人気ブログランキング |

カテゴリ:音楽・楽器の話( 414 )

そうなんだよなぁ・・・タムは一つっきゃないんだよ

.
あー、突然やなー( ̄- ̄)


今でこそロックバンドのドラムって、ド派手で太鼓がズラーって並んでるけどね。
昔(といっても、40年くらい前・・十分、昔やな)のロックバンドのドラムセットって、
もっと簡素で数少なかったんだよねぇ。

そのころにもいっぱい並べたドラマーもいたけど、それはプログレバンドとかがほとんど。
彼らはドラムにもメロディアスな響きを求めたから、まあ分かる。
でも当時としては、やはり特殊なものだったんだよね。

そこで私が愛してやまないツェッペリンに目を向けてみると、ボンゾのドラムセットって
とってもシンプルなもの。


d0021258_03052412.jpg


バスドラ×1、タム×1、フロアタム×2、そこにスネア。
シンバル類を除くとそれだけしかない・・・途中からペダル付きのティンパニー×2が
追加されたけど、それはあくまでもエフェクト的な目的のものだし。

そのシンプルな構成で、よくあれだけ迫力ある音が出せるもんだと今でも思う。
(まあ、一つづつみたらデカいんだけど・・)
今の『タイコ並べりゃ迫力』とか思ってるドラマーは、爪の赤でも煎じて飲んでくれ。
ゴテゴテ並べ立てて肝心のドラマーが見えないとか、バカじゃね?ってね。

・・・でも、それも叶わないんだよなぁ。。
ボンゾ、今ごろ天国で嘆いてるかもね。


そんなシンプルだけど迫力満点のドラムが聴ける、久々の今日の一曲。
レッド・ツェッペリンで『 Moby Dick 』。





by shika_monologue | 2019-04-19 11:15 | 音楽・楽器の話 | Comments(0)

祝・丸一年

.
さて・・・今日は2月20日、『1記事1曲』も最終日を迎えました。
長かったなぁ。。

始まりの日は・・・


ホッとしたような、でもなんだか名残惜しいような・・・ちょっと複雑な気持ち。
結局、全226曲で終了となりました。

ほとんど自己満足な拘りだったけど、ずっと聴いてくれてた人はいるんだろうか(笑)
たぶん、実際には再生して聴いてない人がほとんどでしょうね。
(てか、こんなとこのぞきに来る人もまずいないしww)
もし、そんな珍しい人がいたら・・・

こんな暇人にお付き合いいただいて、ありがとうございました m(_ _)m


そしてとうとう最後となった、今日はこの曲。
よしだたくろうで『今日まで、そして明日から』。





・・・いや、『明日から』はもうやらないけどね(笑)



by shika_monologue | 2019-02-20 11:22 | 音楽・楽器の話 | Comments(0)

最期のあがき

.
たぶん次の記事あたりで、『1記事1曲』も終わりを告げると思います。
それなら別に今日、わざわざ記事を書くこともないんだけどね(笑)

でもなんか寂しさもあるし、じたばたしたいじゃないですか。
人間て、そんなもんです。

・・・いや、ただの悪あがきか。。


そんな往生際の悪い、今日はこの曲。
レッド・ツェペリンで『 Achilles Last Stand 』。





by shika_monologue | 2019-02-18 10:32 | 音楽・楽器の話 | Comments(2)

3~4年前から、気になってたバンド

.
ちょこちょこと曲は聴いてて、いいじゃん♪と思ってたんですよ。


d0021258_19370992.jpg


和楽器バンド。

もともとチャクラや上々颱風といった無国籍系バンドが好きなんで、このバンドもけっこう
気になってました。

この正月にライブ映像を観る機会があって、やっぱスゴい!ってなってね。
今年はちょっと、追いかけてみようかなと思ってます。


そんな久々にお気に入りが増えた、今日はこの曲。
和楽器バンドで『千本桜』。





by shika_monologue | 2019-01-09 10:06 | 音楽・楽器の話 | Comments(2)

男子ごはん

.
この番組、けっこう好きでよく観てるんだけどね。
これのBGM決めてる人って、絶対に同年代なんだよなぁ(笑)

70~80年代くらいのロックやポップスがよく登場するし、
しかも私の好みと似通ってる気がする。。


そんな昨日の放送で登場したのが、この曲。
レッド・ツェッペリンで『 Boogie With Stu 』。





by shika_monologue | 2018-11-19 18:24 | 音楽・楽器の話 | Comments(2)

Rockは、いつから軽石になったんだろうぁ。。

.
もうこのブログでも何度も言ってきたことだけど、特に日本の音楽界にはロックって
もう存在しないんじゃないかな。

昔はもっと何か対する鬱憤とか不満に満ち溢れてたたと思うけど、今のロックバンド
(と、称する連中)って、そういうもんが一切感じられないしね。

たしかにぬるま湯に浸かってる・・・どころか沈んでるような現代じゃ『骨っぽい』
なんてのはウケないかもしれないけど。

なんとか本物の『ロックバンド』がもう一度現れないかと、日々祈っている。


そんな軟弱な現代にカツを入れる、今日はこの曲。
いや、別にここまで極端になれとは言わないけどね。
ナパーム・デスで『 You Suffer 』。





うーん・・・曲じゃなくて、『音』だな。。



by shika_monologue | 2018-10-22 13:54 | 音楽・楽器の話 | Comments(0)

生音が聴きたいなぁ

.
ちょっと前に話題になった、『ハルダンゲルヴァイオリン』って知ってます?
私も弦楽器には詳しいほうですが、コレは知りませんでした。
なんかシタールみたいに、共鳴弦をもったヴァイオリンだそうです。


d0021258_17583886.jpg
共鳴弦がある分、一般的なヴァイオリンよりペグの数が多い。


フツーのヴァイオリンと違って装飾も豪華で、なんだか特別な雰囲気がありますよね。
共鳴玄を持つ楽器って、ビビリ音のようなアノ独特の音色が魅力です。
私も話題になったとき YouTube で検索して聴いてみたんですけど、ヴァイオリンの音に
『ミヨ~ン』みたいなものが混じりあった音色でした。

今の時代はネット上で検索すればすぐ見つかるし、大体の雰囲気は知ることができます。
でもやっぱり、楽器の音ってのは実際に聴いてみたいワケですよ。
きっとスピーカーから出るものとは、違う感動があるはず。

いつかそういう機会に、恵まれたらいいんですが。。


さて今日はいつもと趣向を変えて、ハルダンゲルヴァイオリンの音色をお届け。
『 Linn spielt Hardanger-Fiddle am Kuchentisch 』 ←なんて読むんだろ?(笑)





by shika_monologue | 2018-09-09 11:19 | 音楽・楽器の話 | Comments(0)

折り返し地点、通過

.
2月の20日から始まった『今日の一曲』、目標は一年間。
いつのまにやら、折り返し地点を過ぎてましたよ。

・・・って、

えー、それでもまだ半分もあるのー? (T-T)

冬の終わりから・・・もう夏も終わりかけてるよね。
記事数にして114、てことは曲数も114曲。
まあ秋の歌っていろいろあるから、ちょっとは楽になるかな(笑)


しかし時は8月、季節はまだまだ夏・・・な、今日はこの曲。
石川セリで『八月の濡れた砂』。





by shika_monologue | 2018-08-22 10:25 | 音楽・楽器の話 | Comments(0)

意味不明な・・・

.
今日は珍しく、曲が先にありきの記事(笑)
いや、昔からなんじゃコレ?と思ってたんですがね。
久しぶりに TouTube で見つけたもんで。。


その昔、『アンドレカンドレ』というミュージシャンがいました。
知る人ぞ知る、井上陽水のデビュー当時の芸名です。
そしてそのデビュー曲(たぶん)が、『カンドレマンドレ』。
まあそれだけ聞くと、意味不明ですよね(笑)

そんなヘンなアーティスト名と曲名の関係・・・海外にもあります。
それは・・・


てことで、ぶっちゃけ何もかもがイミフなこの曲。
フォーカス( Focus )で『 Hocus Pocus 』。





by shika_monologue | 2018-08-08 11:40 | 音楽・楽器の話 | Comments(0)

1クール

.
毎回、記事にちなんだ曲をお送りして今日で丸3ケ月。
TVでいえば、1クールが経過しました。
始まりは2月20日、ユーミンの『ひこうき雲』だったかな?

中には無理やりこじつけなのもありながらですが、よく続いてるもんです(笑)
まあここまできたら半分意地みたいなもんで、自分でもどこまで続くかなと楽しみではあります。

基本的には iPod に入ってる曲を使うんですけど、今まで2~3曲はそうでないのも。。
できれば1年はいきたいなぁとか思ってますが、さてさてどこまでもつかな?


そんなこんなで、音楽を聴き続けたい今日はこの曲。
ドゥービーブラザーズで『 Listen To The Music 』。





by shika_monologue | 2018-05-19 10:36 | 音楽・楽器の話 | Comments(2)