カテゴリ:怪異の話( 127 )

水木先生の功績と罪過

今日は二人ともお休みだったんで、コレに行ってきました~♪ (^^)

d0021258_2212271.jpg


いや~、楽しい(笑)
妖怪大好き小僧としては、まさに楽園だったよね。
お馴染みの妖怪たちでいっぱい、幸せな時間でした♪

まあね、水木先生の描く妖怪たちはみんなどこか愛嬌があるんで和みます。
もともとの姿は誰も知らないワケで、やっぱ一般的なイメージとしては水木先生版。
これは『功績』と『罪過』の両方の側面を持つんですけどね。
でも私的には、妖怪たちを身近なものにした『功績』のほうが大きいと思います。

その後久々の外食で、イタ飯なんか食っちゃったりして。
『妖怪』と『イタ飯』・・・似合わねーっ!(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-27 22:12 | 怪異の話 | Comments(4)

だ~か~ら~ ( ̄△ ̄)

『幽霊』と『オバケ』は違うんだってばっ!(笑)

コレだけは海外のものは明確に区別されてますよね、『ゴースト』と『モンスター』に。
たとえば『フランケンシュタイン』はモンスターだし、『死霊の〇〇』に出てくるのは
ゴーストです。

日本の場合は、ナゼかその境界線が曖昧なんですよね。
遊園地にある『お化け屋敷』も、正確に言うと『ハイブリッド屋敷』なんですけど。
(『オバケ』も『幽霊』もいるからねw)

d0021258_19255727.jpg


まあ日本には昔から『化けて出る』という言葉があるように、そのへんがボヤけてますからね。
ちなみに『この物語はフィクションです。』で書いた『死期視魔』は、『オバケ』です。

って、こりゃどっちかってぇと『ヲタな話』やな・・(^^ゞ



さて、今日はTVは参院選一色の日。
『お分かりいただけただろうか・・』のDVDでも観ようかな(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-21 19:53 | 怪異の話 | Comments(2)

探し物はなんですか?

そうなんです、見つけにくいものなんです。。(笑)
でも、ひまさん・・・めっけました。

なるほどこっちか。。。赤いだけにインパクトは大きいですよね。
これはなんかの飲み会だっけ?
ひまさんが『もう見たくない』ってのも判る気がします。

一般の方々(笑)のために、  をクリックした人のみに後悔・・・違った、公開。
ひまさんはスルーしてね (^^)

見たい人は、ぽちっ♪
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-13 15:42 | 怪異の話 | Comments(2)

夏に増える理由

さて、こういった『心霊現象』というものは夏になると増えますよね(笑)
でも前にも書いたように、それは季節を特定するものではありません。
たとえば心霊写真はスキー場でも撮れますし、桜や紅葉を撮影しにいって撮れることも多いです。

d0021258_1817442.jpg


じゃなぜ夏だけこういう類のものが増えるかというと、やっぱり需要があるからなんでしょうね。
すでに猛暑日が続いてますが、どこかで心霊ものを見て『涼をとりたい』と思っちゃうんでしょう。
だからアンテナが敏感になって、他の季節より認識しやすくなるんだと思います。
私は『霊感がまったく無い』って人はいないと思うんですよね。
ただそういうものを欲していない場合、遭遇してても判らないだけじゃないでしょうか。

これからますます感度が良くなる季節がやってきます。
皆さんもひとつ、この夏『心霊現象』を探してみませんか?(笑)

ちなみに・・・
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-11 20:09 | 怪異の話 | Comments(4)

理系人の憂鬱

『現象には必ず理由がある』、『再現性のないものは信じない』ってのは湯川教授の言葉ですが。。
理系の人には多かれ少なかれ、そういう傾向があると思います。
そして私もバリバリの理系人なんですが・・・

ただその『理由』や『再現性』の方向が、数学者や物理学者とは違ってると自覚してます。
たとえば、こんな写真があったとしますよね。

d0021258_18545735.jpg


ひまさんなら見たことあるかもしれないこの写真(笑)、女の子の脚が見事に消えてます。
心霊写真というものを信じない人はよく『手足が動いて消えたように写る』とか言いますが、
私は『じゃ、再現してみて?』って言っちゃいます。

たしかに肘や膝から先がすべて消えてるなら、そういう場合もあると思いますがね。
(それでもたとえば、二の腕がまったくブレない状態のまま肘から下だけってのは困難)
この写真の場合は消えてるのは途中だけ、足首から下は写ってるんですよ。
この途中の部分だけを写真に写らないくらいのスピードで動かすことは不可能です。
上下を固定したまま消えてる部分だけフニャフニャに動かせるなら、それはそれで立派な
超常現象ですよね。
通説(?)ではこういう場合、『消えてる部分の前を浮遊霊が通過した』とか『守護霊がその
部分の怪我とかを警告してる』とか・・・あとは『幽体離脱してる状態』なんてのもあります。
(専門家によると、この写真の場合は『幽体離脱』らしいですが)
そして『再現性』という点から見ても、手足を動かすという物理的な要因よりも霊的な事の
ほうが同じような写真が撮れる確率は高いと思うんですよ。。

はたして物理学者は、この写真にどういう理由づけをするんでしょうね。
やっぱりプラズマが原因なんでしょうか?(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2013-07-10 19:54 | 怪異の話 | Comments(2)

再会

昔の記事をご存じな方は、阪奈道路での『白い女の子』を覚えてる方もおられるかと思います。

(知らないよって方はコチラをどぞ → 怪奇現象 プチ情報③ / イヤ~な・・・予感

この『白い女の子』と、久しぶりに遭っちゃいました。

d0021258_18253278.jpg
コッチは『黒』だけど。。


ちょっと商品配達の手伝いで車の助手席に乗って阪奈道路通ったんですけど、例の霊園の前に

立ってたんですよね。

ここしばらくは阪奈道路を通ることも無かったんで、いつ戻ってきたのかは判りませんが。

あの時たぶん近くに停まった車に乗ってったと思うんですけど、ここに帰ってきてるってことは。。
[PR]

by shika_monologue | 2013-06-14 20:23 | 怪異の話 | Comments(2)

霊のバタバタ(笑)

今日は相方がお休みでウチにいたんですが・・・

帰ったら突然 『ここ、引っ越しする気はないの?』 と、尋ねられました。






・・・なんか見たな?(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2013-05-21 21:22 | 怪異の話 | Comments(4)

空飛ぶクジラ

ある時、ふと空を見上げると・・・

そこに巨大なクジラ(みたいな物体)が浮かんでたことって無いですか?

無いですよねぇ。。

しかもそのクジラはほとんど透き通ってて、空一面を覆い尽くすくらい大きくてってこと・・・

いや、無いですよねぇ(笑)


・・・そうですよねぇ。

じゃ、アレはなんなんでしょうかねぇ。

もしかしたら、『自然』が具現化した姿なのかもしれませんねぇ。。。
[PR]

by shika_monologue | 2013-05-19 08:34 | 怪異の話 | Comments(2)

浮遊する影

こらこら・・・影なら大人しく、地面に貼りついてなさい。

むやみに空中を漂うもんじゃありません。

びっくりするじゃないですか。。。
[PR]

by shika_monologue | 2013-02-23 19:57 | 怪異の話 | Comments(8)

窓の手形

こんな時期には珍しく、このカテゴリの頻度が上がってますが。。


ウチのお店は一応ビルになってまして、例の倉庫があったり事務所があったりするんですがね。

今日、4階の休憩所の窓にヘンなものを見つけました。

割とデカい窓なんですが、上の方の外側についてた手形。

まあそれほど珍しいものでもなく、ホテルの高層階なんかでもよく見かける光景ですけど。

過去にこのビルで事件・事故があったってのは聞かないから、通りすがりかな?




あ、ちなみに今日は『世界トイレの日』ですって(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2012-11-19 19:21 | 怪異の話 | Comments(2)