Music Baton♪(^^)

ありゃりゃ、kawamukaiさんから Music Baton なるものが回ってきちゃいました(^^;)
なんだこりゃ?と思って元を見に行ったら、なにやらチェーンメールのようなモノで内容が
音楽関係になってるみたいですねw、こゆの大好きです♪
誕生日に改めて思い返すのも乙なもんですんでやってみました(^^)


う~ん、質問に答えることはできるけど、次に5人に回さないといけないようですね・・・・
音楽関係のブログ仲間・・・5人もおらんのですけど(汗)
ま、先に質問に答えてからゆっくり考えることにします(^^ゞ

てことで・・・・・


Q1:コンピューターに入っている音楽ファイルの容量は?

え~と・・・10MBもありませんでした(爆)
なぜなら、使ってるPCのスピーカはブッ壊れてるし、なによりもCDから音源落とそうとすると
メモリオーバーになるからです(T-T)

Q2:今、聴いている曲は?

d0021258_343798.jpg
BGMにいつも「THE COMPLETE STUDIO RECORDINGS / LED ZEPPELIN」をかけて
るんですが、ちょうど「HOT DOG」から「CAROUSELAMBRA」に変わったところです。
ウチの場合、CDプレイヤーにはコレ、DVDプレイヤーには「LED ZEPPELIN DVD」がいつも
セットされてるんでw
他にもいいバンド、好きなバンドは数々あるんですがやはり別次元的になっちゃいます(^^)

Q3:最後に買ったCDは?

Welcome back, my friends, to the show that never ends ~ Ladies and
Gentlmen
/ EMERSON, LAKE & PALMER」 (長いわっ!w)
d0021258_059349.jpg
いや、なぜか「KARN EVIL 9」を聴きたくなっちゃったんですがLPしかなくて・・・・
そのうえプレイヤーはブッ壊れたままなんで買っちゃったんですね(^^)
でも「紙ジャケ」(あるのか無いのかもしらべなかったw)を買わないで安い通常版を買った
ってのがYESとの力の入れ具合の違いですw

Q4:よく聴く、又は特別な想い入れのある5曲(は辛いなw)

① KASHMIR / LED ZEPPELIN
d0021258_0594910.jpg
  これはもう、仕方の無いことで私のテーマソングです(^^)
  といってもコレでリングに上がるわけではないですけどねw
  私はギタリストなんで当然ペイジは愛してやまないわけですが、この曲での聴き所は
  なんといっても抑えに抑えたボンゾのドラミングでしょうね。
  ほとんどオカズらしいオカズは見当たらないのに、この重さはなんなんだ!みたいなw

② BRIDGE OVER TROUBLED WATER / SIMON & GARFUNKEL
d0021258_132362.jpg
  なんて対極なナンバーなんでしょw
  でももともとアコースティックな、というか「フォーク」が好きだったんでよく聴いてます。
  さすがにこのアルバムは円熟してるというか、フォーク・デュオとしての一つの到達点
  を見た感じがします。
  そこに終末に近づいた二人の距離感が絶妙にブレンドされて美しさと哀愁が同居した
  傑作ですね。

③ ANGIE / THE ROLLING STONES
d0021258_141163.jpg
  ここでもアコースティック嗜好が表れてますが、STONES の曲では唯一コピーした曲w
  STONESといえば我々世代のセッションではもう定番と化してますが(特に初期の曲は)
  わざわざコピーするというよりは、いつのまにか弾いてたのが多いんですよね。
  でもコレだけはちゃんと意識してコピーしないと弾けませんでした(^^;)

④ 祭りのあと / 吉田拓郎
d0021258_14501.jpg
  突然やなっ!w
  これは思い入れがありますね~、当然女性がらみでしたが(爆)
  ホントに祭りのあとに別れちゃったし・・・(^^ゞ
  洋楽ではS&G・・・で、私の場合、邦楽では拓郎でしたね。
  
⑤ テーマ / チャクラ
d0021258_151866.jpg
  チャクラのラスト・アルバムに入っていた短いインスト・ナンバーなんですけどね、なんか
  いいんですよ。
  といっても知らない人のほうが多いんだろうなぁ・・・上々台風も大好きですがチャクラの
  突き抜け感もなんとも言いがたい魅力があります。

番外 NERVOUS AND LOOSE / 奈良の鹿(爆)
  いや~、思い入れという点では一番かもしれませんw
  初めて「バンドでやる」ことを前提として書いた曲です(^^;)
  高校時代からちょこちょこと曲作ってましたが、当然日の目を見ることも無く自己満足
  にしか過ぎませんでした。
  でもコレはちゃんとギター、ベース、ドラム、ヴォーカルの構成を頭に描きながら作った
  ものです。
  しかし詞が・・・今聴くとめちゃハズかすぃ・・・・(T-T)


Q5:バトンを渡す5名

現在検討中につき、しばらくお待ちくださいw
(しかし知ってる人にはすでに回ってきてるみたいだし、どうしよう・・・)



Q:好きな女優・グラビア・アイドルは?(kawamukaiさんのオリジナルらしいw)

ついでだから答えちゃおw
鈴木杏ちゃんが大好きです(^^)
                      (コレはちょっと前の杏ちゃん)
d0021258_3451225.jpg
いや、これはけして○○コンとかそゆんじゃなくて、アクトレスとして好きなんですよ♪
ホントw


てなわけで、こんな感じでいいのかな?
でも「Q4:」は酷ですね(^^;)
長く生きてるほど好きな曲も増えてくるし・・・TOP50くらいならよかったんですが(爆)
ちょこっとなおゆきさんとこも見たけど、TOP7になってたし(^^)
[PR]

# by shika_monologue | 2005-06-21 00:40 | 音楽・楽器の話 | Comments(5)

う~む・・・・・(-_-;)

また一つ、年をとってしまった・・・・・

19□△年生まれだから、もう※◆歳。
なんだかなぁ・・・全然しっかりしてないゾ、俺っ!w

●▽歳の目標は、

①ちょっと本職のほうに力入れてみよう。
②久しぶりにバンド復活してみよう。
③なにか一つ、欲しいものを手に入れよう。
④家から出て歩こうw
⑤結婚・・・は、もういいや(爆)

て、ところかな?


とにかく、健康に暮らせますように♪
[PR]

# by shika_monologue | 2005-06-20 00:58 | 閑話休題 | Comments(7)

#20328

ブラックアイスの実質的後継ともいうべきムード・インディゴ。
黒の次は青ってことで(^^)、というわけではないでしょうがw、この後モカラテ
とかいろいろ出てくることになります。

ブラックアイスと同じでシースルー仕上げになってて下地の光沢が現れている
のも同様です。
これが出たあと、Zippo製品が4億個達成したんで記念モデルに使用されました。

このへんのラインは「コーティング」という技術を使っている点では純粋な「定番」
とは言えないのかもしれませんが、数多くの加工品が存在する現在では十分
ベーシックな魅力を出してますね(^^)
[PR]

# by shika_monologue | 2005-06-19 08:19 | Zippoの話 | Comments(1)

そろそろ落ち着いてるかな?

どうも最近肩が凝るんですよね・・・・年かな?(^^;)

思えばなんだかんだで怪我してるなぁ・・・
体中傷だらけだしw

まず左手首に鋏が刺さったあとでしょ、コレなんか覚えてないくらい幼いころだったw
で、小学生のころは旋盤で削った鉄クズで右手の親指をスパッと・・・これも跡が残ってる。

中学じゃクラブ活動中にスッこけて右手首にヒビ入って、高校ではギックリ腰。

その後、頚椎ヘルニアに尾骨骨折などなど・・・・・(-_-;)


若いころはそれでもなんとか持ちこたえてたけど、だんだん無理はきかなくなってくるし(汗)
特にこんな気候の不順な時期はねw
[PR]

# by shika_monologue | 2005-06-18 02:26 | 閑話休題 | Comments(2)

躍進

1969年10月22日、貴方は何をしてましたか?(もうええっちゅうねんw)
これは私が最初に買ったツェッペリンのアルバムです。

d0021258_10173251.jpg

このアルバムを「ヘヴィメタル」の元祖だという人がいます。
もともとジャンル分け自体があまり好きではない私ですが(便宜上、そのほうが
説明しやすいから分けてますがねw)少なくとも「ヘヴィメタル」なんて薄っぺらい
ジャンルに入れてほしくない一枚ですね。

ファーストで見られたドライブ感とはまた違って、全曲に緻密に計算されたペイジ
のセンスが散りばめられてます。
プラントもこのアルバムから契約上の問題も解消し、堂々とクレジットされるし。

確かに音はハードです、うねってます。
ペイジのギターがめいっぱいフューチャーされてるし、プラントも一枚目に比べる
とリラックスして本来の持ち味を出してるし、リズムセクションはますます重厚に
なってまさに「ロック・アルバム」といった感じ。
これ以降でツェッペリンのアルバムとしては「プレゼンス」なんかがギター主体
ですが、初期ではこの2枚目がそうですね(^^)


WHOLE LOTTA LOVE
長くライヴのトリをつとめたこの曲、ステージではいろんな曲をフューチャーしな
がらメドレー的に展開されます。
「DAZED AND CONFUSED」でも一部使われていたテルミンなる楽器(?)が
本格的に使われた曲で、当時レコードで聴いたときは絶対ジョンジーの鍵盤の
音だと思ってました(^^;)
映画でペイジが手をひらひらさせながらコントロールする姿は印象的でしたねw
私もライヴでツェッペリンをやるときは必ず最後にコレやります♪
でも流石にテルミンは手に入らなかった(爆)

WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE
グッと雰囲気が変わってクリアサウンドで始まりますが、どことなくコンテンポラリー
なイメージがする一曲です。
ここで聴けるジョンジーのベースラインは秀逸、ツェッペリン・ナンバーの中でも
私のお気に入りのプレイですね。
後半、ハードに展開されていきますが、そのときに聴けるボンゾの「グォワ~ン」
っていうゴングの音がゾクゾクっときちゃいます(^^)
と同時に左右にパンニングされるギターのカッティングのなんとカコイイことか・・・
MaxonのFlyingPanを買った理由はこのへんに隠されていたりするw

LEMON SONG
これはね、面白い思い出があってw
フィジカル・グラフィティの「CUSTARD PIE」もそうなんだけど(コレについては
後日w)修学旅行とかあるじゃないですか?そんなときにバスん中でかけてたら
英語の先生に睨まれたという経験があります。
「squeeze my lemon」って歌詞があるんですけど、直訳すると「俺のレモンを
絞ってくれ」・・・ま、そゆことです(爆)
曲としてはブルース・フィーリングたっぷりで逆にこのアルバムでは目だって
ますね(^^)

THANK YOU
トラディッショナルな雰囲気のナンバー。
ジョンジーのオルガンのトーンが優雅な昼下がりのティータイムに似合いますw
このアルバムの中ではリラックスして聴ける曲でペイジのアコギ・ソロも気持ち
いい一曲。
コレをアコギで弾いてみてちゃんと音が出るようなら、押さえ方は間違ってない
と思うんで練習用に是非w

HEARTBREAKER
この時期のツェッペリンの本領発揮ともいうべきハードロックの定番。
心地よくオーバードライブしたペイジのギターは当時のギター小僧の憧れですw
ソロでナットとペグ(このへん判らん人には全然判らんなw)の間を押してベンダー
のような音を出してますが、これがまた真似するとそのあとチューニングが狂う
ので要注意です(^^;)
とにかくこの2枚目を象徴するような曲ですんで、一度はこのリフ弾いたことある
人も多いと思います。

LIVING LOVING MAID (She's Just Woman)
前曲からのメドレーで展開されるストレートなロック・ナンバー。
一枚目の「COMMUNICATION BREAKDOWN」と同じような位置付けと思います。
テクニック的にもそんなに難しいことやってないし、ペイジのギター入門編みたい
な感じでちょっとやってみるには絶好のナンバーですね(^^)

RAMBLE ON
これもアコースティックな感じで始まりますが、これはプラントがトールキンの
「指環物語」にインスパイアされて作った曲。
ん?トールキンの「指環物語」?? 「ロード・オブ・ザ・リング」じゃんっ!!!
このへんの曲が次のサード・アルバムへの伏線となってアノ悪名高きw銘盤へ
とつながっていきます。

MOBY DICK
ボンゾの魅力というか、そのプレイが存分に堪能できる一曲ですね。
ライヴでは約10分にも及ぶパフォーマンスが繰り広げられて、しまいにゃ手で
ドラムを叩いちゃうという離れ業をやってのけますが、スティックで叩く音に負け
てないというか、ともすれば手で叩いたほうがデカいかもしれないその音に
ブチのめされてしまいますw
やっぱりボンゾは凄いです(^^;) え~、真似できるドラマーさん募集中w

BRING IT ON HOME
なんともオーソドックスな3コードで始まるブルージーなナンバー。
プラントのハープもイイ味出してるし・・・と、油断してるとやっぱりハードな展開
に「う~ん」と唸らされます。
静と動の対比という感じで私もライヴでよくやりましたが、ハムバッキングじゃ
歪みすぎるんでシングルコイルのほうがやりやすいってのが感想でした。
このころにはペイジのトレードマークである'59バーストもライヴの主役になって
きますがレコーディングのときはどうだったんだろう?


このアルバムがもたらした影響はけっこうスゴくて、翌年「メロディメイカー」誌
の人気投票で常勝だったビートルズを蹴落として№1に輝きました。

さらにアルバムとしても米国のチャートで「アビー・ロード」を破って1位になって
ます。
このとき全米で7週連続№1となりましたが、これは後にボン・ジョヴィに破ら
れるまでハードロック・アルバムとしては最長記録でした。
[PR]

# by shika_monologue | 2005-06-17 10:31 | 鉛の飛行船の話 | Comments(4)

もうすぐメンテ

過去ログ消えたりしないといいんですがね~(^^;)

今日は一日かかるようなので、寝てることにしますw
[PR]

# by shika_monologue | 2005-06-16 00:10 | 閑話休題 | Comments(1)

内なる声

では、同時期に活躍していたミュージシャン達の声はどだったんだろう。

ほとんど聴いてないんだけど、聴いた限りじゃ悪くないと思う。ジミー・ペイジ
いつだって最高のギタリストだ。
                                  -ジョン・レノン

ファーストを手に入れたころはよく聴いていたけど、だんだん、プラントの声が神経
に触るようになってきて。たぶん俺にはちょっとアクロバットじみて聴こえるんだろう。
ジミー・ペイジとはヤードバーズに入る前からの知り合いだが、彼はいつだって
ひとかどのギタリストだった。
                               -キース・リチャーズ

昨今のロック・ギタリストを崇める傾向を見ているとジミー・ペイジはいつだって
その真っ只中にいたし、そういうのを発明したのも彼じゃなかったかと思う。
彼はフーの「ボールド・ヘッディド・ウーマン」という曲でファズ・ギターを弾いてる。
それをぼんやり眺めながらなんだこりゃ?と思った。でもそれが流行のサウンド
になることは僕にもわかった。
                               -ピート・タウンゼント

彼らのことはよくしらない。レコードは聴いたしライヴも見たけど、えらくやかまし
かった。なかには気に入ったのもあったけど、僕にはどうにもうるさすぎて。
とにかくやりすぎだとおもったね。
                               -エリック・クラプトン


ミュージシャンや評論家たちの思惑はどうであれ、ツェッペリンの未来は確固
たるものだった。
残る問題は彼らが歓声と賞賛をどう受け止め、この先どこに向かうかだった。

1969年初秋、アトランティックはホットな新人バンドに熱狂するあまり新作に
多大なる期待を寄せていた。
メンバーは腰を据えて新しいアルバムに着手したかったようだが、熱狂する
観客をはじめ周囲はそれを許さなかったのである。

クレジットさえされなかったバンドが徐々に頭角を現してくる、彼らは数ヶ月
の間をおいて再び米国ツアーを開始した。
ファースト・アルバムのリリース後、途切れることなくロードに出ていたのを
承知していたにも関わらず、周囲の期待は膨れ上がっていく。
このバンドは一枚目を凌駕する・・・最低でも匹敵する新作を届けてくれるの
だろうか?

多忙極まりないスケジュールの合間をぬってセカンドのレコーディングは続
けられた・・・ロンドンでリズムを録り、ロサンジェルスでヴォーカルを付け加え、
バンクーバーでハープをダビングして、ニューヨークでミキシングするという
具合にである。

心身ともに疲れていたペイジは余裕を持って客観的に新作を見つめるという
ことができなくなっていた。

 セカンドがファーストとは全く違うものになってしまったのが心配なんだ、もしか
 したらやりすぎなんじゃないかって。
 僕より上手いギタリストなんてゴマンといる、セカンドのギタープレイには少し
 がっかりしてるんだ。スタジオだとライヴみたいに観客と共鳴できないからね。
 窓越しに2,3人がこっちを窺ってるだけ、ステージのほうがレコードよりずっと
 いいプレイができてると思う。


しかし連日のツアーで朝から晩まで音楽漬けだった日々はこの新しい作品
には効果的に働いたようだ。
それは実際に聴いてきた皆さんもお判りだと思うが、ファーストより明らかに
攻撃的な作品に仕上がった。

ペイジはこうも語っている。

 ファーストを出した後で失速してしまうバンドが多すぎる。僕は出すアルバム
 全てが自分たちの世界を広げるものであってほしい、そうでなければ意味が
 ないと思う。

そして、その年の10月22日、「LED ZEPPELIN Ⅱ」が発売された。



【実は・・・】
私が最初に買ったツェッペリンのアルバムはセカンドでした。
直後にファーストも買いましたが、続けざまに聴くとそのサウンドの違いと
いうものがよく判りましたね(^^)
ブルージーだった一枚目に対して二枚目はホントの意味でツェッペリンの
音楽の開始点だったように思います。
てことで、次回はそのセカンド・アルバムに対する考察をw
[PR]

# by shika_monologue | 2005-06-15 02:30 | 鉛の飛行船の話 | Comments(1)

#150

ブラックアイス、なんともCoolな一品ですね。
近年コーティング技術が発達し、次々と新しい色の製品が生まれてますが、
これもその中の一つです。

黒光りとでもいいましょうか、でもマット処理ではないのでシースルー仕上げの
ため下地の光沢が現れて独特の輝きになってます。
同じ黒でもペイントやマット仕上げの場合はまったく下地が見えないんで印象
が大きく変わってきます。
またブラックチタンコーティングの場合はソレ自体が光ってるんで、これもまた
見た目が違います。
まさにクールビューティという感じで渋さ満開ですね(^^)
[PR]

# by shika_monologue | 2005-06-14 01:14 | Zippoの話 | Comments(3)

く~るぴくす

Canonの PowerShot Pro1 との比較ということで、ちょっと検索。
Nikonのデジカメ CoolPix 8400 です。
最新の CoolPix 8800 にしなかったのは、コッチが広角用なので。
仕様の表記が違うので詳しくない人には判りづらいかもしれませんが、とりあえず。
d0021258_221589.jpg


有効画素数:
    8.0メガピクセル
撮像素子:
    2/3型原色CCD(総画素数8.31メガピクセル)
記録画素数(pixel):
    [8M]3264×2448、[3:2]3264×2176、[5M]2592×1944、[3M]2048×1536、
    [2M]1600×1200、[1M]1280×960、[PC]1024×768、[TV]640×480
レンズ:
    3.5倍ズームニッコールレンズ、f=6.1~21.6mm(35mm判換算:24~85mm相当)、
    F2.6~F4.9(7群10枚)、EDレンズで2枚使用
電子ズーム:
    最大4.0倍(35mm判換算:約340mm相当)
オートフォーカス:
    AF測距センサーによる位相差検出方式、コントラスト検出方式、
    マルチエリアオートフォーカス可能、AF補助光付
AFエリア:
    中央、5ヶ所(自動選択)/9ヶ所(手動選択)
フォーカスモード:
    通常時AF/遠景/マクロ、マニュアルフォーカス可能、AF・MFともにピーキングに
    よるガイドあり
撮影距離:
    レンズ前約50cm~∞[マクロ・マニュアルフォーカス時はレンズ前約3cm~∞
    (もっとも広角側)、20cm~∞(もっとも望遠側)]
ファインダー:
    カラー液晶ビューファインダー、0.44型高温ポリシリコンTFT液晶、23.5万画素、
    視度調節機能付き
液晶モニタ:
    1.8型高透過アドバンスト液晶、13.4万画素、視野率約97%(撮影時)・
    約100%(再生時)、
    輝度調節機能5段階、色調調節機能11段階、フリーアングル機構
画像ファイル:
    Design rule for Camera File system(DCF)、Exif2.2準拠、Digital Print Order
    Format(DPOF)準拠
ファイル形式:
    非圧縮:RAW(NEF)、HI(TIFF-RGB)/圧縮:JPEG-baseline準拠=EXTRA(約1/2)、
    FINE(約1/4)、NORMAL(約1/8)、BASIC(約1/16)/動画:QuickTime/音声:WAV
画質モード:
    RAW、HI、EXTRA、FINE、NORMAL、BASIC
記録媒体:
    コンパクトフラッシュカード(Type I/TypeII)、マイクロドライブ対応
撮影可能コマ数:
    RAW約20コマ、HI約10コマ、EXTRA約30コマ、FINE約60コマ、NORMAL約125コマ、
    BASIC約240コマ(8M、3264×2448ピクセル/256MBカード使用時)
撮影モード:
    [オート]撮影モード、[シーン]モード(15種類)/[P]、[S]、[A]、[M]、メニュー又は
    モードダイヤルとメニューの併用により、ホワイトバランス、測光方式、連写、BSS、
    AE-BBS、階調補正、彩度調整、輪郭強調、コンバータ、露出制御、フォーカス、ズーム、
    スピードライト、ブラケティング、ノイズ除去などの設定が可能/動画(音声付き)・
    微速度撮影/セルフタイマー
連写機能:
    単写、連写H(約2.3コマ/秒、連続5コマまで)、連写L(約1.2コマ/秒、連続11コマ
    まで)、マルチ連写(16コマ、3264×2448ピクセル、約1.6コマ/秒)、UH連写
    (640×480ピクセル、約30コマ/秒、最高100コマまで)、サーキュラー連写
    (約0.7コマ/秒、連続5コマのみ)、インターバル撮影(最大1800コマ)ピクセル・
    15フレーム/秒・最長2400秒)
測光方式:
    256分割マルチ測光、中央部重点測光、スポット測光(中央部)、
    AFスポット測光:AFエリア選択「オート」時、「マニュアル」時に対応
露出制御:
    プログラムオート[P]、シャッター優先オート[S]、絞り優先オート[A]、
    マニュアル露出[M]モード、プログラムシフト、AEロック、露出固定、
    露出補正(-2~+2EV、1/3EVステップ)、ブラケティング、AE-BSS
露出連動範囲:
    EV0.0~+18.5(広角側)/EV+1.5~+18.5(望遠側)
シャッター:
    メカニカルシャッターとCCD電子シャッターの併用
シャッタースピード:
    2~1/3000秒※1(Pモード、オート撮影モード)
    8~1/3000秒※1(Sモード、Aモード)
    10分までの長時間露出および8~1/3000秒※1(Mモード)
    1/30~1/8000秒※1(UH連写時)
絞り:
    7枚羽根虹彩絞り(1/3EVステップ、最大10段階<最小絞りF7.9まで>)
撮像感度:
    ISO50相当、感度切り換え可能(オート、ISO50、ISO100、ISO200、ISO400相当)
ホワイトバランス:
    オートホワイトバランス、6種類のマニュアル設定(微調整可能)、プリセット、
    ホワイトバランスブラケティング
セルフタイマー:
    約10秒、約3秒から選択可能、付属のリモコンML-L3使用可能
内蔵スピードライト(オートポップアップ):
    調光範囲 : 約0.5m~6.0m(広角側)、約0.5m~3.0m(望遠側)[ISO:AUTO時]
    調光方式 : i-TTL調光(スタンダードi-TTL調光)制御
    発光モード : 自動発光、発光禁止、赤目軽減自動発光、強制発光、スローシンクロ
    の6モード切換え可能
    その他 : アクセサリーシュー(ホットシュー接点、セーフティロック機能付き)により
    外付けスピードライト接続可(発光スピードライト自動・手動切り換え機能付)、
    調光補正(-2EV~+2EV、1/3EVステップ)
オートパワーオフ機能:
    電源スイッチON後、無操作状態で1分後にOFF(メニューで30秒/1分/5分/30分
    から選択可能)
再生機能:
    1コマ再生、レビュー再生、簡易再生、サムネイル(4分割/9分割)、動画再生
    (音声再生含む)、スライドショー、拡大表示(10倍まで、位置指定可)、クイック拡大(3倍)、
    画像情報表示、ヒストグラム表示、ピーキング表示、非表示機能、スモールピクチャー、
    D-ライティング、音声メモ再生、トリミング機能
削除機能:
    クイックデリート(HI、UH連写)、選択画像削除、全画像削除、フォルダ削除、
    カードフォーマット、削除禁止可能
インターフェース:
    USB2.0(HI-SPEED)
入出力端子:
    DC入力端子、オーディオビデオ(AV)出力端子、デジタル端子(USB)
電源:
    Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL7e×1本(別売)、バッテリーパックMB-CP10
    (別売[単3形アルカリ、リチウム、ニッケル水素電池×各6本])
    外部電源:ACアダプタEH-54(別売)
連続撮影時間:
    約260コマ(CIPA規格による)※2
使用条件:
    温度:0℃~+40℃、湿度:85%以下(結露しないこと)
外形寸法:
    約113(W)×約82(H)×約75(D)mm
質量(重さ):
    約400g(バッテリー、メモリカードを除く)


だいたい似たような仕様にはなってるみたいですね。
広角側も24mm~からってことでOK(^^)♪

しかしAFエリア5ヶ所(自動選択)ってこういうのはCanonでもありますがどうなん
でしょうね?何をもって自動で決めるのか・・・このへんがよく判らんです。

注目すべきはホワイトバランスブラケティングという機能。
もともとホワイトバランスというのはフィルムでいえばデイライトとか蛍光灯とか色被り
を補正するためのものですが、これがブラケティングするということは・・・
同じ素材で都度フィルムを入れ替えて撮影してるような変化をもたらす、ということなん
でしょうかね?

このへんについてはべるさんが CoolPix 8800 てのを買われてますんで同じような
機能もあるかと思います。

てことで、どんなの?w
[PR]

# by shika_monologue | 2005-06-13 02:30 | 写真・カメラの話 | Comments(2)

最上級機

んで、PowerShotの最上級機はどうなの?
って見てみたら、さすが S2 IS は最新機種ゆえ機能的にはアッチのほうが多彩。
でも基本機能だけ比べると・・・やはり仮にも Pro1 と名付けてるだけあって高機能ですね。


有効画素数:
    約800万画素
撮像素子:
    2/3型CCD
総画素数:
    約830万画素
焦点距離[35mmフィルム換算]:
    7.2(W)~50.8(T)mm[28(W)~200(T)mm]  
F値:
    F2.4~3.5
撮影距離:
    通常撮影 : 50cm~∞(W端~90mm相当時)・1m~∞(90mm相当時~T端)
    マクロ撮影 : 10(W端~63mm相当時)・30(T)~50cm(63mm~90mm相当時)
    スーパーマクロ撮影 : 3~30cm(42mm~90mm相当時)
マクロ時最大撮影範囲:
    87×65mm(63mm相当時)
スーパーマクロ時最大撮影範囲:
    35×26mm(90mm相当時)
デジタルズーム:
    約3.2倍(光学ズームと合わせて最大約22倍)
AF方式:
    ハイブリットAF〔TTL+外部測光〕(コンティニュアス/シングル)、
    測距点:1点(任意位置選択可能)、フォーカスブラケティング機能
    AFロックおよびマニュアルフォーカス可能
電子ビューファインダー:
    0.44型カラー液晶ファインダー約23.5万画素(視度調節機能付き)、視野率:100%
液晶モニター:
    2.0型低温ポリシリコンTFT液晶カラーモニター(約23.5万画素)、視野率:100%
測光方式:
    評価測光、中央部重点平均測光、スポット測光(中央固定/AF枠連動)
露出制御方式:
    プログラムAE、シャッタースピード優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出(AEロック可能)
露出補正:
    ±2段(1/3段ステップごと)、AEB撮影可能
シャッタースピード:
    15~1/4000秒、1.3秒より長秒時はノイズリダクション処理あり
連写:
    高速連写:約2.5画像/秒
    通常連写:約1.0画像/秒
    (ともにラージ/ファイン、液晶モニター/電子ビューファインダー表示時)
感度:
    オート、ISO50/100/200/400相当
ホワイトバランス:
    オート、プリセット(太陽光/くもり/電球/蛍光灯/蛍光灯H/ストロボ)
    マニュアル(2ポジション)
内蔵ストロボ(撮影距離):
    50cm~5.0(W)/1m~3.5(T)m(ISO100相当時)
外部ストロボ:
    220EX/380EX/420EX/550EX/MR-14EX/MT-24EX
撮影モード:
    ・オート
    ・クリエイティブゾーン:
     プログラム/シャッタースピード優先/絞り優先/マニュアル露出/カスタム1/カスタム2
    ・イメージゾーン:
     ポートレート/風景/夜景/スティッチアシスト/動画
記録画素数:
    静止画 ラージ:3264×2448画素
    ミドル1:2272×1704画素
    ミドル2:1600×1200画素
    ミドル3:1024×768画素
    スモール:640×480画素
静止画圧縮率:
    スーパーファイン、ファイン、ノーマル
画像ファイルフォーマット:
    静止画 JPEG(Exif2.21)、RAW
記録媒体:
    コンパクトフラッシュカード(Type IおよびType II)
色空間:
    sRGB/Adobe RGB選択可
インターフェース:
    USB(mini-B)*2、AV-Out(NTSCまたはPAL切替可能、モノラル音声)
電源:
    専用充電式リチウムイオン電池(BP-511A/514/511/512)
    ACアダプター(CA-560別売)
    カーバッテリー(別売)
撮影可能枚数:
    約420枚(電子ビューファインダー/液晶モニター使用時/BP-511A使用時)
再生可能時間:
    約400分(BP-511A使用時)
大きさ:
    117.5×72.0×90.3mm(突起部を除く)
質量:
    約545g(本体のみ)


総画素数800万、一眼レフ並みですね。
感想としてはここまではいらんってのはずっと書いてきてるけど、あるならあるで別にいいしw

焦点距離フィルム換算で28mm~、この範囲なら風景でも十分使えそう。
そのかわり望遠側は200mmまでだけどテレコンも使えるし十分ですね(^^)
そして何より「Lレンズ」が採用されてる!これはなによりソソられます♪
Canon派にとっては「Lレンズ」って永遠の憧れw、一種のステータスなんですよね~♪
F値も十分、風景なら4.0~8.0で余裕で使えるんでこれなら明るいですね。

マクロは3cm~、いやコレが普通だろっ!w
まあ42mm~ってことだけどマクロ撮影で目いっぱい寄って、なおかつ広角で撮るヤツも
いないだろうしね(^^;)

むっ、ココにも「フォーカスブラケティング機能」が!w

ファインダー視野率100%、コレは仮にもプロ用とするなら当たり前ですね。

まあね、最近のカメラで一番びっくりするのがシャッター・スピード。
1/4000秒て・・・・(^^ゞ
昔のフィルム一眼レフだったらいいとこ1/1000秒だったのになぁ・・・・( ̄▽ ̄;)トオイメ

で、外付けストロボが使える、コレはいい。
大きな光量を得るには内臓だとどうしても力不足です。
そしてココには書かなかったけど、先幕シンクロ・後幕シンクロが使えるらしい(^^)
街中で「動くもの」を撮るには必要不可欠な機能だと思います。

スペシャルシーンっていうモードはないけど、まあ「あれば使ってみよう」程度のモノ
なんで構いませんねw


でね、一つだけ・・・S2 IS のほうが優れてたといえる点は・・・単三電池が使えたこと。
出先で電池が無くなったときにこれほど力になるものはありません(^^)
専用電池ですと、どうしても電池が無くなったら終わり、って雰囲気になっちゃうし。


こうして機能面で比べると、やはりいいですね。
ただ値段的にはどうなんだろう?

べるさん、実際見てきたと思いますがいくらくらいでした?(^^;)
[PR]

# by shika_monologue | 2005-06-12 07:57 | 写真・カメラの話 | Comments(2)