

やっぱ、憧れ・・・( ̄▽ ̄*)

d0021258_0355553.jpg


OMEGAのSEAMASTER、自動巻き。
300m防水(そんなに潜らんがw)

高いんだよね~・・・(^^;)
[PR]

by shika_monologue | 2007-06-02 00:37 | 時計の話 | Comments(8)