いやいやいや.....

さて、昨日の続きですが・・・(笑)
先頭以外のメリット・デメリットを考えてみましょう。

最後尾からついていく場合、前でキャーキャー言う声を聞いてある程度の心構えができます。
でも後ろからの攻撃(笑)には、ほとんど無防備。
『お化け屋敷』というアトラクションを考えた場合はいいんでしょうけどね。
(後ろから来るという施設も増えてきたけど・・・)
これは遊園地のアトラクションという状況だからいいんであって、肝試しとかの場合は必ずしも
安全とは言えません。
よくホラー映画とかで、最後尾からついてきてるはずの仲間が消えていたって状況があります。
そういう映画を観たことある人は、心理的には怖いでしょう。

では、一番安全そうな真ん中はどうか。
まあフツーに考えれば、やっぱり前後どちらからの攻撃もワンクッション入るってことで一番気楽
なのかもしれません。
でもこれも『お化け屋敷』での話。
もし前後で守ってくれてると思っていた仲間が、見知らぬ者に変わってたとしたら。。

たぶんお化け屋敷で怖がる人は出てくるお化けが怖いんじゃなく、もしもそんな状況に遭ったら
ってのが怖いんじゃないかな。
そしてなぜか、普段『お化けなんか全然信じない』と言ってる人ほどお化け屋敷・肝試しで怖がる
という傾向があります。。
信じてないなら出てくるお化けは『作りもの』なんだから、怖いはずないのにね。
そのへん、人間ってホントに不思議ですよねぇ。。
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-31 19:33 | 閑話休題 | Comments(2)

いやいや.....

まあ、ひまさんは貴重種として・・・(笑)
なかなか女の子で、自分から進んで先頭にって子は少ないですけどね。

先頭はやっぱ、一番最初に恐怖が襲ってくるってんで根性のある人向きでしょうね。
これがデメリットでもあり反面メリットとも考えられます、最初に危険を察知できるから。
でも度胸のない人が先頭にいっちゃうと、そのグループはなかなか先に進めません。
後から来るグループのことを考えても、ここはある程度はちゃんと先導してくれる人でないと。。

でね、お化け屋敷に入るグループって、まあだいたいは『カップル』か『女の子だけ』です。
『男だけ』ってのは、なかなか見かけないですよねぇ。
考えてみれば『男同士』がキャーキャー抱きついてる画なんか、お化け以上に怖いですから。

主流である『カップル』もしくは『男女混合』は、男がカッコつけるから先頭は自ずと決まるし、
『女の子だけ』のグループには、ひまさんみたいな子がいたりね(特殊ではあるがw)


てことで、ちと野暮用ができたんで続きは明日(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-30 19:36 | 閑話休題 | Comments(2)

いや.....

ふと思ったんですよ・・・フツーはどうなんだろ?って。。


女の子3人で、どっかの遊園地に遊びに行ったとしましょう。
あなたはテンションも上がってるし、勢いでお化け屋敷に入りました。
館内は薄暗くて照明は雰囲気バッチリだし、いかにもな効果音が鳴り響いてます。
けっこう本格的なお化け屋敷、入っちゃったことにちょっぴり後悔したりして。。

さて、ここで質問です、あなたは次のどの立ち位置にいますか?

①勇ましく先頭
②安心の真ん中
③ビクビクの後ろ

それぞれにメリットもデメリットも、両方あると思いますがね。


あ、ちなみにこれは心理テストとかそんなんじゃないんであしからず(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-29 20:07 | 閑話休題 | Comments(2)

水木先生の功績と罪過

今日は二人ともお休みだったんで、コレに行ってきました~♪ (^^)

d0021258_2212271.jpg


いや~、楽しい(笑)
妖怪大好き小僧としては、まさに楽園だったよね。
お馴染みの妖怪たちでいっぱい、幸せな時間でした♪

まあね、水木先生の描く妖怪たちはみんなどこか愛嬌があるんで和みます。
もともとの姿は誰も知らないワケで、やっぱ一般的なイメージとしては水木先生版。
これは『功績』と『罪過』の両方の側面を持つんですけどね。
でも私的には、妖怪たちを身近なものにした『功績』のほうが大きいと思います。

その後久々の外食で、イタ飯なんか食っちゃったりして。
『妖怪』と『イタ飯』・・・似合わねーっ!(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-27 22:12 | 怪異の話 | Comments(4)

そうか

もう夏休みか・・・( ̄- ̄)




って、Twitterかよっ!(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-25 19:42 | 閑話休題 | Comments(0)

大きな決断

みなさん、人生の中で何度かあると思いますが。
たとえば結婚とか、家を買うなんてのもそうかもしれません。

『一世一代』とか『清水の舞台から飛び降りる覚悟』とか、表現は様々です。
でもそのレベルは、人それぞれ違うと思います。
買い物一つにしても、それが『家』だったり『車』だったり。
中には『服』とかがそういうレベルにある人もいるかもです。
私の場合は、例の『同い年ギター』を買うときがそうでした。

その後も2度ほど(×2だから4度か?w)決断をしましたが、それ以来はないです。
そんな人生を決めるような『大きな決断』、最近はその大きさがめっちゃ小さくなりました。
ここ2~3日で一番大きかった決断は・・・

d0021258_193706.jpg


某amazonで、クロックスを買ったこと(爆)
通販というのは、身につけるものを買うにはある程度の『決断』が必要だと思います。
ましてやこの歳になって初めてのクロックスだったんで、いまさら感が満載・・(^^;
なんとか今回はちゃんと自分のサイズに合ってましたが、届くまではドキドキでした(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-24 19:36 | 閑話休題 | Comments(2)

この物語はフィクションです。

を、久々に書いてみたいなぁ・・・と思う今日この頃。
でも暑さと疲れで、思考回路が働きません(笑)

書けぬなら 秋まで待とう ホトトギス

ってことで、それまで地道にネタ探ししとこっと。
皆さんも、いいネタあったら教えてね♪

学生時代にお題を三つもらってそれを織り込んで物語を作るってのに挑戦したことあるけど
そういうのも面白いかも。。
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-23 19:54 | 閑話休題 | Comments(0)

第三惑星の反乱

35℃以上の猛暑日が続いたかと思うと、ここしばらくは30℃ちょいくらいに落ち着いてます。
まあそれでも30℃以上なんで、暑いっちゃぁ暑いんですけどね。

d0021258_18182851.jpg


相変わらず日本全国ではゲリラ豪雨(雷雨)とかが頻発。
その様子なんかを見てたら、これはもう『スコール』ですよね。
どうも日本人は勝手に新しい言葉を作って、物事の本質を誤魔化そうとする傾向があるような。。
もともとの名称で呼んで、それに対してちゃんとした対応をすれば誤魔化さなくてもいいと
思うんですがね。

それはお天気だけの話じゃなく、『援助交際』とか『いじめ』とかも同じことですが。。
『売春』とか『障害』・『殺人未遂』って言えば、おのずと対応方法は判りますよ。


あ、でもこれ『極東島国の反乱』でしたねぇ。。。
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-22 19:45 | 閑話休題 | Comments(0)

だ~か~ら~ ( ̄△ ̄)

『幽霊』と『オバケ』は違うんだってばっ!(笑)

コレだけは海外のものは明確に区別されてますよね、『ゴースト』と『モンスター』に。
たとえば『フランケンシュタイン』はモンスターだし、『死霊の〇〇』に出てくるのは
ゴーストです。

日本の場合は、ナゼかその境界線が曖昧なんですよね。
遊園地にある『お化け屋敷』も、正確に言うと『ハイブリッド屋敷』なんですけど。
(『オバケ』も『幽霊』もいるからねw)

d0021258_19255727.jpg


まあ日本には昔から『化けて出る』という言葉があるように、そのへんがボヤけてますからね。
ちなみに『この物語はフィクションです。』で書いた『死期視魔』は、『オバケ』です。

って、こりゃどっちかってぇと『ヲタな話』やな・・(^^ゞ



さて、今日はTVは参院選一色の日。
『お分かりいただけただろうか・・』のDVDでも観ようかな(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-21 19:53 | 怪異の話 | Comments(2)

おやおや

管理人も気付かないうちに、記事が 2000 を超えてましたよ(笑)

d0021258_188529.jpg


記念すべき 2000 件目は『TV・CMで使われる曲』の記事でしたね。
(今現在、このページの一番下にあります)
たまたまこのカテゴリーだったってのも、私らしいっちゃ私らしいかも。
ホントならもっと早くに達成してたと思うんですが、途中めっちゃ記事数が減った時期が
あったんで遅くなったんですかね(汗)

でもまあ、始めた時はこんなに多く更新するとは思ってなかったんで快挙です (^^)
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-20 19:35 | 閑話休題 | Comments(0)