新天地

1975年2月24日、ツェッペリン初の2枚組み、聴き応えは十分♪
そして私にとっては№1となるアルバムが発売されました(^^)

d0021258_0341687.jpg

」に続きましてギミック・ジャケットになってます(^^)
ジャケットに穴があいていて内袋を出すと窓の中がスライドして・・・って具合w
このアルバムの特徴は、とにかく多彩だということ、いろんな曲調が集まって
一つの大きな作品として成り立っていること。

前作で「ツェッペリンは全作品がデビュー・アルバム」って言ってたの、覚えて
おられますでしょうか?w
しかし、そこには確固たるツェッペリン魂が溢れていると。

このアルバムが2枚組になった理由の一つに、それまで()に入りきら
なかったアウトテイクが採用されている、というのがあります。
一枚づつ聴くとぜんぜん違うように聴こえる3枚ですが、そこに収められたかも
しれない曲をこうやって続けて聴くと、ぜんぜん違和感がないんですね(^^)

どの曲も・・・・・ツェッペリンなんです♪


CUSTARD PIE
前に「LEMON SONG」で触れましたが、英語の先生に睨まれる曲、第二段w
タイトルの「CUSTARD PIE」ですが・・・えと、その・・・女性の・・・・・です(爆)
スラングとはほんと、恐ろしいもんですよね~w
普段ぜんぜんそんなこと意識せずに聴いてるのに、判る人が聴けば判る・・・
皆さんもお気をつけください(^^;)
さて曲はといえば、ジョンジーのクラビネットも印象的な、初期のツェッペリン
を思わせるハードな曲です。
自分達のレーベル「SWAN SONG」としての第一弾、ペイジの力の入れよう
が伺えるオープニング・チューンになってます。

THE ROVER
ボンゾのドラムから始まるこちらもヘヴィな一曲。
ギタリストの観点からいうと、この曲でのペイジのソロは大好きです♪
またジョンジーには珍しくシンプルなベースラインが全体を引き締めていて
私はライヴでちょっと緊張感を持ちたいときにやってました。
この曲、ギター・サウンドをよく聴いて欲しいんですがとても歪んでます。
が、途中に出てくるアルペジオの部分とかソロは驚くほどクリアな音ですね。
それでいて存在感バリバリに聴こえる曲つくりがなんともペイジ。
このA面(当時w)はとにかくテンションがあって、新生・・・・だけど懐かしい
感じがこのあと一気に最後まで聴かせてくれます(^^)

IN MY TIME OF DYING
オリジナルはかのボブ・ディラン、こちらも機会があれば聴いて頂きたい
名曲ですがツェッペリン・ヴァージョンもすごいですよね(^^)
重い印象があるんですがw、オープン・チューニングゆえの弦のテンション
でサウンド的には結構張り詰めた表情を見せます。
導入部のスライドではリズムがあってないように聴こえますが実際はめちゃ
忠実に弾いているんですよね~♪
この曲、アナログ盤では曲の最後にメンバーによる談笑が入ってましたが
CD化されたときにソコの部分がカットされてて物議をかもし出したって経緯
がありますw

HOUSES OF THE HOLY
その名のとおり、前作からのアウトテイクですがw
そういえば「MISTY MOUNTAIN HOP」などと同じ色をしてるかもしれません。
これは聴いてもらえば判ると思いますが、ギターの音を弄ってませんね、
アンプ・ダイレクトな音出してます(アンプのオーバードライヴはありますが)。
リフの合間合間に入ってくるフィルインのようなギター・フレーズが単調に
なりそうな曲調に変化をもたらしてます。

TRAMPLED UNDER FOOT
ジョンジーのクラビネットがここでも炸裂してますね(^^)
かな~りファンキーな感じのする曲ですが、モータウンなどに傾倒していた
ジョンジーの音楽的嗜好がよく判る一曲です。
曲調もそんな感じで一つのパターンを繰り返すという手法がとられていて
ノリ一発という印象です(^^)
8ビートのドラムに16ビートな他のパートが乗っかっててカコイイですね。
こういうのは演り手が上手くないとどうしてもショボ~ンと聴こえちゃいます
が、やはりツェッペリンが演奏ると一味違います♪

KASHMIR
出ました、「KASHMIR」です・・・判る人には判ると思いますが(爆)
今では「STAIRWAY TO HEAVEN」と並び称されるこの曲、若い人達には
ハリウッド版「ゴジラ」のエンディング・テーマといった方が判りやすいかも
しれませんね(^^)
ここでもポリリズムが印象的で、ボンゾが珍しく手数少なく叩くドラムに他
のパートが絶妙なタイミングで絡み付いています。
「STAIRWAY TO HEAVEN」はもう、ロック・スタンダードとして別世界に
いっちゃってるんでw、「ツェッペリンの曲の中で一番好きなのを選べ」と
言われたら、私は迷わずコレを挙げます(^^)

IN THE LIGHT
前曲もそうでしたが、これも中東を思わせる曲調で始まりますが、一転
してハードな音へと変わっていく展開が絶妙でペイジの真骨頂といった
感じです。
ここでも弓によるプレイは取り入れられていて独特な雰囲気を聴かせて
くれますね(^^)
後半急に明るくなるんですがw、ここでもジョンジーのキーボードが程よく
いい気持ちにさせてくれます。

BRON-YR-AUR
アコギ一本で聴かせるブリッジ的な短い曲なんですが、シブイです(^^)
聴くところによると「DADGAD」で弾かれてるらしい(他のオープンかも・・・)
んですが、私はコレを普通のチューニングでコピーしました(爆)
ライヴ後のバックステージで、心地よい疲れとともにちょこっと演奏ると
モテる・・・・・かもしれませんw
映画ではメンバーがMSGへ行く道程でBGM的にかかってたっけ・・・・・
あれ?エンディングだったかな?(確認しろよ!w)

DOWN BY THE SEASIDE
古きよき時代が感じられる曲ですがそれもそのはず、ギターにトレモロ
かかってますねw
ビートも3連のノリで懐かしい感じがしますし、ジョンジーのキーボードも
一昔前のエレピみたいな音で全体の雰囲気が統一されてます。
途中で一回リズム・チェンジするんですが最後にまた戻ります、この時
各パートでノリがズレないようにするの、至難の業ですんで機会があれ
ば演奏ってみてください♪w

TEN YEARS GONE
一瞬アコギかな?と思うほどクリアなエレクトリックで始まる静かな曲。
途中ディストーションの効いた音に変わるけど、曲調としては「静」です。
なんでそんな印象を受けるのかな?と思ったら・・・ボンゾのドラミングが
大人しい!w
ファンクをやってもレゲエをやっても重かった音が、やけに静かなんです
よね~w、いやぁ、ボンゾ君も大人になったもんだ(爆)
ちなみにギター、6弦が「D」にチューンダウンされてます。

NIGHT FLIGHT
ストレートに伝わってくるロック・チューンですね(^^)
イントロのハイハットでも判りますが、16ビートで演奏されるのでノリは
完璧です、特にAメロのコードストロークの部分とかは体でリズムを感
じてないとたぶんモタついちゃうでしょうね(^^;)
ここでは12弦でストロークを弾いているようですが、音的には4枚目の
ころのソレではなく、たぶんWネックを使ってるんだと思いますね。
これも途中でシンプルなロックンロールに変わって8ビートになります
が、ここんところのメリハリは流石の一言です♪

THE WANTON SONG
めいっぱいブレイクが使われ、ハードなリフで展開される「いかにも」
って曲ですね。
ベースもギターとユニゾンで弾かれてるし、バスドラも16ビートパターン
でこんな複雑なリズムのリフをなんでピタッと合わせられるんだろう?
って感心しっぱなしです(^^;)
そのくせ、ギター・ソロの部分はけっこうクリアなサウンドでトレモロも
使っちゃったりしてソフトな感じがしますね(ドラムは重いけどw)。
どちらにしても「ツェッペリン」な曲ですw

BOOGIE WITH STU
ストーンズのピアノを弾いていた故・イアン・ステュワートも参加した
お遊び感覚満点のアコースティック・ブギ♪(タイトルそのまんまw)
ペイジのリフは典型的なロックンロールだし、ボンゾのドラムに至って
はハイハットの代わりにタンバリン、スネアはリム・ショット(^^)
しかも1/8拍子のタイミングでエコーがかかってて、生で復元するの
は難しいと思いますw
しかし、ステュワートのブギ・ピアノは絶品ですね♪

BLACK COUNTRY WOMAN
引き続きアコースティックな、こちらはブルース。
アルバムの後半にこういう曲を並べてくるあたりペイジによる構成の
妙が伺えます(^^)
前曲もそうですが、マンドリンの音が入っていてアコースティック感を
いやがうえにも煽ってきます、が・・・w
ボンゾのドラムは相変わらずです(爆)、いい意味で。
シンプルな8ビートなんですが、持てる力の全てで叩いているような
迫力があり、プラントのハープも小技満載で巧い♪
ギターはここでもオープン・チューニング(G)なんで独特のテンション
です。

SICK AGAIN
とにかく集大成的性格があるアルバムなんで、曲ごとにいろんな顔
を見せてくれますが、この曲はそんな本作の最後を飾るに相応しい
ハードな曲で盛り上げてくれます(^^)
特に直前の2曲がアコースティックだったこともあり、このアルバムの
セットだけでライヴ一回できるんじゃないの?ってくらい。
リズム的にはいい意味でルーズ、とにかく重いです。
これはドラムだけの話じゃなく、全てのパートがホントに重いんですw
しかもスライド・ギターや変拍子的展開、オープンぎみのチューニング
など、アルバムを統括するような曲で「最後、盛り上がって終わろう!」
って感じがありますね♪どっかの宴会みたい(爆)


ということで全15曲、どれをとっても名曲です♪
それに過去のアウトテイクが採用されているということは・・・
とりもなおさず、どのアルバムも名作だということに他なりません。

ツェッペリンといえば4枚目、とにかく「STAIRWAY TO HEAVEN」は
誰でも知ってるスタンダード中のスタンダードということで異論はあり
ませんが、私的にはこのアルバムのカラフルさというのは捨て難い
です(^^)やはり。

特に「KASHMIR」における「静かな迫力」はそれだけで記事ひとつ
できそうなくらい傾倒しちゃってます♪
(だからホントは「ゴジラ」とかで使って欲しくなかったんですよw)
[PR]

# by shika_monologue | 2005-08-19 00:35 | 鉛の飛行船の話 | Comments(2)

いろいろですね・・・

お盆も過ぎまして、怪異シリーズもひとまず一段落です(^^)
今後もたまにちらほら登場するかもしれませんがねw

てことで、総まとめ♪


一口に霊と言ってもいろんな種類がありまして・・・悪いのもいれば、いい霊もいると。

よく言われるところでは人に憑りついて悪影響を及ぼす悪霊の類い・・・・・
特別に関わりがなくとも無差別テロ的にきちゃうんで怖いですね。
逆に自分を守ってくれる守護霊の存在も心霊研究家のなかではよく語られます。

ようするに霊というものは良くも悪くもなりうる、という点では生きた人間と変わらない
と思います。
よく「悪霊を封印した」とか言いますが、それは「刑に服している」状態と同じように
思われますし、説得して「成仏してもらう」というのは「更生する」ということかも。


一般的に場所に憑いている地縛霊、交通事故が多発する交差点にはこういう霊が
いるとか言われますよね、あと自殺の名所とか・・・

また土地とかだけじゃなく特定の人物などに関わりを持つ因縁霊なんかは怖いもの
ですね、古くからも怪談の題材などで描かれているのはこの因縁霊が多いですし。

そういう限定がなく、ただそのへんを漂っている浮遊霊というのもあります。
心霊写真なんかに写る多くはこの浮遊霊だと言われますし、よほど強力な霊でなけ
ればそれほど影響もないようですね(まあ、気持ちのいいものではありませんが)。


少なくとも因縁霊というものは自分が正しく生きていればそうそう関わってくるもの
ではないと思いますが・・・生きていても知らぬうちに何かの因縁というものはある
もので、やはりなるべくそういうことが無いように生きていくことが、私たちの課題
なのかもしれません。

そもそも昔から語られている「怪談」というものは、人々に対するなにかしらの戒め
とか、時の権力に対する反骨精神とか、そんなものが反映されているものです。
そういう点ではルーツはやはり「妖怪」とかと同じモノ・・・今のホラー映画のように
「ただ怖いだけ」ではない、その裏に隠された人々の悲しみとか畏怖というものを
忘れないようにして古い「怪談」のビデオを観てみるのもいいかも知れませんね。


それから最後に、自分はそんなもん見たこと無い、絶対信じないという方・・・・・
そのままでいてくださいw、そのほうが人生絶対楽しいです(爆)
できれば、そんなもん見えないほうがいいですからね♪(^^)
[PR]

# by shika_monologue | 2005-08-18 00:04 | 怪異の話 | Comments(0)

日本語吹き替え版

最近洋画ってオリジナルと一緒に日本語吹き替え版を上映することが多いじゃないですか。
アレは俳優さんの声よりストーリーに集中したい私にとっては非常にありがたいんですよw

今までは吹き替えは数年経ってTVでやるときしか観られなかったし、VHSやレーザーの
ときは音声はそのままだったから、やはり吹き替え版があるヤツはそっちを買ってました(^^;)


そのてんDVDはすごいですよね、音声も両方入ってるし何度も観てストーリーを把握した
あとはオリジナル音声で観ることもあります(爆)


そんなふうに便利な吹き替え版・・・・・その中でどうも納得がいかないことが一点だけ。

     なんで主題歌まで日本人歌手が吹き替えするんだ?w
[PR]

# by shika_monologue | 2005-08-17 07:56 | 閑話休題 | Comments(1)

こってり、ネギ多め♪(天一にてw)

なぜか年に2回ほど無性にコレを食べたくなる時期がありますw
なんでだろうなぁ・・・いてもたってもいられなくなるんですよ(^^)

ウチからだと歩いていくと40分くらいかかるという場所にあるんですが、それでも
暑い中行ってきました、昨日♪


もともと「天下一品」は京都ですよね、今はそこらじゅうにありますけど。
関西以外にも進出していってるんでしょうか?
なかなか地方へ行ったときに「食べたいとき」が重ならないんでわかりませんけど
あのこってりスープが麺にからんで口の周りがベタベタになる感じがいいんですよ(爆)


それにしてもたまに食べに行くとメニューが増えてるのねw

 「味がさね」って何だ?(@_@;)
 おー、こんな定食ができとるっ!

みたいな・・・


そういえば牛丼って昔は「並盛」しかなくてメニューは一種類だけ。
店に入ってきた人はソレを食うわけで、注文する必要がない。

だからドアを開けて空いてる席を探して座った頃にはデンッ!と目の前に牛丼が
でてくる・・・そんなことが昔あったような・・・(あまりに古いので記憶あいまいw)
[PR]

# by shika_monologue | 2005-08-16 07:43 | 「食」の話 | Comments(1)

怪奇現象 プチ情報番外

奈良県生駒市 ウチの部屋w


プチ情報最後を締めくくるのは他でもない、ウチの部屋です・・・(^^;)
(もろもろ支障があるので地図ありませんw)

なんかね~、別にいろんなところに行かなくてもそういう体験はできるってことで。
見えたり聞こえたりする人がウチの部屋に泊まることはけしてお勧めしませんw


別に近くにお墓があるとか、いわくつきの土地だとかそんなことも無いみたいだし、
そこの交差点で事故が多いということもありません。
普通のアパートです。

ただ・・・年に2~3人、知らない人(?)が通っていきますw
それは男の子だったり女の人だったり・・・姿かたちが見えるわけじゃないんです
けど雰囲気で判っちゃったりします。
夜テレビなんか見てると視線の端っこのほうをなにやら光るものが横切ったり、
一瞬明かりがフッと暗くなったり(それは古いアパートだからかなw?)、そんな
ことも多々あります。

ま、そんなところに住んでるのも何かの縁なのかもしれませんけどね(^^ゞ
そして今年もお盆はやってきました・・・・・



んでは、最後に去年ウチの部屋で撮れたオーブなるものを一つ。
(オーブというのは霊が浮遊する状態が可視化されたひとつの現象だと言われ
てます。この写真は去年かんさんちでも貼ったヤツなんで見覚えのある方もw)

d0021258_031615.jpg


てことで・・・べるさん、お待ちしておりますわ♪(^0^)
[PR]

# by shika_monologue | 2005-08-15 00:03 | 怪異の話 | Comments(0)

珍しいZippo

これは企業モノということなんですが、普通は定番に企業ロゴ入れたりメタル貼り
つけたり、というのが多いですね。
でもここまで企業イメージを打ち出したモノも珍しいかな?と。

Gibsonです。
ご存知のように有名なギター・メーカーですね(^^)
このZippoはそのGibsonギターに使われているマテリアルをそのまま使ったモノ。

d0021258_730442.jpg

まあ、原型はスリム・タイプのZippoを木で巻いた1610Wというモデルなんですが
使われている木がローズウッド、「Gibson」のロゴが入ってます♪
コレはGibsonギターのフィンガーボードに使われている材と同じですね。
で、ボトムには白蝶貝を使ったプレートがついていて、そこにも「GIBSON」の文字
と製造番号が刻印されてます。
しかもその製造番号、ヴィンテージものと同じような構成が採用されている。
ギター好きの琴線を絶妙にくすぐるんですよ♪

ただね、高価ですよ(^^;) 定価で25000円だったかな?
完全限定で、もうほとんど市場には出回ってないものですね。

このシリーズには他にメープルのものやエボニーのものもありました。
でもスタンダード好きとしては・・・やはりローズウッドなんですよ♪


【ちなみに】
近年、Zippo社の規定が変わってボトムの「Zippo」の文字が隠れるような加工
はできないはず・・・てことは、このモデルももう作れないってことかな?
[PR]

# by shika_monologue | 2005-08-14 07:30 | Zippoの話 | Comments(1)

怪奇現象 プチ情報⑩

岐阜県各務原市 某旅館


仕事柄、以前はよく出張してまして割と田舎のほうへ行くことも多かったです。
まあ各務原を田舎というのは非常に失礼なほど大きな町ですが、サスガに夜遅くに
遊ぶところも少ない時代だったんで、仕事を終えて早々に宿に入ることにしました。

取引先の人に宿を予約してもらってたんですがそこはけっこう古そうな旅館で、情緒
は満点、古い建物が好きな私としては満足の行く宿でした。

d0021258_3593140.gif


しかし古いということはそれだけ歴史があるということです・・・良くも悪くも。
そこは100円入れないと写らないテレビwで、ヒマだった私はフロントで両替した小銭
を一枚、また一枚と入れながらひさびさの布団に寝そべっていました。

ふと気づくと画面に移りこんだ背後の襖のむこうから何かが覗き込んでいるような気
がしました。
でも別に「怖い」とかそんな感じじゃないんです。

普通はそういうときは背筋がスーッと冷たくなるんですがそんなこともない・・・
どちらかというとほんわかとするというか・・・そんな感じがしました。
もちろん振り返っても誰がいるわけではないんですが、テレビを見ていると気配は
感じるんですね。

少なくとも人に害をなすようなモノではないということは判ったんで、古くからその旅館
に住んでいる「何か」だったのかもしれません。

モノは古くなるといろいろな精霊が宿るというか、人々の思念なんかが染み付いて
いるといわれますが、その旅館がけっこう流行っていたことを考えると怖いモノでは
ないということが判ります。

東北のほうではよく座敷童子の噂を聞きます。
私は実際に遭遇したことはありませんが、あんな感じなのかもしれませんね。
[PR]

# by shika_monologue | 2005-08-13 03:58 | 怪異の話 | Comments(2)

10年目によせて

今日は日航機が御巣鷹山に墜落した日ですね。
あれから20年、今年は2005年です。

よく考えてみると、阪神淡路大震災が10年前。
10年周期で大惨事が起きていることになります。


そう、今年は2005年なんですよ。
10年目です。

JRの事故がそうなのかもしれません。
もしかしたらもっと大きな「何か」が起こるのかも・・・


とにかくどれも沢山の方々が亡くなられています。
できればあと4ヶ月半、無事に終わって欲しいですね。
[PR]

# by shika_monologue | 2005-08-12 21:23 | 閑話休題 | Comments(2)

らうめん

今日は何も考えず、徒然っと書いてみよ(^^)


醤油、塩、味噌、タンメン・・・・そんなもんだったかな?私が学生の頃はw
それからトンコツが出てきて一気に全国に広まっちゃった。

でもチキンラーメンってカテゴリはなんだろう?
醤油でもなし、もちろん味噌なんかではさらさらなし・・・塩でもないよなぁ・・・・
タンメン?・・・いやいや、それでもないゾw

そもそもタンメンって本物はあまりお目にかかったことがない。
タンメンって「湯麺」?
だったら世のラーメンはほとんどタンメンだしな~(^^;)

一時期「バンメン」なるものがちょっと流行ったことがありましたよね?
お汁のないやつ、タレで食べるってやつですね。
あれはあれでけっこう好きだった。

ラーメンってやっぱり原型は中華料理なんですよね?
でももう日本で食べるラーメンは完全に和食だよな~・・・
カレーがそうであるように、たぶん原型は留めてないんでしょうね。

冷麺もそう、あれは・・・・韓国なのかな?焼肉屋さんにありますし。
「冷麺」と「冷やし中華」は別もんですよね?
冷やしラーメンってのもあるし、もう種類が多すぎてコンビニでも迷うときがあるw

ところで餃子ってみなさんどうやって食べます?
普通はタレとお酢とラー油ですよね?(タレにすでにお酢が入ってる場合もあるし)
でも私、お酢が苦手なんです・・・酢豚のように熱が通ってたらいいんですけど、生の
お酢ってどうも受け付けない。
だから餃子食うときは醤油とラー油だけで食べます。
お店によっては客席に醤油がなくてお酢の入ったタレしか置いてないときがある・・・
そんなときは迷わず「醤油下さいっ」って言うしねw


ああ、ラーメンの話しでしたよね?(^^;)

日本料理と化してしまったラーメンはその後「家系」だのなんだのって種類が増え
ちゃってますます訳判らんもんになっちゃってますが、誰だ?魚系スープなんか
入れたの。
しかもそれが人気出ちゃったもんだから皆こぞってダブルスープだのなんだのって。
煮干の匂いのするラーメンなんて大っキライだーーーーーっ!w

そゆもんが食べたかったらうどん食えっちゅねん!(爆)
食べ物はできればグローバル化しないでほしいなぁ~・・・

あ、でもね「盛岡冷麺」ってのは好きなんですよ♪(節操ないやつw)
あれはね、本場韓国風で食べると酸っぱいでしょ?w
だからなんだけどね(^^)


で、話しはアチコチ飛んでますが(前にも書きましたが)今は塩ラーメンの美味いの
探してるんですよ。
ちゃんと中華スープの塩ラーメンですね(^^)
関西じゃね、あまり無いんですよ、これが・・・
ていうか最近あまり食べ歩きしなくなっちゃったんで見つけられてないだけなのか
知れませんけど、トンコツ系のお店が多すぎw
誰か関西で美味しい塩ラーメンのお店知りません?
あったら教えてくださいね♪


しかし何も考えずに書いたら、ホントに意味判らん記事になっちゃった・・・・(^^ゞ
[PR]

# by shika_monologue | 2005-08-12 00:39 | 「食」の話 | Comments(3)

怪奇現象 プチ情報⑨

高知県某所 国道沿いの橋


出張で高知へ行ったときのことです。
夕方の飛行機で四国に渡り、着いたときにはもう日が暮れかけていました。

その日は移動だけだったんで早くホテルにいって落ち着こうと空港からタクシーに
乗り行き先を告げました。
ホテルは街の中心から少しだけ離れたところにあり、距離的にはけっこうあったん
で運転手さんといろいろ話しをしながら川沿いの道を走っていたんですが・・・

d0021258_0555423.gif


それは川を渡る短い橋だったんですが、時間的にもまだ早く交通量はけっこうあり
ました。
しかしその橋に近づくにつれて例のイヤな感覚がだんだん強くなってきます。
そして橋を渡るとき・・・

歩行者もけっこういたんですが、その中の一人がヘンなんです。
見た目は普通の人だったんですが他の人たちと何かが違っていました。

なんなんだろう?と違和感の原因を探ってみると・・・

その人は欄干の向こう側を歩いているんです。
その人のこちら側に欄干が見えているんですね。

そんなおかしなことは無いんですよ、そもそもそんなに大きな橋ではないんで、
欄干の向こう側に歩道があるはずもなく、現実に他の人たちはちゃんとこちら側
を歩いているんです。

その人は川の上を・・・宙を歩いていたんですね、生身の人間ではないことは明
らかでした・・・
[PR]

# by shika_monologue | 2005-08-11 00:55 | 怪異の話 | Comments(1)