2018年 03月 17日 ( 1 )

白の傲慢と、黒の潔さ

.
私は黒が好きです。
一切の要素を捨て去った、その潔さに惹かれます。
なので私の身の回りには、黒いものが多い。

何も主張していないようで、強烈な自我を発しているような黒。
全てを呑み込んでしまうような、でもそこに置かれた色を際立たせるような黒。
そんな黒が、私は大好きなんです。

一方、白は我が物顔で目立とうとします。
目立つ割には、なんにでも染まってしまう白。
主張してるようで、実は自我というものが無い白。
なんだか現代の世の中を見ているようで、不快感が先立ってしまいます。

だから私は、白が好きではありません。
白いもので好きなのは、白米と雪くらいしかありません。

昼の空に浮かぶ太陽より、夜空に輝く月が好き。
そんな春の日の・・・ていうかいつもそう思う鹿でした。


てかね・・・ちょっと買い物で間違えて、白いの買っちゃったんですよね。
箱に入ってて中身の色が分かんなくて、開けてみたら白だった。。
わざわざ買い替えるほどの物でもないし、我慢しとくか。
人間、あきらめが肝心だ。。


そんなちょっと凹んだ今日はこの曲、スリードッグナイトで『 Black and White 』。





[PR]

by shika_monologue | 2018-03-17 14:13 | 閑話休題 | Comments(2)