明日から、6月

なにも今日この記事にしなくてもねぇ。。
明日に『今日から、6月』って書けばいいのに・・・
なんて、ひねくれ者なんでしょ(笑)
それはさておき・・・


さあ、最高気温も30℃に届く季節がやってきました。

d0021258_439283.jpg


ペギラでも来てくんないかなぁ。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-05-31 19:37 | 閑話休題 | Comments(2)

なんでしょ?

昨日の検索ワードなんですが・・・

d0021258_2126405.jpg


3位・4位のワード、なんか謎ですよねぇ。
特に4位とか、何を知りたかったのか?
そして、どの記事がそれに引っかかったのか(笑)

ヘンなブログには、やっぱヘンなワードがヒットするんでしょうかねぇ。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-05-29 21:29 | 閑話休題 | Comments(2)

納得

以前、ドアの隙間から逃亡するハム君(笑)というのがありました。
ハム君の骨格ってどうなってるんだろう?って。
骨格の構造は判りませんが、この動画を見るとあの逃亡劇もなんか納得しますよね。
(いや、逃亡かどうかは判りませんが・・・)



それにしても、薄くなるもんだなぁ。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-05-29 19:39 | 閑話休題 | Comments(5)

おかげさまで♪

先日の先行予約、無事行けることになりました。
チケット代の入金も済ませて、これで一安心。
応援していただいた皆さん(笑)、ありがとうございました♪

そんな娘たちですが、7月にはシングルが出ます。

d0021258_014207.jpg


今回は4曲も入ってるんですって。
レコードのころは2曲だけだったのにね~、時代は変わりますね~(笑)
こちらも即刻、ポチッとな♪

娘たちにも弱いが、『完全限定』って言葉にはもっと弱い。。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-05-28 19:13 | 娘たちの話 | Comments(4)

昨今のアイドル考

昔、キャンディーズや松田聖子が好きでした。
私はけしてアイドルオタではないと思ってます(たぶんw)が、彼女たちはまず曲がよかったし
そこからファンになっていったという経緯があります。
少なくともそのころのアイドルソングというのは、作品としての最低限のクォリティは維持して
いたように思います。
しかしその時代から少し後、雨後の筍のようにアイドルが量産された時代に楽曲よりルックスが
重視されるようになって魅力的な曲が影をひそめ始めると、アイドルに興味がなくなりました。

まあそれでもやっぱ男としては女の子が好きなワケで、その頃活躍し始めたガールズバンドに
流れていき、プリプリとかに魅力を感じたんですね。
自分も音楽をやっていた身としては、いかにルックスがよくても曲がチンプだと萌えませんしね。

そうこうしてるうちにアイドル文化というもの自体が下火になり、TVでは音楽番組も激減。
しばらくはそういうものに触れる機会もなく過ぎていきました。

そんな中で遭遇したのが『娘たち』だったんですが、プロデューサーがcapsuleの中田ヤスタカ
ということもありアイドル然としていない楽曲の魅力とともに大好きになっていきます。
今の彼女たちはアイドルというカテゴリーに入れることは出来ないと思いますが、デビュー時
はまだそういう要素もあったんですよね。
だからその中間的な存在自体に、魅力を感じたのかもしれません。
(彼女たちの人となりが気に入った、てのも大きいですけど・・・)

そして時代は、大所帯のアイドルグループ全盛となっていきます。
AKB48が大ブレイクするんですね。
今じゃゆるキャラのように、すべての存在を把握するのは不可能な状態になっちゃいました。
このAKB48の曲の中にも、2~3曲はいいのがあります。
たとえば『桜の花びらたち』や『夕陽を見ているか?』なんかは、けっこういい曲なんです。
でも大ブレイク以降のAKB48の曲は、なんだかあまりよろしくないというか・・・
他の48グループとの差別化を図ろうとするあまり、聴き手のことは二の次みたいに思います。
グループ内では最古参であるために凝った作り方をし過ぎて、アイドルであるという大前提が
軽視されているような感じなんですよね。
たしかに在籍メンバー(特に選抜に入ってくるような)は、アイドルとしては年齢も高めに
なってきてます。
が、それでも二十歳前後の女の子なんだから、もっと素直な曲作りをしたほうがいいんじゃ
ないかなと思ったり。

そういった大所帯グループ全盛の時代にあって、いい曲だなと思ったグループがあります。
それはAKB48の公式ライバルである、乃木坂46の曲でした。
去年春に発表された『君の名は希望』や、最新作の『気づいたら片想い』なんかは曲としての
魅力を感じます。
一時期の『楽曲は二の次』時代から見ると、作り手側もしっかりと作ってるのかな?という
気がして、少しはアイドルという分野も見直してもいいと思いました。
(う~ん・・・ヲタ友に怒られそうだなw)

たしかにアイドルにはルックスという要素は欠かせませんが、それもやはりいい作品がある
上でのこと・・・そのことに気づく作り手が増えるのは、いいことなんでしょうね。


--------------------------------------------------<そいえば・・・>--------------------------------------------------


先日、AKBの握手会で男がノコギリ振り回して暴れたとか。
大丈夫なんでしょうかねぇ。。。

いや、その犯人がね。
ヲタに殺されないか、心配なんですけど。。

この事件についてはネットニュースでも関連記事がいっぱい載ってますが・・・
記事へのコメントみたいなのがあって、またまた匿名野郎たちが好き勝手書いてたり。
彼女らがアイドルだってことと、こういう通り魔的犯罪はまったく関係のない話。
アイドルだって、若い女の子に違いないんだから。
それを、「ざまぁみろ」的な書き込みをしたりね。
そういうのって実際にノコギリ振りかざした犯人と一緒だって、いいかげん気づかないもん
ですかねぇ。。。

あ、根本的に一緒か。
[PR]

by shika_monologue | 2014-05-27 15:08 | 「ヲタ」な話 | Comments(2)

そして、眼鏡を買った...

先日もちょこっと書いたんですが・・・

なんかねぇ、ホントに細かい字が見えなくなっちゃって。。
本好きなんですが、読むのが億劫になるくらい。
書くのも一苦労なんてこともあったりするんで、眼鏡を買ったんですよ。
ただ最初はずっとかけてるんじゃなくて、必要な時だけ使おうかと思ってるんですがね。

そんなこんなでよく見る安売り店も巡ってみたんですが、最近はけっこうするんですよ。
あんまり金掛けたくないな~とネットでも探してみたんですが、コチラは手ごろなのも
揃ってたんでさっそく注文。
レンズ引換券がついててソチラは該当店舗でちゃんと検眼や加工・調整ができるとのこと
だったんで、まあいいだろうってことでね。

で、入手したのがコレ。

d0021258_1214335.jpg


ん?
どっかで見たようなツイード生地(知ってる人は判るよね?w)のケースだなぁ。。
開けてみると・・・

d0021258_12142095.jpg


そうです、 Fender です(笑)
いやいや、メガネまで作ってるんかいっ!!

まあね、実際にギターと一緒に作ってることはもちろんなくライセンスものですけど。
ロックおじさんとしては、やはりそそられちゃったワケでね。
テンプルのところには、アンプについてるロゴプレートの縮小版もあるし。

d0021258_12144288.jpg
片手に眼鏡持って片手で写そうとしたけど・・・無理だったw


フレームもこういう黒ブチのほうが好みなんで、しばらく愛用しようと思います。

d0021258_1215293.jpg
そして、判りやすい全体像w(ショップHPより)


とりあえずは手元用として標準レンズで作ったんで、遠近両用じゃないしレンズも
分厚いですがね。。
でも今後はレトルト食品の温め時間も、ハッキリ見えるってもんです(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2014-05-26 14:12 | 閑話休題 | Comments(6)

赤と銀

私には好きな色の組み合わせがあります。
それは、『赤&黒』と『赤&銀』。
だからこの元地元のお祭りでお馴染み、『夜空の下でライトアップされた太鼓台』が大好き。

d0021258_231717.jpg


実物を見ると、その雄大さも相まって本当に美しいんです。
昼間の太鼓台も好きですけど、夜はさらにね。


そしてもうひとつの組み合わせ、『赤&銀』。
そうです、ウルトラマンのカラーリングですね。
昨年、ウルトラマンギンガってのがありましたけど、あれも一応ほぼ『赤と銀』でした。
(いろいろ光りモノ・・・てか、発光モノはついてましたけどね)
で、今回『ウルトラマンビクトリー』ってのが出てきまして・・・これがなんというか。。。

d0021258_23171952.jpg


初代のシンプルかつ洗練されたデザインと比べると、なんともゴテゴテした印象ですよね。
平成三部作の『ティガ・ダイナ・ガイア』もそれまでにない色遣いがありましたが、デザインは
まだスッキリしてるほうでした(彼らは光の国出身じゃないけどね)。
その後、『コスモス』は青い体でしたが、やはりデザインはウルトラマンを基調としてたし。。

でも今回の『ビクトリー』は、どうしてもウルトラマンを連想できません。
もはや『ウルトラシリーズ』じゃなくなってるような気がします。
初代マン世代としては、なんだかなぁ・・・な感じですねぇ。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-05-25 19:57 | 「ヲタ」な話 | Comments(5)

『し』

『でかした!』っていうと、『よくやった!』ってことなんだけど、
『しでかした』っていうと、『あ~あ、やってもうた...』ですよね。
一文字つくかつかないかだけで、意味は真逆。。

この場合の『し』は、英語で言うとところの『 un 』とか『 dis 』の
こと・・・であるはずもなく、言葉自体がまったく別モノですが。

やっぱ日本語は・・・(以下略w)
[PR]

by shika_monologue | 2014-05-23 19:51 | 雑学的な話 | Comments(2)

週に一度は、『味の素のぎょうざ』食ってます(笑)

ウチの冷蔵庫には絶対に入ってるものが、三つあります。
玉子と、食べるラー油と、そして味の素のぎょうざ(笑)
他にも高確率で入ってる物はありますが、『絶対に』というとこの3品。

昔からぎょうざは大好きで、学生時代とかは王将によく通ってました。
何度か書きましたが、その大好きなぎょうざをお手軽に冷凍食品として
ストックできる・・・いい時代なワケで。

で、週に一度は『ぎょうざの日』があります(笑)
無性に食べたくなるんですよね。
それがなぜか水曜日か木曜日、決まってるんですよ。
自分でも不思議ですが。。。

別に週の真ん中である必要はないと思うんですけど、毎週そうなんです。
そのときに食べラーも使うんで、これもいつもあるんですがね。

d0021258_23185289.jpg
よく考えたら、コレって二人前?


王将に通ってるころから、タレはラー油と醤油のみでした。
しかもラー油が主で醤油は少ししか入れなかったんですが、それは今も
変わらずです。
酢は嫌いだから入れませんが、ほとんどの中華料理屋ってテーブルには
酢を混ぜたタレしか置いてないところが多くて困りものです。
中にはラー油も入れて小皿で付けてくる店もあったり・・・なんだかなぁ。。
せめて、醤油と酢を別々に置いといて欲しいもんです。
[PR]

by shika_monologue | 2014-05-22 19:54 | 「食」の話 | Comments(4)

定員オーバー

『ねえ、けっこう怖かったよね』

『そうか? たいしたことなかったじゃん』

『でもトンネルの壁に足音響くし、あの照明の色も不気味に見えてアタシ嫌い』

『まあ心霊スポットなんて、噂が大げさだから怖く思うだけだよ』

『そうかなぁ・・・何かに見られてるような気がしたんだけどなぁ』

『バカ、そんなことあるわけないだろ』


彼女とけっこう有名な心霊スポットを訪れた帰り道、真夜中の道路を走らせる。
ドライブスルーで買ったハンバーガーを齧りながら、ついさっきまでいたトンネル
の話で盛り上がっていた。
怖がりな彼女をなだめるのは、もういつものことだ。
深夜なので他に車もなく少しスピードを出していると、突然サイレンが聴こえた。
気がつくと、いつのまにかパトカーが後ろについている。

d0021258_1041011.jpg


『前の車、脇に寄せて停車してください』

しまった、スピード出し過ぎたかな?
彼女と顔を見合わせてため息をつきながら、俺は素直に車を路肩に停める。
サイドミラーを見ると、パトカーから降りてきた警官がちょっと不思議そうな顔
をしているのが見えた。

『すいません、スピード出過ぎてました?』

こういうときは素直な態度に出た方が、心象がよくなるというもんだ。
わざと神妙な顔で見上げると、警官は首をひねりながら車内を覗いている。

『あ・・・いや、スピードはそれほど出てなかったんだけどね』

『じゃ、他に何か?』

『君たち、二人だけだよね?』

『はい、そうですけど』

『・・・おかしいな』

『どうかしたんですか?』

『いや、後ろから見たら定員オーバーに見えたんだけど・・・』

『でも、僕らずっと二人だけですよ』

『そうか、悪かったね・・・車は少ないけど、安全運転で帰ってね』

『はい、ありがとうございます』

納得いかない様子で警官がパトカーに戻り、発車するのを見送った。


『ふー、なんか判らんけど助かったな』

『ねぇ、なんか気味悪いね』

『ははは、気にするなよ・・・じゃ、俺らも帰るか』

車を出すために、ルームミラーを覗いた。
そこには・・・



見知らぬ顔が四つ、無表情に映っていた。
[PR]

by shika_monologue | 2014-05-21 20:02 | この物語はフィクションです。 | Comments(2)