でもって、ハロウィン

いや、そもそもハロウィンってなんだっけ?
たしか、何かの前夜祭だったよね?

で、なんの?


----------小一時間----------


ふーん・・・
『諸聖人の日』の前晩にあたるんだって。
その『諸聖人の日』ってのが、なんのこっちゃ判らんけどね(笑)

d0021258_0292992.jpg


ま、なんでもいいか♪
[PR]

by shika_monologue | 2014-10-31 19:27 | 閑話休題 | Comments(2)

ていうか・・・

エキブロの新しいコメント欄、めっちゃ使いにくいんだけど。。

d0021258_0363113.jpg


これって明らかに、タブレットとかそんなんを意識した作りだよねぇ。
まあでも、そのタブレットでも使い辛そうだけどね。。

だいたいコメント返しするときは頂いた元コメントを読みながらってことが多いんだけど、この仕様
じゃそれが出来ないし。
ただの仕様変更じゃなく『改悪』だってことは、火を見るより明らかってね。
それにコレ・・・『MORE』機能って無くなってるよね・・・?


------------------------------<Intermission>------------------------------


先週末、ベーシストのジャック・ブルースが亡くなりました。
クラシック・ロックというものに詳しい方ならご存知だと思いますが、エリック・クラプトン、
ジンジャー・ベイカーとともに『クリーム』というトリオを結成、伝説となっているバンドです。

d0021258_0383447.jpg


私たちにとって華やかだった時代の先駆者がどんどん亡くなっていきます。
寂しいことですが、それも時代の移り変わりの中で仕方のないことですね。

ご冥福をお祈りします。
[PR]

by shika_monologue | 2014-10-30 19:34 | 閑話休題 | Comments(0)

退色する『赤』

そうなんですよ、なぜか『赤』だけ退色していくんですよね。
これは理由が判らなくても、実際に赤だけ消えてるポスターとか見かけた人も多いかと。
カラー印刷されたものでもその中の赤い色素だけ消えていくため、顔色が緑色になったのとかね(笑)

私もなぜそうなるのかは詳しく知りませんが、現象としての『赤の退色』は馴染みがあります。
それは・・・

d0021258_16194815.jpg


ギターの塗料における『赤の退色』。
画像はギブソン・レスポールにおける例。
1960年前後のこのギターは『サンバースト』という塗装が施され、その美しさゆえファンが多いです。
まあ、私もその一人ですけどね。
この『サンバースト』、周囲にいくほど赤くグラデーションしていくんですがこれが経年変化で退色。
さまざまな色合いへと変わっていくんですよね。
たとえば画像の上段左から2番目、これがだいたいオリジナルに近い色合いです。
これが赤が退色することで下段の左2本のように変わっていく・・・不思議ですよね。
それが個性となってますます愛着がわいてくる・・・そんな逸品です。
[PR]

by shika_monologue | 2014-10-29 19:20 | 雑学的な話 | Comments(4)

おしりが痛い.....(T-T)

昨日からおしりにちっちゃい出来物が・・・胡坐をかくとちょうど当たるんです。
それがとっても痛いんです(笑)

d0021258_1371850.jpg


痔のときに使うようなドーナツクッションが、今とても欲しいのです。
[PR]

by shika_monologue | 2014-10-28 19:33 | 閑話休題 | Comments(2)

SONGS!

NHKの『SONGS』という番組、今日は『レッド・ツェッペリン』の特集だった。
バンドのキャリアの中で起こった、さまざまな出来事。
栄光も挫折も、そして悲劇も。

ファンにとっては周知の事実だけど、改めて特集されると感慨も深い。
そして今更ながらに、彼らの音楽は他に類を見ないものだったと認識させられる。

全篇を通して武道館を訪れたジミー・ペイジの語りを交えながら、代表曲が流された。
番組の最後には、『天国への階段』のライブ映像がノーカットで登場。

やはり誰が何と言おうと名曲である、それは火を見るより明らかだ。
[PR]

by shika_monologue | 2014-10-26 00:02 | 音楽・楽器の話 | Comments(0)

それでも、やっと半分かよ

※詳しくは、ココ

いうても、ホントにちょこっと超えただけらしいけどね。
逆にいえば今までは半分切ってたワケで、その割にはエラいデカいツラしてたってことですよ。

まあどっちでもいいんだけど、『話す』ことを目的にしてる私には無用の長物だからねぇ。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-10-25 19:27 | 閑話休題 | Comments(2)

脚本家って職業、要るのかな.....?

今月から秋の新ドラマが始まってます。
そんでもって、ネット上では早くも『初回の感想」とやらが載ってるんですけどね。
毎度のことながらその中で目立つのが、『原作と違う』とか『イメージが壊れる』とかいう意見。

何を勘違いしてるか判らないけど、そりゃ違って当然でしょ。。

もともと小説とかマンガを原作としてるドラマなんてのは、全く同じイメージで作りようがないし。
文字や画で表現できるものと、実際に生身の人間が演じる映像がぴったり合うことなんてないんです。
さらに言えばイメージなんて人それぞれ、自分が『違う』と思っても人もそうだとは限らないからね。
なんで『原作』と、ドラマ化された『番組』は別モノって考えられないんでしょうねぇ。。


でね、この話にはもう一つ先がありまして・・・


こんな意見が多過ぎる背景には、『オリジナル脚本』が少ないということもあるんだと思うんですよ。
ドラマのために創作された脚本ならイメージも何もないわけで、こんな批判も出てこないはず。
それに読み物としての小説やマンガに頼ってばかりで、オリジナルを創り出せない脚本家なんてのは
存在する意味がないんじゃないでしょうかねぇ。。

てことで、結論・・・


どっちもどっちだなぁ。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-10-24 20:09 | 閑話休題 | Comments(2)

どう違うんだろう。。

御嶽山が噴火して、もうすぐ一カ月になろうとしてますね。
噴火直後から、ニュース番組を見ていて不思議に思ったことがあるんですけどね。
それは・・・

『死者〇〇名、心肺停止〇〇名』

という報道。
この違いがよく判らないんですよ。
またそれに対してキャスターは何も説明しないし、テロップとかでの解説もない。。
2~3日経ってからでも同じ表現をしてたけど、三日も心肺が停止してたら蘇生の
可能性もないですし、それはどういう状態なんだろう?ってずっと思ってました。

今回のように悲惨な状態で発見されたご遺体の一部で、DNA鑑定して身元が
判明したというのは理解できるんですけどね。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-10-23 19:46 | 閑話休題 | Comments(0)

何度も記事にしてるけど・・・

連日のように5℃以上の気温変化、もう勘弁してほしい・・(T-T)

体力がなくなってきた体には、辛いものがあるのよ~(笑)
昔は多少の変化にはぜんぜんメゲなかったけど、だんだん深刻になってきました。。

頼むから緩やか~に季節が巡ってくれますよーに(─人─)
[PR]

by shika_monologue | 2014-10-22 20:01 | 閑話休題 | Comments(2)

立ち食いうどん

お店の用事で、大阪は京橋駅に降り立ちました。
いや~久しぶり♪(笑)

京橋駅といえば、複数のJR路線と私鉄・地下鉄が集まる大きな駅です。
ショッピングモールもあり、駅近に食べ物屋さんなど様々なお店も揃って時間つぶしに不自由しません。

逆に時間が無くて急いでる時も、駅のホームに立ち食いうどんがあって困らないんですよね。
関東じゃ立ち食い『そば』なんでしょうね、でも関西ではやっぱ『うどん』がメイン。
最近は扱う店も増えたけど、昔はコロッケなんておよそ『うどん』に合いそうもないトッピングなんて
なかったもんです。

用事を済ませてお店に戻る途中ちょうどお昼時間を少し過ぎたところだったんで、これまた久しぶりに
立ち食いうどん屋さんに立ち寄りました。

だいたい注文するものは決まってます。
通称『スタミナうどん』と呼ばれる、玉子・揚げ・天ぷらをトッピングしたうどんと2個入りのおにぎり。
昼食には十分な量ですね♪
玉子と天ぷらだけとか、天ぷらの代わりに肉が入って『スタミナ』という場合もありますが、私的には
『スタミナ』といえば玉子・揚げ・天ぷらの3種類なんですよ。

d0021258_16565951.jpg
これはお揚げさんがないタイプ、でもおにぎりはまさにこんな感じ(笑)


この『スタミナうどん』が『肉うどん』になることがありますが、ほとんどはその組み合わせです。
なんだか懐かしくってね、昔はよく食ったな~なんて。。
あの頃よりは値段は高くなってるけど、それでも良心的なレベル。
またいつか、立ち食いうどんでお昼を摂りたいと思いました(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2014-10-21 19:43 | 「食」の話 | Comments(2)