生音が聴きたいなぁ

.
ちょっと前に話題になった、『ハルダンゲルヴァイオリン』って知ってます?
私も弦楽器には詳しいほうですが、コレは知りませんでした。
なんかシタールみたいに、共鳴弦をもったヴァイオリンだそうです。


d0021258_17583886.jpg
共鳴弦がある分、一般的なヴァイオリンよりペグの数が多い。


フツーのヴァイオリンと違って装飾も豪華で、なんだか特別な雰囲気がありますよね。
共鳴玄を持つ楽器って、ビビリ音のようなアノ独特の音色が魅力です。
私も話題になったとき YouTube で検索して聴いてみたんですけど、ヴァイオリンの音に
『ミヨ~ン』みたいなものが混じりあった音色でした。

今の時代はネット上で検索すればすぐ見つかるし、大体の雰囲気は知ることができます。
でもやっぱり、楽器の音ってのは実際に聴いてみたいワケですよ。
きっとスピーカーから出るものとは、違う感動があるはず。

いつかそういう機会に、恵まれたらいいんですが。。


さて今日はいつもと趣向を変えて、ハルダンゲルヴァイオリンの音色をお届け。
『 Linn spielt Hardanger-Fiddle am Kuchentisch 』 ←なんて読むんだろ?(笑)





[PR]

by shika_monologue | 2018-09-09 11:19 | 音楽・楽器の話 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード