以前なら・・・

絶対に定期購読してたであろう、『 Zippo COLLECTION 』。

d0021258_2504653.jpg


そんなのが今月創刊されまして、 Zippo好きとして興味があったりもしますが・・・。

今はほとんど処分して20個ほどしかないけど、一時期は100個以上あってこのブログでも記事書いてました。
まあ今でもカテゴリーはあるし、何かのときにはちょこちょこと書いてますけどね。

隔週刊で一冊もけっこう高いですけど、コレクターなら買っちゃうんだろうなぁ。。
ちょうど先日コレクションについての記事書いたけど・・・これ買う人、絶対奥さんに怒られると思う(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2015-01-30 19:49 | Zippoの話 | Comments(4)

たしかに難しいよね

あ、いつものブロガー『あんさん』ちの記事を受けてですけど・・・(^^ゞ

バレンタインも近いということでチョコの記事だったんですけど、『手作りチョコ』についての話題。
市販のチョコを買ってきて『溶かして固めた』だけで、なんで『手作りなの?』って疑問ですが。。

この場合『市販のチョコ』は『原材料』として扱われるワケですが、それ自体も『製品』ではあります。
これは実は『毛糸』と『手編みのセーター』の関係と同じなんだと思います。
ようするに『セーターを編む』のに、『羊の毛から刈れ』ってことですね。
でもわざわざ牧場に出かける人はいないってのと、たぶん同じなんですよ。

まあね・・・昨今じゃ『手編みのセーター』も、『重い』っていう理由で敬遠されたりしますが(笑)
それに決定的に違うことは、『身につける』ものと『食べる』ものであること。
たしかにこんだけ食品関連の問題が多かったら神経質になったりもしますが、私はぜんぜん気に
ならないんですよね。

たとえば一流レストランでデザートのチョコレート菓子を食べたとしても、それは材料としては市販
のものを使ってるワケでカカオから作ってることはほとんどないしね。
一流レストランの厨房と一般家庭の台所を一緒にするなといわれればそれまでですけど、基本的
な性質は同じです。

世の男たちにしても、彼女んちに遊びにいって手料理が出てきたら喜んで食べるはず。
でもそれは不衛生な台所で、わざわざ加工した食品です。
違いは作ったその場で食べるのと、ラッピングして持ってきたものを食べること。
作った人の『想い』は同じだと思います。

『手作り用』としてブロック状のものも売ってたりしますが、コンビニや小さなスーパーで簡単に手に
入らないこともありますから、やはりもともと『お菓子』として売ってるものを使うほうがお手軽。
考えようによっては、それ自体が成立した美味しさを持ってるんだから、間違えようがないのかも
しれません。

ウチの相方も、昔は『手作りチョコ』をくれたもんですよ。
・・・今は、チロルチョコ一つですけどね(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2015-01-29 19:57 | 閑話休題 | Comments(2)

軽自動車が元気だね

それも『スズキ』や『ダイハツ』といった、軽自動車中心のメーカーのモデルがスゴく面白い♪

d0021258_11351963.jpg
このアルトやハスラーなど、スズキが元気ですね(^^)


『日産』とかでも一応軽自動車がラインナップにあるけど、なんかそれ以外のモデルをそのまま小さく
したような安易なデザインで魅力を感じません。
かろうじて『ホンダ』あたりが、ぎりぎり許容範囲ですかね。

日本の自動車業界って、どんどん二極化してきてますよね。
ミニバンと呼ばれる車種は『どこがミニ?』って感じのバカでかいガタイしてるし、日産の『 GT-R 』
なんかはもうスーパーカーの世界に近付こうとしてるし。
そういえばホンダでも『 NSX 』が復活したようで、1800万円とかするらしいし。。
まあそれはそれでいいんでしょうけどね、選択肢として。

ただねぇ・・・一昔前まで日本車の魅力の一つだった『リッターカー』~『 1.5リッター』クラスの車が
最近ぜんぜん元気がないような気がします。
遠出するときにちょっぴり不安が残る軽自動車、街中で乗るには大きすぎる『 2リッター』クラス。
そのちょうど真ん中に、これもちょうどいいサイズ感があったモデルがどんどん大型化していって
すっぽり抜けてしまってるんじゃないでしょうかね。
そんなに広くもない日本の国土、そこに欧米みたいな大きな車ばっかり持ってきても邪魔なだけです。

それならってんで、昨今は軽自動車業界が活気づいてますよね。
燃費もいいし、デザインも秀逸で個性的な車種が多いですから。
『ハイブリッドカー』や『 EV 』とかは設備もまだまだ少ないし、機械としての成熟度も浅いし。
なにより値段が高すぎ、もっとこなれないと本格的に普及することなんてできないでしょう。

日本の国土と生活に合ってるのは、やっぱ『軽自動車』だと思いますけどねぇ。。。
[PR]

by shika_monologue | 2015-01-28 14:23 | 閑話休題 | Comments(4)

ゆらぎ

人工物には無いもの。

蛍光灯のはただのチラつきだけど、ろうそくや焚火の炎はゆらぎます。
それは時には癒しをくれたり、また時には不安を感じたり。
受け取る側の心のゆらぎによって、感じ方は変わるもの。

寝る前に部屋を暗くしてろうそくの炎を見つめたら、今の自分が見えてくるかもね。
[PR]

by shika_monologue | 2015-01-27 13:42 | 閑話休題 | Comments(4)

目標と夢

目標ってのは努力すれば達成できるけど、夢はそうそう叶わないもんです。
だからこそ一生を賭けるに値するんですよ・・・そんな簡単に捨てられない。
でも女性は『そんなの無駄』、『ガキっぽい』で、片づけようとする。

よくTVなんかでもやってるでしょ?
男が何かをコレクションするのと、女性がブランド物を買い漁るのとどこが違うの?って話。
私は男だから、まったく同じものと思ってますけどね。
でも女性は、頑として同じとは認めません。

そんな両者の意見が合うはずはないんですよ。
それが判ってるから、男は『そんなものばっか買うな』とは面と向かってはなかなか言わないんです。
なのに女は平気で『無駄遣いばっかして』と文句を言う。
『考え方が違う』というクセに、その『違う考え方』を理解しようとはしないですよね。
最初から突っぱねるだけで、理解しようと努力することもしない。

まあ百歩譲って物質的なものにはお金も必要ですから、文句を言うのは判ります。
でも心の中で夢を追うのは自由だし、なんでそれをボロクソに言われなくちゃなんないの?ってね。



・・・というようなことを、友人と語り合いました(笑)
彼は連れ合いから、自分の夢について全否定されたらしいです。
可哀そうですよねぇ。。

うちの相方は、そのへんについて否定したり噛み付いたりってことがないんで意識してなかったけど
それって幸せなことだったんだな~と、ちょっと感謝した一日でした。
[PR]

by shika_monologue | 2015-01-26 19:37 | 閑話休題 | Comments(2)

四つ打ち

以前から、『今の音楽業界、個性がない』というようなことを申しておる次第ですが
改めて、原因を探ってみました。

で、たどり着いた答えの一つが・・・『四つ打ち』の氾濫です。
『四つ打ち』って何?、って方もおられると思うんでちょっと解説。

ようするに楽曲の根底となるリズム隊のうち、ドラムが占める割合って大きいですよ。
そのうちバスドラム(いちばん低い音ですね)で最近目立つのが『四つ打ち』です。
これ、けっこう曲調を左右しちゃうんですがね。
たとえば昔のロックなんかを聴いてると、ドラマーのクセとかもあったりしてそこに
個性があったんですが、今はほとんど『四つ打ち』になっちゃってます。

『四つ打ち』の説明ってしにくいんですけど、『ドン、ドン、ドン、ドン』って同じ
リズムでずっと打ち続ける手法です。
昔からあるんですが、それが曲の一部とか効果的に使われてたんですよ。
それが今じゃ一曲通して全部が『四つ打ち』の曲ばっかり。
いくら上ものを変えたって、根本がそれじゃ同じように聞こえちゃうんです。

なんでそうなっちゃうか。
いろいろ考えてみたんですが、たぶん『生の演奏が減っている』からではないかと。
特に歌謡曲(今で言う J-Pop?)では、曲を作るときに『打ち込み』がほとんどです。
まあコンピュータなんかでドラム部分を作るワケですが、『四つ打ち』だと簡単。
あんまり凝ったリズムにはしないんですよね。
それがバンドという生のドラマーがいる形態にも使われちゃって、個性が無くなってる。
そんな気がします。
[PR]

by shika_monologue | 2015-01-24 19:20 | 音楽・楽器の話 | Comments(0)

腕時計を持たないという選択

携帯の普及以降、腕時計をしていない人が多いですよね。
時間を知りたいとき、携帯をポケットから取り出して見るって光景をよく見かけるようになりました。

『携帯やスマホで事足りるから腕時計なんかいらない』っていう人、皆さんの周りでもいっぱいいると
思います。
学生とかだったらそれでもいいと思いますが、社会人でもそんなのが多いんですよ。

でもね、たとえば重要な会議中だったりお客さんと商談中に携帯を取り出すなんて失礼じゃないかな?
そもそもそういう場面では、携帯の電源は切っておくべきだと思うんですよね。
百歩譲ってもバイブにしておいて、着信があったら後で確認するというのがマナーだと思います。
それをさも当然のように、携帯を出して時間を見たり電話したりなんて社会人失格です。

電話がかかってきても、会議や商談以上に大事な用件なんてそうそう無いはず。
中断してまで電話に出るほどのことって何なんでしょ?
かけるほうもかけるほうで、会社組織なら『誰々は今商談中だな』って判ってますよね。
よっぽど大事な内容ならともかく、終わったころに連絡しようとか思えないんでしょうか。
携帯って『どこでも連絡が取れる』ものだけど、『いつ連絡してもいい』ものじゃないんですよ。

そのへんの認識を忘れてる連中が多すぎる、今日この頃です。。
[PR]

by shika_monologue | 2015-01-23 20:03 | 閑話休題 | Comments(2)

一言

物申したいことが多すぎます。
だから記事が順延したりするんですよねぇ(笑)

まあ細かいことに拘りすぎってツッこみもあるかと思いますが、なかには共感してくれる方も
いたりするんでよ、これが。

そんなこんなで、いつもお付き合いくださってる皆さん・・・あんたはエラいっ!(爆)
[PR]

by shika_monologue | 2015-01-22 19:42 | 閑話休題 | Comments(2)

人の話を鵜呑みにしてはいけない・・・という話

なんかねぇ・・・
最近、ホントに『自分』ってものを持ってないヤツが多すぎ。
なんでもかんでも右に倣えで、意見や主張がないというか。
詳しいエピソードは、ここで言っても仕方ないんで端折りますけどね。
どうして物事に関して『自分で考える』ってことをしないんでしょ?
そんなんじゃ、生きてる意味がないと思うんですよ。


どっかの神話でこんなお話があります。。

昔、カラスは真っ白で人語を話す賢い鳥でした。
神様に仕えるカラスは、ある日告げ口をします。
『あなたの妃は、誰々と浮気をしてます』と。
激こうした神様は妃を殺してしまうんですね。
ところが後になって、その告げ口は事実無根だったことが判明。
いたく後悔した神様は、カラスを汚い声で鳴く真っ黒な姿に変えてしまいましたとさ。

なんか途中まで、オレオレ詐欺犯とお年寄りの関係みたいなお話ですけどね。
神様も神様で、ちゃんと確認しろよって言いたいですが。
まあ神様でさえそうなんだから、人間ごときには無理なことなのかもしれません。
というか、神様に近付いたってことなんでしょうか。


いやいや、そうじゃないですよね。
これは教訓としてのお話なんですから。
せっかく理性をもって自分で考えて行動する、という能力を与えられた人間。
もっとそれを自覚するべきだと思うんですけどねぇ。。



※ホントは18日にこの記事をアップする予定だったんだけど、つっ込みたい衝動や
ショックな出来事wがあり、追いやられて二日ほど順延しました(笑)

[PR]

by shika_monologue | 2015-01-20 14:36 | 閑話休題 | Comments(3)

Canon の『 A-1 』は既に『ジャンク』なんだというショック (追記あり)

まあそりゃそうだよねぇ・・・なんたって『銀塩カメラ』の中期なんだから。。
フィルムを使うっていう時点で『時代遅れ』って言われるご時世だもん、仕方ないか。
『 EOS 』でさえジャンクなんだもんね。。
でも・・・

寂しいなぁ。。
機械としての仕掛けや構造は、絶対に今のデジカメより上だと信じてます。





また、こんな一節が・・・

>「故人のコレクション」は家族の精神的負担になるということ

これはまったくそう思いますね。
たとえば私に子供がいたとして今の愛機のギターを残した場合、同じように音楽や楽器が
趣味なら嬉しいだろうけど、興味がなかったら邪魔になるだけだしね。
そんな場合、私だったら『一緒に棺桶に入れてくれ』って言っちゃうかも・・・(^^ゞ



追記 >あんさんへ。

お父上は Canon党だったんですね。
私もそうなんで、なんか親近感が。。
今日のは『 AE-1 』、これも名機だったなぁ。
もっと早く知ってれば、昨日の写真に写ってたレンズ譲ってもらってたかもしれない(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2015-01-19 19:12 | 写真・カメラの話 | Comments(7)